男子プロも投入、“長く使える”ぶっ飛び系アイアンとは?『オノフ赤FF』の開発秘話 | BRAND JOURNEY【人気ブランド、真の実力探る旅】

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

男子プロも投入、“長く使える”ぶっ飛び系アイアンとは?『オノフ赤FF』の開発秘話

「浅地洋佑がぶっ飛び系アイアンを入れる」との噂を聞きつけ、グローブライドの開発者を直撃。やはり、ツアープロの目は誤魔化せません。そこに本質があると感じます。

2020年10月01日

 

3世代目の『オノフFFアイアン』が、カタログモデルに昇格!

『オノフ黒フォージド』で飛躍した浅地洋佑がぶっ飛び系アイアン!?グローブライド開発者の山崎誠司氏を直撃しました
昨季2勝と大ブレイクをはたした浅地洋佑。『オノフ黒FORGED』のやさしい中空アイアンでてっきりハマっていると思いきや、「ぶっ飛び系アイアンをテスト中で投入しそう」との噂を耳にし、グローブライドの開発者・山崎誠司氏(以下、山崎氏)を直撃した。

山崎氏 「そうなんです。先日、新しい『オノフ赤FF』アイアンをコースでテストしてもらうと、7Iで215ヤードをすごく高弾道で止めることが出来て、【顔もそのままですごく構えやすいし、コレ、使いたいです!】と、UTの代わりに『オノフ赤FF』の5I(21°)と7I(25°)をテストしてもらっています。本来は『オノフ赤』よりも飛ばしたい人向けに開発した、いわゆる【ぶっ飛び系アイアン】なのですが、こちらの期待以上に気に入ってもらえましたね。【アイアン形状の方が弾道を操りやすい】と話していました」

男子プロだから、ぶっ飛び系アイアンの7Iで215ヤードを打つことは理解できる。ただ、ウッド型UTの方がスピン量も球の高さも出せるメリットが高そうだと普通は想像する。今回の『オノフ赤FF』には何か秘密があるのだろうか。

山崎氏 「秘密というか、実は今回で『FFアイアン』は3代目になるんですね。我々は『LAB0SPEC』名で、提案型の意欲作をオノフ特約店中心に展開していて、過去2作も知る人ぞ知る『LAB0SPEC』専用商品でした。やはり、ロフトの立ったぶっ飛び系アイアンという特殊な存在でもありますから。今回、第3世代として前作までの7Iロフト26°から、1°立てて25°にしました。性能面で大きなアップデートが出来たので、『LAB0SPEC』から昇格する形で、『オノフ赤』に並びオノフ赤FF』を通常の量販店でも手にして頂ける形にしました

性能面での大きなアップデート。その中身とは何なのか?

超ぶっ飛び系には見えない。アイアンらしい美しさ

上下に分離することで反発エリアを下部にもってくる独自の「リパルジョンフェース」。そして、タングステンがなんと110g!
山崎氏 「今回もさらに飛びにこだわっています。それでもフェースの高さは56mmと一般的なぶっ飛び系よりは高くして、アイアンらしさ、美しい形状を大切にしました。その上で飛ばすために、タングステンウェイトを110gバック部に付け、19.1mmの低重心を達成。ロフトが25°と立っていますが、打ち出し角をしっかりと付けられるよう、『オノフ赤FF』は『オノフ赤』より低重心にして、より飛びに特化させた形ですね」

構えてみて驚いた。その顔つきは、ロフト25度の7Iには見えない。ややオフセットの入った美しい形状は、ロフト29〜30度前後のアイアンのそれである。他社の超ぶっ飛び系アイアンのようなフェースが低く、タラコのような形状に見えがちな点が一切なかった。この美しさなら浅地洋佑がすんなりと「使いたい」と思うのも頷ける。
グローブライド『オノフ赤FF』アイアン(5本SET:12万円+税、10月3日発売)
そして、『オノフ赤FF』の110gのタングステンも分解パーツを手にしたが、これも強烈。歴代オノフのアイアンにも大量のタングステンが使用されているが、現行の『オノフ赤』でも100gだったのに、さらに重量を増していた。

そして、オノフといえば、フェースの上下を分離させた独特の反発哲学を持つ。それが「ダイレクトリパルジョンフェース」で、フェースの実打点エリアの反発を最大化する構造を持つ。筆者からすれば「上部エリアの反発を捨てた」と映るが、山崎氏は否定する。

山崎氏 「いえいえ、その言い方には語弊があります。アマチュアの打点傾向に合わせることが本当のユーザビリティですから。プロや上級者ほど、打ち込んでいくため打点は上というか、真ん中近くになりますが、多くのアマチュアの場合、それよりもスコアライン1本半ほど下にきます。真ん中ではなく、実打点の反発を上げることこそ、大切ではないですか? ラフから強烈に打ち込まない限り、そこまで上部に当たるケースはないというか」

話だけを聞いても疑念は晴れなかったが、それも筆者の杞憂に終わった。(後述する)

最薄部1.5mm。高反発値でも……適合!

「リパルジョンフェース」の上部は1.5mmという薄さ。とんでもない超反発値(接触時間)を誇るそう
小難しい話で恐縮だが、筆者は様々なメーカーの開発者に【フェースの板厚】を必ず聞く。特に、複合素材のぶっ飛び系アイアンが隆盛になるにつれ、各社がここにしのぎを削り、工夫をしているからだ。で、大体この板厚を聞けば、そのアイアンの飛距離性能が判断できるようになってきた。「飛びにこだわった」と話す山崎氏にも当然聞いたが、そのエピソードが極めて興味深かった。

「最薄部は1.5mmです」と山崎氏。筆者は耳を疑った。「それって、高反発になりませんか!?」と氏に問い直す。すると、笑いながら販売店のバイヤーなどからも同様の反応がよくあると明かしてくれた。

山崎氏 「いえいえ、適合ですよ。(笑)でも、そう反応される量販店の方も多いです。というのも、数値は明かせませんが、反発値がものスゴいことになっていますので。でも、クラブの反発というのは、ルールで規定されていますので、高反発値でもルール適合内にぎりぎり収まっているんです

つまり、高反発値だけど、ルール内。数多と出てきた超ぶっ飛び系の中でも、量販店のバイヤーや筆者が心配になるほどの数字とだけは言える。さすが、飛びにこだわった3代目『オノフ赤 FF』というべき裏話である。

中空の『オノフ黒』が高評価でも、そうしなかった意味

評価の高い『オノフ黒フォージド』は中空。「中空も当然検討しましたが、やはり飛びにこだわりたかった」と山崎氏
そして、筆者はどうしても聞きたいことがあった。それは、中空マッスルの『オノフ黒フォージド』で好プレーをしてきた浅地がいる中、「なぜ新しくぶっ飛び系を作るのに中空にしなかったのか?」ということ。

市場で高く評価される、ピン『G710』(ロフト29度)やタイトリスト『T400』(ロフト25度)も中空構造。アイアン型UTもみんな中空だし、市場でも評価の高い『オノフ黒フォージド』も中空なのに、なぜそれを選ばないのか?

山崎氏 「そこは社内でも非常に議論がありました。中空にすれば、『オノフ黒フォージド』のように、シンプルでカッコいいデザインも作れますから。でも、開発としては、どうしても飛びにこだわりたかった。アイアンらしい美しい形状で、最も飛ぶものを作るに辺り、選んだのが今回の形です。
グローブライド『LABOSPEC FF-247III』アイアン(5本SET:13万円+税、10月3日発売)※オノフラボショップ及び、クラブオノフオンラインショップ限定モデル
深重心の中空だとフェース面上の重心が高くなってスピン量が増える。先程言ったように、お使い頂くアマチュアの方の実打点がフェース下部ですし、距離を犠牲にする要素を排除した上でオノフらしい美しさ、洗練されたデザインのものを作りたかった。そういった尖った部分を残す意味でも、今回はデザイン違いのものを『LABOSPEC』でも用意しています。

こちらはガンメタイオンプレーティングで精悍さを増していて、ソケットも長いものを選び、バックフェースも荒々しさを表現した特別なものですね。比べてもらうと、通常のオノフの大人の上質さを表現したものと、また違った良さを感じて頂けると思います。飛距離性能はもちろん、両方とも極限ですね」

オノフが作ると、ぶっ飛び系でも長く使いたくなる

7Iで63m/s近い初速って、どういうこと!? その上、フェースに乗る大切なフィールも!
たしかに、ただでさえ美顔の『LABOSPEC FF-247III』が、ロングソケットが付くことで、さらに精悍さを増していた。ぶっ飛び系アイアン特有の軟派さがそこにはなく、尖った男が持つべき、危険なオーラを放っている。筆者が疑い深い性格だということを察したのだろう。山崎氏は「トラックマンを持ってきますので、ぜひ、打ってご判断ください」と言う。

というわけで、打ってみた。ターゲットはもちろん、浅地洋佑の215ヤードを超すこと。その目論見は、ウォーミングアップなしの1球目で達成された。219ヤードキャリーのトータル230.1ヤード。高さは33mを越えたドローボールが表示された。

山崎氏 「えっ……、230ヤード!? いや、ちょっと待ってください。あっ、これはトラックマンのボール設定が間違っていました。浅地プロがテストした設定にし直すので、ちょっと待ってください……(汗)」

いや、驚いたのはこちらの方である。1球目で理解できた。この際、トラックマンの数字などどうでもいい。この美しくも安心感ある形状は、他社のぶっ飛び系アイアンのどれにも当てはまらない。そして、弾きがよくも、スチャッ!とフェースがたわみながらボールが乗るフィーリング。単なる弾きの強さだけじゃない。これは、曲がらず、球を安定させられる手応えである。浅地洋佑が「ボールコントロールしやすい」と言うのも当然だろう。
デザインも、アイアンらしさも、飛びも、操れるフィールも。どれが欠けても、長く使えるものにはなりません
その後、厳しいトラックマンの設定で10球ほど打ったが、残念ながら、フックが強まってランが出た1球のみ220ヤードを越えたが、そのミス以外の球は、感じたとおり安定感のある球で高さ30メートルを越え、トータル212ヤード前後のドローを打ち続けられた。

ぶっ飛び系アイアンによくあることだが、一発だけマグレで飛んでも使えるものにならないことは、ゴルファーの本能としてよく分かっている。山崎氏とオノフが追求した「美しいアイアンらしさ」を持つことがいかに大事か。当然のことだが、浅地洋佑もその本質に正直なのだと改めて感じる。

マグレ当たりでぶっ飛ぶのはドライバーだけでいい。「長く使えるアイアンの本質」が何なのか? その一番大事な部分が追求されているのが『オノフ赤FF』アイアンだと感じた。そう思えるぶっ飛び系アイアンは、初めてかもしれない。

Text/Mikiro Nagaoka
1

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼ら出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」の最終結果
松山英樹、石川遼、金谷拓実ら日本勢8人が出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」の最終結果はこちら。
米女子ツアーの最終結果
米国女子ツアー「LPGAドライブ・オン選手権-レイノルズ・レイク・オコニー」の最終結果はこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!