秋の新作シャフト、50グラム台に注目! 『エボ7』『TB』『DAAAS』『G』は何がどう違う? | 【ALBA本誌連動企画】新ギア総研 アマプロみんなでとことん試打

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

秋の新作シャフト、50グラム台に注目! 『エボ7』『TB』『DAAAS』『G』は何がどう違う?

今年の新作シャフトは、近年にないほど充実。なぜなら、直進性に優れた大MOIヘッドと相性抜群のモデルばかりだから。特に女子プロたちが使用する50g台は、軽さだけでなく様々なメリットが!大人気の大MOIヘッド、テーラーメイド『SIM MAX』で打つとどうなる⁉

2020年10月13日

 

フジクラ『SPEEDER Evolution7』は、全体が強烈に走るのに、当たり負けない

■フジクラ『スピーダーエボリューション7』 【SPEC】先中調子、トルク4.8(569S)、569SR(54g)569S(55.5g)569X(57g)661S(66g)、4万円+税、発売中
フジクラスピーダーEVO7』、新たに第5世代に突入した三菱『ディアマナTB』はどちらも大MOIヘッドに合う先端しっかりが特徴。ただし、しなりの復元速度は両社正反対で、「ドローを打ちたいなら『エボ7』、フェードなら『TB』」と5Dゴルフの石塚昌広、筒康博の両名は言う。
■HS41〜43m/sのドローヒッター筒の結果
まず、フジクラスピーダーEVO7』を見ていこう。筒の印象はこうだ。「全体の印象としては、強烈な走りが特徴ですね。でも、手元が硬すぎず、先端だけがピュッといくのじゃなく、全体が走る印象。今までの常識の走り方とはちょっと違いますね。先端剛性はしっかりあるから大MOIには合うんですが、走る感じもしっかりあるシャフトです」(筒康博)

女子プロが使いそうな50g台の「569SR」「569S」「569X」「661S」を打った結果、ドライバーのHSが女子プロと似た41〜43m/s前後の筒はこう言う。「ダントツで『SIM MAX』に合うのは【569S】でした。どれも、大MOIの『SIM MAX』でももたつくことなく走ってつかまりがいいと感じます。テンポの速いor遅いに関係なく、誰でも加速でつかまります。大MOIヘッドでプッシュしがちな人に最適だと思いますね」。
■HS47〜50m/sのフェードヒッター、石塚の結果
かたや、ヘッドスピード47〜50m/s前後の石塚はどうか。

「走りますけど、フックするような球は全然出ませんでした。この辺りが、先端剛性が高くて、当たり負けに強い『エボ7』の性能なのかな。ボクのヘッドスピードだと、【661S】が一番飛ぶ結果になりましたが、フィーリングとしては【569S】の完成度が一番だと思います。しなやかさと強靭さが同居していて、手元の感じは今までの『エボ』で一番クセがない感じがしますね」(石塚昌広)

三菱ケミカル『ディアマナTB』は、ヘッド位置を常時、制御可能。強く押せる操作性タイプ

■三菱ケミカル『ディアマナTB』 【SPEC】中元調子、トルク5.0(50S)、50SR(56.5g)50S(56.5g)50X(57.5g)60S(64g)、4万円+税、発売中
次に、フジクラと同様に「大MOIに合うよう、先端剛性を高めた」と言う、三菱ケミカルの『ディアマナTB』を見ていく。筒は『TB』の印象をこう語る。

フジクラ『エボ7』と同様に大MOIに合う先端剛性が高めですが、振った感じは全然違いますね。手元の感じは似ているんですが、オートマチックに走る『エボ7』に対し、『ディアマナTB』はすごく追従性があり、操作性のいいタイプです。終始、スイング中にヘッドを管理したいプレーヤーには、明らかに『TB』の方が合うと思います」(筒康博)
■HS41〜43m/sのドローヒッター、筒の結果
女子プロが使用しそうな「50SR」「50S」「50X」「60S」を試した感想をこう語る。

「ボクのヘッドスピードにドンピシャなのは【50X】ですが、一番飛んだのは【60S】でした。ただ、しなやかさと復元の強さから初速感を一番味わえるのは【50S】。曲がり幅も減らせますし、狙い通りのドローで球が安定します。追従性のあるものが好みだという点もかなり影響しているかもしれません」。
■HS47〜50m/sのフェードヒッター、石塚の結果
筒よりヘッドスピードの速い石塚はこんな反応だ。

三菱ケミカルの『ディアマナ』は、歴代表面処理の美しさが魅力ですよね。IP加工でキラキラしていて綺麗なんですが、これが少しパリッとしたフィーリングで苦手だと言う人もいました。でも、今回の『ディアマナTB』は、美しい見た目なのに、パリパリ感がなくてマイルドになりました。

あと、重い重量帯と軽い重量帯の振り感が統一されているのも魅力で、ドライバーからFWまで揃えたい人には死角がない。ボクも筒さんと同じ【50S】が一番飛びましたが、【60S】の方がドライバーからアイアンまで一つの流れで振り感を整えられそうな気がします」(石塚昌広)

USTマミヤ『ATTAS DAAAS』は、先端しっかりで誰でも叩き飛ばせる

■USTマミヤ『ATTAS DAAAS』 【SPEC】中元調子、トルク4.3(5S)、5S(56g)5X(59g)6SR(65g)6S(66g)、4万円+税、10月12日発売
次は、今月発売されたばかりのUSTマミヤ『アッタス ダァーッス』。このシャフトも大MOIヘッドに合うよう、先端剛性が高められているが、筒はどう感じたのだろうか。

「一番に感じたのは、グリップ下くらいの手元寄りのしなりですね。ここがしなるので、間が取りやすいというか、粘り系のフィーリングが好きな人にはオススメ。コースで力んで打ち急いだりする人は、左OBも怖かったりするのですが、先端剛性が高く叩けるフィーリングもある。ちょっと腕っぷしのある、打ち急ぎ系の人に勧めたいですね」(筒康博)
■HS41〜43m/sのドローヒッター、筒の結果
女子プロが使いそうな、「5S」「5X」「6SR」「6S」を試打した結果、一番筒の印象が良かったのは【6S】だと言う。

「手元寄りからセンター部までしなり幅が広いおかげか、他社の同フレックスよりややソフトで力みづらいのが魅力です。【6S】は自分にとってハードだと感じている人でも、試す価値はあると思いますよ」(筒康博)
■HS47〜50m/sのフェードヒッター、石塚の結果
ヘッドスピードの速い石塚は、驚きの弾道を記録。

「SIM MAXのような大MOIヘッドとマッチングがいいのか、【6S】で290.8ヤードのド真っ直ぐが出て驚きました。しっかりインパクトで押し込めるというか、メーカーさんが【叩ける】と表現されるのもよく分かりますね。

叩きにいったら普通のシャフトは暴れますけど、他社の【6S】よりもしなり量があるのに暴れが少ない感じがするし、先端剛性が高いはずなのに、高い球できゃりーが大きくなりやすいですね」(石塚昌広)

グラファイトデザイン『G』は、パワー要らずの粘り系。復元は速く、走りも両立

■グラファイトデザイン『G』 【SPEC】先調子、トルク4.7(ag33-5S)、R(56g)SR(57g)S(58g)、4万円+税、発売中
最後に紹介するのが、この夏に新ブランドとして垂直立ち上げされた、グラファイトデザイン『G』だ。メーカーの触れ込みとしては「ツアーADをハードに感じた人へ」とのこと。既に国内女子ツアーのかなりの数の選手が『G』へと移行しているが、筒は全体の印象をこう語る。
■HS41〜43m/sのドローヒッター、筒の結果
「このシャフトには60グラム台がないので、他社と比較すると、もちろん一番パワー要らずでラクですね。軽量専用ブランドですから。例えるなら、全体にしなるムチのようなシャフト。

スイング中、終始しなりを感じるので、力みも取れてスイングのバランスがよくなりそう。ツアーAD卒業組にピッタリというか、パワー不足を実感している歴の長いシニアにベストです」(筒康博)
■HS47〜50m/sのフェードヒッター、石塚の結果
この寸評を聞くと、ヘッドスピードの速い石塚に合うとは到底思えない。が、結果はまさかの高評価だった。「スインガーに合うシャフト」とはどういう意味なのか。

「切り返しで強烈に粘るのに、インパクトで走って強弾道が生み出せる、超ぶっ飛びシャフトです。腕力がない人でもムチのようなしなりとインパクトの走りでヘッドスピードを上げやすい。

終始、ヘッドの重心を感じて遠心力をコントロールして振る、スインガーのためのシャフトというか、プロゴルファーが評価する理由がよく分かります。腕力というか、手で操作するんじゃなく、体とヘッドの位置関係を常に感知して、出力の順番を間違えない人がぶっ飛ばせる軽量シャフトだと感じます」(石塚昌広)

1

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼ら出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」の最終結果
松山英樹、石川遼、金谷拓実ら日本勢8人が出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」の最終結果はこちら。
米女子ツアーの最終結果
米国女子ツアー「LPGAドライブ・オン選手権-レイノルズ・レイク・オコニー」の最終結果はこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!