このスライドバーは『M1』?『F6+』? 老舗メーカーに派手な動きが! | ALBA.Netのゴルフギアニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連ニュース > 記事

このスライドバーは『M1』?『F6+』? 老舗メーカーに派手な動きが!

18.11.28 15:40

米国ウイルソンで販売開始された『WILSON STAFF CORTEX』ドライバー。キャスコでの日本導入はあるだろうか…

 

米国ウイルソンで販売開始された『WILSON STAFF CORTEX』ドライバー。キャスコでの日本導入はあるだろうか…

米国のギアサイトでにわかに話題となっているドライバーがある。それが画像のウイルソン『WILSON STAFF CORTEX』だ。米国の老舗メーカーだが、新作にはテーラーメイド『M1』やコブラ『KING F6+』を彷彿させる、タテ型スライド式ウェイトが配置されている。

そのスライド幅はかなり大きく、これまでのタテ型スライド式ウェイトの中でも、最も大きくウェイトを動かせそう。これにより、弾道の高低を調整できるとホームページで紹介されている。

そのホームページを見て驚きだったのは、なんと、ヘッドの44%がカーボンでできていること。「ファストケージ」と呼ばれる硬質なチタン骨格を作り、軽量のカーボンでヘッドきょう体を作ることで、「究極の調節性をもたせる」としている。

方向の調節に関しては、可変スリーブで調角可能なうえ、トゥとヒールに配したウェイトを入れ替えることで、つかまりも調節が可能。既に米国では499ドルで販売開始されている。

なお、ウイルソンに関して一部気になる報道も。今週開催される「ヒーローワールドチャレンジ」で、大物選手が同社のプロトタイプアイアンを使用する可能性があるのだとか。2019年に向け、国内の老舗メーカーにも何かと噂があるが、米国の老舗メーカーも派手な動きを画策しているようだ。

このニュースに関連するコンテンツを見る

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」ライブフォト
「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」のライブフォトをお届け! “シブコ・フィーバー”が止まらない!
米男ツアー「BMW選手権」結果
松山が最終日も「63」の好スコアで3位フィニッシュ!「BMW選手権」の結果はこちら
川村昌弘が出場!「D+Dレアルチェコマスターズ」結果
川村が出場する欧州ツアー「D+Dレアルチェコマスターズ」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!