世界初の超精密鍛造フェース!ヨネックス『EZONE W501』ウェッジ、3月下旬発売 | ALBA.Netのゴルフギアニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連ニュース > 記事

世界初の超精密鍛造フェース!ヨネックス『EZONE W501』ウェッジ、3月下旬発売

19.03.14 18:21

突起溝を持つ、ヨネックス『EZONE W501』ウェッジ。(3月下旬発売、25,000円+税)

 

突起溝を持つ、ヨネックス『EZONE W501』ウェッジ。(3月下旬発売、25,000円+税)

ヨネックスから新商品発売の連絡が届いた。「世界初の超精密鍛造フェースが驚異のハイスピンを生み出す『EZONE W 501 ウェッジ』を3月下旬より発売いたします。価格は1本25,000円+税となります」(同社広報)

『EZONE W501』ウェッジのフェースは、世界初のマイクロコンベックスフォージド(微細凸鍛造)が最大の特長で、フェース表面の溝と溝の間の平面上に 25μm(0.025 mm)以下の微細な凸のラインを「鍛造製法で仕上げた」とのこと。

「日本製の超精密鍛造だから成し得たこの微細凸ラインがインパクト時にボール表面に食いつき、スピン性能を向上させます。ウェット時にも凸ラインが排水機能を果たし、ボールが上滑りしにくいため、ドライ時とウェット時のスピン量や飛距離の差が少なく、天候に左右されずにハイスピンで安定したショットを打つことができます」(同)

また、フェース裏側にスリットを設け、内部にグラファイト制振材を複合する G-BRID(グラファイトハイブリッド)構造を採用し、振動抑制と低重心化に成功。さらに軟鉄に真空熱処理製法を用いて金属組織の大きさを均一にすることで、柔らかな打球感を生み、ボールのコントロール性を向上させている。

「新潟県にある弊社の自社工場が誇る技術を結集した『EZONE W501』ウェッジが突出したスピン性能で安定的なショットをサポートします」(同)

このニュースに関連するコンテンツを見る

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」ライブフォト
今週の舞台は愛知! 「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」のライブフォトをお届け!
「関西オープンゴルフ選手権競技」ライブフォト
国内男子ツアー「関西オープンゴルフ選手権競技」のライブフォトはこちら
ステップアップツアー「ツインフィールズL」ライブフォト
「ツインフィールズレディーストーナメント」が開幕!ライブフォトをチェック!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗華ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!