キャロウェイ 2020年モデル MAVRIK(マーベリック)ドライバー(&フェアウェイウッド)がUSGA適合リストに掲載 | ゴルフ業界辛口批評メディア『MyGolfSpy』

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

キャロウェイ 2020年モデル MAVRIK(マーベリック)ドライバー(&フェアウェイウッド)がUSGA適合リストに掲載

EPIC FLASHに代わるというよりは、キャロウェイゴルフのROUGEの後継モデルとなるMAVRIKがUSGAの適合クラブリストに掲載された。

2019年12月03日

キャロウェイ 2020年モデル MAVRIK(マーベリック)ドライバー

 
キャロウェイ 2020年モデル MAVRIK(マーベリック)ドライバー
キャロウェイゴルフが間も無くリリースするMAVRIKドライバーとフェアウェイウッドがUSGAの適合リストに掲載された。

新製品が毎年リリースされるという現実はあるものの、実際のところ多くのメーカーのメタルウッド(ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド)の発売サイクルは2年前後。

革新的なテクノロジーはほとんどなく、一般的には前作にちょっとした特徴を加えた程度。

前モデルを買ったのなら、新作を買う必要はないという具合だ。

しかしキャロウェイは2つの異なる商品シリーズを2年ごと交互に発売することにより、根本的に違うクラブを開発するための十分な時間を確保し、2シリーズを展開。

各シリーズの新鮮さを保つという課題を解決している。

となると、前作のX HOTとRAZOR/Berthaの現代版と思い浮かべるかも知れないが、根本的な違いがある。

それはX HOTが廉価版と位置付けられていた一方で、EPICRouge/MAVRIKシリーズは、X HOTのようにお財布に優しいとは言えないことだ。

キャロウェイではこれらをプレミアムシリーズとしており、最近の「プレミアム」は500ドル以上を指す。

MAVRIKRougeシリーズのドライバーと同系だ。そして、これを理解するためには、それぞれのシリーズは何が似ていてどう違うのかを知る必要があるだろう。

まず理解すべきは、キャロウェイがメインとなるテクノロジーをいずれか1シリーズだけに限定することはないということだ。

MAVRIKのソールを見ればジェイルブレイクテクノロジーを採用していることが分かるし、AI技術によるフラッシュフェーステクノロジーが今後も続くことは間違いないだろう。

これらはキャロウェイの特徴的なテクノロジーであり、新たな独自テクノロジーによりこうした技術が時代遅れになるまでは、同社の全ドライバーに搭載されることになるだろう。

では、メインのテクノロジーが同じならEPICRougeは何が違うのだろうか?根本的な違いは何か?

キャロウェイがその全貌を明かしたわけではなく、更なる詳細も近々に明らかになるはずだが、この白黒写真からわかることをまずは紐解いてみよう!

(MYGOLFSPY JAPANでこの記事全文を読む)

ゴルフ業界辛口批評メディア 『MYGOLFSPY JAPAN』はこちら!

1

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

SMBCシンガポールOPのニュースはこちら
国内男子ツアー2020年開幕戦! 「SMBCシンガポールOP」のニュースをチェック!
米女子ツアーの2020年初戦がスタート!
畑岡奈紗が出場する「ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」の速報はこちら
米男ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」速報
R・ファウラーらが出場する「ザ・アメリカンエクスプレス」の速報はこちら
欧州男子ツアー「アブダビHSBC選手権」速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」のリーダーボードはこちら
2020年の初打ち前にルールをチェック!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!