#大量発注 使わない理由がない!? 本間のモンスターボールは超万能だった | #大量発注 ゴルパの佐藤さん

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

#大量発注 使わない理由がない!? 本間のモンスターボールは超万能だった

2ndQTへの出場経験を持つフリーライター田辺の元に再び、「ALBA.Net記者」さんからテスト依頼が。今回はクセのある練習器具ではなく、ボールの性能判定とのことだが、ゴルフパートナーの仕入れ担当・佐藤さんが大量発注したものと聞くと、どこか不安な気持ちになってくる……。一体どんなボールなのだろう?

撮影・文/田辺直喜

2021年11月02日

依頼内容がボールと聞いて一安心。でも、そこには落とし穴も……

 
“もっと遠くへ飛ばしたい!”をコンセプトにした本間ゴルフ『D1』シリーズ。最新モデルの『D1 SPEEDMONSTER』を今回はテスト!
記者 どうしたのタナビーくん、浮かない表情じゃん。

田辺 そ、そんなことないですよ。ちょっとだけ、また変な練習器具が来たらどうしようって思ってますけど……。

記者 安心しなって、今回は練習器具じゃなくて“ボール”だからさ。

田辺 おぉ! ボールですか、いいですね! ALBA編集部の頃から各社の歴代ツアーボールはテストして性能は把握してますし、すごく記事にしやすそうです。で? どこのボールですか?

記者 タナビーくんには楽すぎる仕事だったかな? 今回は本間ゴルフの『D1 SPEEDMONSTER』を判定してほしいんだわ。

田辺 えっ……まさかのディスタンス系ですか? たしかに昔に比べたら性能上がってますけど……。

記者 何、不満? これ普通にいいボールなんじゃない? 安いし、飛ぶっていうじゃん。

田辺 確かに飛ぶでしょうね。でも、ディスタンス系のあの何とも言えない打感の悪さとか、スピンのかからなさを思うと微妙な気持ちになるんですよ……。

記者 タナビーくん、ほとんどのゴルファーはボールの性能だけでなく、値段なども天秤にかけて購入を考えるんだよ。これからライターとしてやっていく上で、そういう多角的な目線を持つべきだと思うけどね。

田辺 それはOB連発で100を切れない記者さんだからでは……。

記者 何か言った?

田辺 いえ、なんでもないです。分かりました! しっかりテストさせていただきます! でも、ボールの判定をするんだったら、ツアーボールと比較して飛距離とかスピン量出しちゃいますけど、いいですよね?

記者 もちろんいいよ。ダメなデータ出てもゴルパの佐藤さんが泣くだけだし。

田辺 そこがやりづらいんですよ……。


さて、どうなることやら。今回も不安な気持ちでいっぱいですが、本間ゴルフのボールはコスパの高いモノが多いですし、性能を信じてテストしていきましょう。

『D1』の飛びに 総合的な性能が加わったボール

その名の通り“怪物級飛距離性能”が売りの『D1 SPEEDMONSTER』。そこにソフトフィーリングやアプローチスピンが加われば確かにすごいけど……
さて、今回テストする本間ゴルフ『D1 SPEEDMONSTER』ですが、名前の通り、“モンスター級の飛び”が売りのボールです。このシリーズは旧モデルの『D1』からその飛距離性能に定評があり、ALBA本誌の特集『ボール統一表』では並みいる最新ボールを抑えて、『D1』が飛距離部門の1位になったこともあります。

ただし、ボールは飛べばいいってものではありません。『D1』も飛距離性能はトップクラスですが、アプローチスピンや打感といったフィーリング性能はスピン系のツアーボールと比較するとかなり落ちる印象でした。値段を考えれば十分健闘してはいるものの、自分がコースで使いたいかと問われたなら、やはりノーと言わざるを得ません。

そんな中で新作の『D1 SPEEDMONSTER』は、“すべてのゴルファーが求める飛距離・スピン・弾道を叶える構造”と総合的な性能の高さを唄っています。本当ならすごいことですが、『D1』の飛距離性能をキープしつつ、スピン性能もしっかり持たせるなんてことができるのでしょうか?
公式HPを見ると、『D1 SPEEDMONSTER』は3ピース構造のボールであることが分かります。中心にある“モンスターコア”で強い反発力を出し、2層目とカバーをソフト化することで、飛距離とスピン性能を両立させつつ、フィーリング性能も向上させたということなのでしょう。

しかし、疑問なのはソフトと言いつつも、カバー素材がアイオノマーであることです。

ALBA編集部員だった頃、何度もアプローチレッスンの取材で男子プロに話を聞きましたが、スピンをかける条件を聞いた際に必ず出てきたのが、 “ウレタンカバー”のボールを使うことでした。いかにプロであっても、アプローチでスピンを効かせるには技術だけでなく、いくつかの条件が必要になり、中でも大切なのがボール選びだったのです。

実際、私自身もコースでウレタンカバーのツアーボールとアイオノマーカバーのディスタンス系ボールを打ち比べたことがありますが、アプローチの飛び方に明らかな違いがありました。フェースに食いつくような打感で、低く飛び出してギュギュっとスピンがかかるツアーボールに対し、ディスタンス系ボールは球離れが早くすっぽ抜けるようにポーンと上に飛び出します。高さは出るものの、スピンがあまりかからないので思ったよりランが出る不思議な弾道になるのです。慣れてしまえば、ピンに寄せることはできますが、何となく気持ちよくないんですよね。それもあって、ディスタンス系ボールに対して、お値段相応のボールという印象しかなかったのです。

とはいえ、この『D1 SPEEDMONSTER』を打つのは今回が初めて。ちょっとやりすぎかもしれませんが、超定番のツアーボールと交互に打ち比べて、フィーリングや計測数値の違いを見ていこうと思います。

これ本当にアイオノマー? フェースに食いつく感触が強い

反発力はあるけど硬いと言われたアイオノマーカバー。しかし、『D1 SPEEDMONSTER 』のソフトアイオノマーカバーは一味違うようです
早速、一番気になるウェッジでの打ち心地をチェックします。ロフト60度のマイウェッジを使用し、腰から腰の振り幅で約30ヤードキャリーさせるイメージで打ってみました。
小さい振り幅のアプローチでいかにスピンがかかるか。従来のディスタンス系ボールならツアーボールと1,000rpmくらい差がつきそうだけど
最初は定番のツアーボールですが、こちらは相変わらずの好感触。34.6ヤードのキャリーでスピン量も4,315rpmという結果でした。ちなみに計測には高性能弾道計測器『フライトスコープ』を使用しています。ガチな結果が出る機械ですので、これから打つ『D1 SPEEDMONSTER』への不安がどんどん強くなっていきます(笑)。

続けて、『D1 SPEEDMONSTER』を打ちましたが、正直驚きました。不安視していたほどの打感の硬さはなく、むしろツアーボールに匹敵するソフトな打感になっていました。しかも、フェースに食いつくような感触があり、これって本当にアイオノマー?と疑問に感じるレベルでした。

しかも、計測数値もキャリー32.9ヤードのスピン量4,120rpmとなっていて、ツアーボールと遜色ない結果でした。もし目隠ししてボールを当てるテストをされたら、普通に『D1 SPEEDMONSTER』をウレタンカバーのツアーボールと言ってしまうかもしれません。まさかここまでウレタンカバーとアイオノマーカバーの差が縮まっているとは思いませんでした。素材の進化って恐ろしい……。
スピン量の差が約200回転という驚きの結果に。『D1 SPEEDMONSTER』のほうが打ち出し高さがある分、ランも少ない
散々ネガティブな予想を立てた『D1 SPEEDMONSTER』のアプローチ面の性能ですが、正直まったく問題ありません。ツアーボールには一歩及ばないものの、ソフトな感触でスピンもしっかり効いてくれます。シングル以上の腕の人でもそこまで不満に感じることはないのではないでしょうか?

アイアンでも十分に感じ取れる、反発性能の高さ

フルショット時の飛びはさすがの高性能。強烈なボール初速で飛ばせます
アプローチ面でこれだけハイレベルとなると、俄然フルショット時の性能が気になってきます。いくらスピンが効いても、“モンスター級の飛び”がなければ本末転倒ですもんね。まずは8番アイアンで打ち比べてみましょう。

先程と同じくツアーボールを先に打つと、スピン量が5,871rpmでキャリー149.5ヤード、ランを入れて155.9ヤードという結果に。最近のツアーボールはアイアンでの強い飛びにこだわったモデルも多いので、イメージよりも少し飛んでいる感じでした。十分な飛距離性能ですね。

そして、『D1 SPEEDMONSTER』の番ですが、こちらはスピン量5,622rpmでキャリー154.8ヤード、トータル161.9ヤードとなりました。ツアーボールの位置までほぼキャリーで届きました。

好印象だったのはスピンを極端に抑えるのではなく、初速の高さで飛距離差がついていたこと。同じクラブで同じ感覚で振って、ツアーボールの初速48.5m/sに対し、『D1 SPEEDMONSTER』は49.4m/sと1m/s近い差が出ていました。ドライバーではなく、8番アイアンでこれだけ差がつくのは中々すごいですよ。
『D1 SPEEDMONSTER』はしっかりスピンが入ってくれるので、キャリーで止まる球が打てます
ちなみに打感については、アプローチの時に比べてボールによる違いがより強く出ている印象でした。アプローチに似たソフトな打感のツアーボールに対し、『D1 SPEEDMONSTER』はボールの強い反発力を感じる爽快な感触でした。それでいて硬い印象はなく、何度も打ちたくなる心地良さがある。この辺は好みの問題になってきますが、少しでも飛ばしたいと願うゴルファーにとっては打感からも明らかな飛距離性能を感じ取れるので、おすすめです。

番手が長くなるほど際立つ、ボールの曲がらなさ

長いクラブでは飛びよりも気になったのは方向性の高さ。ミスしても曲がりが本当に少ない!
8番アイアンのテストの次は、アイアン型の2番UTとドライバーで打ち比べを行いました。結果は以下の通り。
まずは2番UT。左の『D1 SPEEDMONSTER』の弾道は驚くほど真っすぐ
   
2番UTとドライバーのいずれも、少しずつ『D1 SPEEDMONSTER』がボール初速やキャリーなどの数値で優位な結果を残しました。“モンスター級の飛び”という唄い文句からすると、少し物足りなく感じるかもしれませんが、高反発ではなくルールに則った公認球だということを考えたら、相当優秀です。そもそも最新のツアーボールは決して飛ばないわけではなく、むしろ飛距離性能でもかなりのレベルにあるので、それをあらゆる番手で上回ったのは素直にすごいと思います。

さらに特筆すべきはその弾道にあります。

実は今回、飛距離の数値を出すにあたって、あまりにしょぼい結果だと恥ずかしいので、けっこう頑張って振りました(笑)。しかも、スピンが減るようにいつもよりボールをつかまえに行っているので、ツアーボールのほうはやや引っかけ気味の弾道になってしまいました。一方、『D1 SPEEDMONSTER』はというと、同じく強く振りに行っているものの、弾道の曲がり方が明らかに少なくなっています。

これは、『D1 SPEEDMONSTER』がツアーボールに比べて、反発性能が高く、スピン量がやや少なく抑えられるので、ミスショットした場合でも、曲がりが少なくなりやすいからです。

そもそもツアーボールは、ツアープロがトーナメントの舞台で使うことを前提に開発されていますので、飛ばしたいときに飛ばせて、曲げたいときには曲げられるように性能が調整されています。いわゆる “操作性” というものです。最新ツアーボールはバランス的に飛距離性能を高める方向にはなっていますし、ミスにも強くなっていますが、一定以上の操作性が備わっている分、ミスがしっかりミスになるわけです。

一方、『D1 SPEEDMONSTER』はあくまでも飛距離追求型のディスタン系ボール。ツアープロが求めるような操作性はそもそも必要ありません。いかにフルショット時のミスを減らして、安定した飛距離を出せるかを念頭に開発されていますので、前提条件がまったく違うわけです。

スコアアップを考えたら使わない理由がない?

『D1 SPEEDMONSTER』の販売価格を見てビックリ。これはコスパ最強すぎる……
ここまで、アプローチからドライバーまで細かく『D1 SPEEDMONSTER』のテストを行ってきましたが、正直、明らかな欠点はないです。むしろ、「高い反発力」、「低スピンゆえの曲がらなさ」、「必要十分なアプローチスピン」など、振り返ればメリットばかりが浮かんできます。テスト前は散々不安を口にしてしまいましたが、この『D1 SPEEDMONSTER』、ものすごく高性能なボールだったようです。

従来のディスタンス系ボールにあった打感の硬さ、独特なアプローチの弾道といった負の側面がほぼ払拭されていますし、ツアーボールに比べて、曲がりが少なく、飛距離も出てくれます。もちろん、フィーリング性能や操作性を重視するならツアーボールが一番の選択肢になりますが、そうでなければだまされたと思って、一度コースで使ってみてほしいですね。安定した球質のショットを打ち続け、ミスを最小限にすることを考えたら『D1 SPEEDMONSTER』を選ぶのがどう考えても手っ取り早いです。間違いなく、ゴルフが楽になりますし、スコアも良くなるのではないかと思います。

あと地味に嬉しいのはその値段。ツアーボールの多くは1ダースで6,000〜8,000円ほどですが、『D1 SPEEDMONSTER』は今なら3ダースで7,980円とのこと。1ダースにすると2,660円ですから、恐ろしく安いですよね。これ、本当に価格破壊だと思います。

私も昔そうでしたが、高いボールってコースで使うときに無駄に緊張するんですよね(笑)。OBが出たら、余分にダメージ受けますし、もったいないと思ってついキズついても使い続けてしまいますし……。でも、ボールって使い続けると表面の傷が増えて性能的に絶対下がってくるので、定期的に替えるのがベストなんです。その意味で、高性能なボールが安いのは嬉しい限り。もはや『D1 SPEEDMONSTER』を使わない理由が見当たりませんね。

ロストボールを使っているような初心者の方にも、ツアーボールよりもショットを飛ばしたいという上級者の方にも、あらゆるレベルのゴルファーにおすすめしたいボールになっていますので、ぜひ気になった方は試してみてください!


『D1 SPEEDMONSTER』のご購入はこちら

ゴルフパートナーオンラインショップ
ゴルフパートナ―楽天別館
ゴルフパートナ―別館 PayPayモール
ゴルフパートナ―AUPayモール
1

ALBA Movies

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

畑岡奈紗、笹生優花が出場 米女子ツアー開幕戦のリーダーボード
畑岡奈紗、笹生優花が参戦! 米国女子ツアー開幕戦のスコア速報はこちらから。
金谷拓実、川村昌弘が出場! 欧州ツアー22年初戦のリーダーボード
賞金総額800万ドルのビッグトーナメント「アブダビHSBC選手権」。スコア速報はこちらから。
【初心者応援企画】1万円前後で買える中古ドライバー5選
ゴルフパートナーの店長が、1万円くらいで買えて、やさしく真っすぐ飛ばせる中古ドライバーを5本選んで紹介!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
【萌木の村 八ヶ岳ブルワリー】 そのビールの特徴と製法について聞いてみました!
豊かな自然を見ながら、美味しいビールを飲み、ゆっくりと流れる時間を味わうことが出来る場所でした。
【ソニーオープンinハワイ2022 】松山英樹の“非現実的な”ウイニングショットを生んだ3番ウッドは?
プレーオフ・18番パー5(549ヤード)、残り277ヤードから放った2打目でイーグルを引き寄せたショットのFWとは
見るべきゴルフ系YouTubeは
ゴルフの世界もYouTubeは必須の情報源。そこで人気ゴルフYouTubeチャンネル仕掛け人におすすめを聞いた。
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!