PXGがスピットファイヤーパターを発売 | ゴルフ業界辛口批評メディア『MyGolfSpy』

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

PXGがスピットファイヤーパターを発売

パターはどれがヒットするか難しい。PXGもまた、新しいモデルで攻める。

2019年11月21日

より安定したインパクトを実現

 
PXG スピットファイヤーパター
PXG好きの方なら、PXGの各ゴルフギアの名前が、創設者ボブ・パーソンズ氏が米国海軍を経験していることから米軍軍事職業コードのインスピレーションを受けていることはご存知だろう。

今回のスピットファイヤーは、第二次世界大戦時に、主に英国空軍によって使用された一人乗り戦闘機にちなんで付けられている。

PXGのパターのデザインは多種多様。高級志向のゴルファーを虜にしてきた。

パターに関してもその存在を高めていきたいだけに、富裕層を満足させるため新しいパターを出し続けている。

「最高品質・高価格」の一貫してブレないモノづくり。日本でも限られた店舗のみの販売だ。だからこそより魅力を感じるのかもしれない。

スピットファイヤーは100%のミルド303ステンレスヘッドで、伝説的なブレードとは少し異なる形状をしているが、ミッドマレットほどの大きさはなく、3つのホーゼルと4つのソールウェイトから選べる。

それぞれヘッド重量は異なるが、ホーゼルのオプション(ダブルベント、プランバーネック、ヒールシャフト)により、あらゆるパッティングストロークに対応。

フェースバランスのダブルベントは360g、ヒールシャフトモデルは370g、プランバーネックは380gと重めになっている。

そして、4つのソールウェイト(5g、10g、15g、20gのウェイトキットもラインナップ)により、ヘッドウェイトを標準モデルから10gまでの減量と50gまでの増量が可能。

トゥでもヒールでも軽量ウェイトから重めのウェイトまで自由自在に組み替えることができる。

今回の『スピットファイヤー』の特徴は、より安定したインパクトを実現。インパクトポイントに関わらず、ボールスピードはほぼ変わらないという。

ビリー・ホーシェルも注目!GEN2パターの9作目『PXG スピットファイヤー』クラブと体を目標方向に正しくセットアップする機能?

このピラミッド構造にも注目だ!

(MYGOLFSPY JAPANでこの記事全文を読む)

ゴルフ業界辛口批評メディア 『MYGOLFSPY JAPAN』はこちら!

1

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!