シリーズ最軽量の255g、ブリヂストン『ゼロ・スパイクバイターライト』3月8日発売【記者の目】 | ALBA.Netのゴルフギアニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連ニュース > 記事

シリーズ最軽量の255g、ブリヂストン『ゼロ・スパイクバイターライト』3月8日発売【記者の目】

19.02.06 17:45

展示会でも一番の推しでしたが、スタバのラテ(S)と同重量をアピール…

 

展示会でも一番の推しでしたが、スタバのラテ(S)と同重量をアピール…

ブリヂストンから新商品発売の連絡が届いた。

「当社は【少しでも軽く、しっかり芝にグリップするシューズを履きたい】というゴルファーのニーズに応えた『TOUR Bゼロ・スパイクバイター』シリーズ史上最軽量で、高いグリップ力を実現したスパイクレスシューズ『TOUR Bゼロ・スパイクバイターライト』を、3月8日に発売します。価格はオープンです」(同社広報)

同商品は、裸足感覚の軽さを徹底追求し、シリーズ史上最軽量の255g(片足25cm)を実現。「ミッドソールに高強度・高反発な軽量素材【KaRVO(カルボ)】のプレートを採用したことで、ソール剛性を確保しながらスイングや歩行時の動きを効率的にサポートができる」という触れ込み。

“最軽量”を謳うシューズが近年増えているが、正直、筆者に良い印象はなかった。他社のもので、過去に“最軽量”に飛びついて失敗した苦い経験がある。履き心地が固く、耐久性も悪いのには理由があり、軽量化のためにはさまざまな部材を省く必要があるのだ。最終的には「“最軽量なら疲れない”との思い込みは危険」という個人的な教訓にもなっていた。

先日行われたブリヂストンの展示会で、「スターバックスラテ(ショートサイズ)とほぼ同じ重さ」と最軽量を謳うこの商品を見つけた際、担当者にこの本音をぶつけた。

すると「騙されたと思って履いてみてください」と言われ、渋々『ゼロ・スパイクバイターライト』を履いてみて驚いた。過去に筆者が経験した最軽量シューズとはまったく違う、ソフトな足当たりとフィット感、そして安定性など、筆者の考えがアップデート不足だったことに気付かされた。

特に「KaRVO」というプレートの効果は大きく、最軽量スパイクレスとは思えないほど底面のしっかり感があり、フワフワとした“頼りなさ”が想像以上に感じられなかった。しかも、最軽量な上に、最も大切な“フィット感”も高いため、全く靴の重さを感じない。

「ダイヤル操作で手軽にフィット感を調整できるBoaフィットシステムを搭載していますし、スパイクレス本来のメリット(歩きやすさ・疲れにくさ)を追求した快適な履き心地と当社が誇る高いグリップ力を両立した軽量スパイクレスシューズです」と、同社もその仕上がりには自信満々。

この言葉が本当かどうか、ぜひ一度履いてみてほしい。たまたま筆者の足に合っていたのか、それとも万人が体感できるものなのか。筆者には後者だとしか思えない。

Text/Mikiro Nagaoka

このニュースに関連するコンテンツを見る

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」ライブフォト
「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」のライブフォトをお届け! “シブコ・フィーバー”が止まらない!
米男ツアー「BMW選手権」結果
松山が最終日も「63」の好スコアで3位フィニッシュ!「BMW選手権」の結果はこちら
川村昌弘が出場!「D+Dレアルチェコマスターズ」結果
川村が出場する欧州ツアー「D+Dレアルチェコマスターズ」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!