横峯さくら「左に行くのは薄れました」。契約フリー後、初戦に選んだクラブは? | ALBA.Netのゴルフギアニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連ニュース > 記事

横峯さくら「左に行くのは薄れました」。契約フリー後、初戦に選んだクラブは?

19.02.07 18:22

カスタムパーツはドライバーシャフトのTRPX『Air』(S)と、アクシスゴルフ『Z1』ウェッジでした!

 

カスタムパーツはドライバーシャフトのTRPX『Air』(S)と、アクシスゴルフ『Z1』ウェッジでした!

ISPS HANDA ヴィック・オープン 初日◇7日◇13thビーチゴルフリンクス(オーストラリア)◇ビーチコース(6796yd・パー72)、クリークコース(6940ヤード・パー72)>

横峯さくらのクラブ契約フリー後の初ラウンドは、1オーバー98位タイと、少々ホロ苦のスタートとなった。

「出入りの激しいゴルフだけどショットは悪くないけど、いまひとつ。手応えはスコアには現れてないけど良かったです。本当にゼロからのスタート。フィーリング的には左にいくのが薄れてきて良かった。明日はアンダーで回らないとだめだと思うので頑張りたいです」(横峯さくら

そして、練習日では20本強のクラブからベストの14本を選ぶ試行錯誤を続けてきたが、初日選んだクラブは下記だ。

【初日のバッグの中身】
1W:PING『G400LST』(8.5°)
3,7W:PING『G400』スタンダード
4U:PING『G400』ハイブリッド
5I〜PW:テーラーメイド『M3』アイアン
48,52,58°:アクシスゴルフ『Z1』ウェッジ
PT:オデッセイ VERSA ♯1
BALL:タイトリスト『プロV1』

テスト時に注目された2W、バルド『TTX』ブラッシーは選択せず、カスタムヘッドはアクシスゴルフ『Z1』ウェッジのみの選択だった。そして、ドライバーのシャフトを改めて確認すると、TRPXの『Air』(S)が入っていた。このシャフトは昨季10月の「スタンレーレディス」から使い始めた、横峯にとってほぼ初となるカスタムシャフト。

ダンロップ時代の14年間は『XXIO』の純正シャフトを使用してきた。今回の『Air』はしなったシャフトが強烈にしなり戻ってヘッドスピードアップさせることが特徴の長尺対応シャフトだ。明日は試運転のヘッドで巻き返しなるか。

このニュースに関連するコンテンツを見る

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」ライブフォト
「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」のライブフォトをお届け! “シブコ・フィーバー”が止まらない!
米男ツアー「BMW選手権」結果
松山が最終日も「63」の好スコアで3位フィニッシュ!「BMW選手権」の結果はこちら
川村昌弘が出場!「D+Dレアルチェコマスターズ」結果
川村が出場する欧州ツアー「D+Dレアルチェコマスターズ」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!