コブラからスピードゾーンアイアンが登場 〜限りなく低重心〜 | ゴルフ業界辛口批評メディア『MyGolfSpy』

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

コブラからスピードゾーンアイアンが登場 〜限りなく低重心〜

限りなく低重心でありながら、トップラインにカーボンファイバーを採用したコブラのニューアイアン、スピードゾーン。独自路線を走る、コブラアイアンの魅力とは!?

2019年12月13日

限りなく低重心

 
コブラ スピードゾーンアイアン
昨年のF9スピードバックアイアンは、ワンレングスモデルも番手ごとに長さの違う従来のモデルも、MyGolfSpyの2019年度『Most Wanted』にてトップクラスの結果を出している。

見た目はどうなんだって?F9の特徴的な四角い見た目は明らかに他の製品とは一線を画していた。ユニークかつ大胆。とりあえず、違っていることが重要なのだ。

ゴルファーというものは、他と違うものが好きな人種なのだから。

そのF9スピードバックに改良を加えた2020年のスピードゾーンアイアンでは、アベレージからハイハンデのゴルファーが求める三種の神器、ミスへの寛容性と打感と飛距離性能がさらに向上した。

見た目はほとんど前作と変わらない。

コブラいわく、F9スピードバック アイアンでは、約33gのタングステンウエイトをトゥ&ヒールに配し、ボックス型の形状にすることで、従来のブレード全長とトップラインを維持しつつ、飛距離性能と寛容性で新境地を開いた。

また、独自の2層構造のソールを採用することで、芝の抜けを改善し、さらなる低重心を実現した。

今年の『Most Wanted』を見ると、あらゆる面においてそれらの目論見は成功し、最も優秀なアイアンのひとつとして存在感を示したことがわかる。

1 2

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

SMBCシンガポールOPのニュースはこちら
国内男子ツアー2020年開幕戦! 「SMBCシンガポールOP」のニュースをチェック!
米女子ツアーの2020年初戦がスタート!
畑岡奈紗が出場する「ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」速報
R・ファウラーらが出場する「ザ・アメリカンエクスプレス」の速報はこちら
欧州男子ツアー「アブダビHSBC選手権」速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」のリーダーボードはこちら
2020年の初打ち前にルールをチェック!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!