コロナ禍で激動の2020年、話題になった「ツアーギア」を振り返る! | 【購入する前ちょっと見て!!】人気ギアのマニアック情報

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

コロナ禍で激動の2020年、話題になった「ツアーギア」を振り返る!

新型コロナウイルスの猛威に負けず、女子ツアー14試合、男子ツアー5試合が国内開催された激動の2020年。試合数が少ない上、無観客、リモート取材などの制約多数でしたが、2020話題になったツアーギアを振り返り! ◆写真・GettyImages、岩本芳弘、鈴木祥、佐々木啓

2020年12月24日

ギアトピ【1】 原英莉花は新作入れると勝つ!?新ジンクスでメジャー連覇達成

 
最も記憶に新しい、最終戦の「リコーカップ」。原英莉花が『ST200X』ドライバーの投入でメジャー連覇!
まずは、コロナ禍でも14試合が行われ、話題を集めた女子ツアーから振り返っていこう。中でも記憶に新しいのは、3つのメジャーのうち「日本女子オープン」「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」で連勝を飾った原英莉花だ。

ご存知、2試合とも契約するミズノの商品を新たに投入した週に優勝するという離れ業を演じた、ミズノの孝行娘。「メジャー=公式戦」は誰もが獲りたい試合なため、クラブ変更にも慎重を期するのがこれまでの常識だと言える。クラブ変更にはスイングやフィーリング面の調整など時間がかかるからだ。ところが、原は大舞台の2試合ともミズノの新兵器を投入して見事に勝利を飾った。
9月の「日本女子オープン」では、『JPX921ホットメタル』アイアンの投入で小祝さくらとの激戦を制す!
「日本女子オープン」で投入した『JPX921ホットメタル』アイアン(5I〜PW)は、師匠・ジャンボ尾崎から「今までのアイアンで一番いい」とお墨付きをもらった。5Iが185yに伸びたため、4W&5Uの構成を3W&5Wに『ST200』を入れる攻撃的な体制が整い、ロングの2オンに何度も成功していた。

また、最終戦の「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」では、初優勝時も使っていた『MizunoPro MODEL-E』から雨と全米対策で新作『ST200X』ドライバーへと交換。本来なら調整期間が必要なはずだが、誰もが獲りたいメジャーで「新作を入れて勝つ」新ジンクスが誕生した形。20年、21年と繋がったシーズンで、はたしていくつのメジャー勝利を積み上げるのだろうか。

ギアトピ【2】 新星・笹生優花も師匠譲りの『M5』とジャンボシャフトで2勝!

マキロイのようなスイングで、ルーキーながら現在賞金ランク1位の笹生優花。ジャンボのお下がりの『M5』がエースドライバー
まだ19歳のツアールーキー・笹生優花が「NEC軽井沢72」と「ニトリレディス」で連勝。2020年で並み居る先輩プロを押しのけ、最も賞金を稼ぐことに成功。スタッツも平均バーディ1位、パーオン率11位、平均パット3位、リカバリー14位と、ルーキーなのに軒並みトップクラスの実力である。

そんな笹生の気になる使用ギアだが、アイアンは三浦技研と契約するが、ウッド契約はフリー。原英莉花と同じく道具に詳しいジャンボ尾崎に師事し、ジャンボ邸にあった師匠譲りのテーラーメイド『M5』ドライバーに、師匠用のイミドアンドサンズ製のジャンボ尾崎オリジナルプロトタイプシャフトが入ったものをそのまま使用した。

残念ながら、今季はコロナ禍でドライビングディスタンスが計測されていないが、ツアートップクラスの飛びに間違いなし。事実、この試合数の少なさでイーグルを「6個」獲り、古江彩佳と並んで1位に立っている。(昨季のトップは河本結の32試合で10個)原英莉花もミズノのやさしい『ST200X』ドライバー、『JPX921ホットメタル』アイアンに師匠譲りのイミドアンドサンズ製の師匠譲りのシャフトを選んでおり、このシャフトが4勝したことになる。ジャンボ尾崎のギアへの探求心の凄さが浮き彫りになるエピソードだと言えるだろう。

ギアトピ【3】 小祝さくら、上田桃子らが『ツアーロックゴルフ』でカウンターバランスに

小祝さくらは雨用ドライバーに16gのカウンターバランスウェイトを装着していました
昨季からオデッセイの黒い『ストロークラボシャフト』ユーザーが増え、三菱ケミカル『テンセイCK proオレンジ』、ピンの純正シャフト『ALTA J CB』、『エピックフラッシュSZ』のウェイト外しなどなど、パターもドライバーも“手元重心化のカウンターバランス”が流行る兆しがあった女子ツアー。

今年はそこからさらに【カウンターバランス】が加速する一年だったと言えるだろうか。そう言える一番のポイントは、スポーツTMCがカウンターバランスキット『ツアーロックゴルフ』を男女ツアーに供給し始め、上田桃子、小祝さくら、松森彩夏、吉田優利、永井花奈、成田美寿々、片山晋呉ら複数選手がグリップエンドに装着したこと。
ベテランの上田桃子も、全英女子で気を吐くなど、未勝利ながらも存在感を発揮したシーズンでした
上田桃子は元々315gだったエースドライバーに、「8g」を追加した結果、総重量が323gになったが、バランスが「D1⇒C9」になり、平均ヘッドスピードが1m/sアップしたとのこと。同じ辻村コーチに師事する小祝さくらもエースドライバーに12g、雨用ドライバーには16gを装着。こちらもバランスが3Pダウンし、平均HSが1m/s上がっている。

また、上田桃子はパターにも30gを入れ、小祝さくらのパターには60gを装着。2人ともSWにも12gを装着し、ドライバー、SW、パターの“カウンターバランス化”を図ってシーズンを通して好成績を収めていた。

ギアトピ【4】 赤い『ストロークラボ』シャフトの登場もあり、『ホワイトホットOG』人気が加速

オデッセイは“後付け”のツアーロックゴルフとは異なり、ツアーでは選手の好みに合わせて元々ウェイトをシャフトに入れてからグリップを装着しています
パターのカウンターバランス化を図るのは、『ツアーロック』の後付けフィッティングのパターンだけではない。国内男女ツアーで長年パター使用率1位に君臨してきたオデッセイは、元々重ヘッド化対策として生み出した『ストロークラボ』シャフトの投入と共に、選手個別に必要に応じたフィッティングを“グリップ下”に行ってきた。

今年の夏以降には、従来の黒い『ストロークラボ』シャフトに加え、よりしっかり目のフィーリングな赤い『ストロークラボ』シャフトを投入。このシャフトは20年ぶりの復刻作『ホワイト・ホットOG』で選択可能だが、このパターにも飛びつく選手が夏以降に激増していた。

画像にあるとおり、ツアーロックとは異なり、オデッセイはグリップを入れる前にシャフトに弾丸に似た形のウェイトを入れるため、選手が何gを入れているかは周囲からは分からない。が、最も使用者の多いブランドであるが故、ツアープロの調子を支えるため、目には見えない努力でサポートしていたというわけだ。

ギアトピ【5】 池村寛世がやさしいヘッドに『ツアーAD HD』でかっ飛び!

同組だった片山晋呉が、あまりの飛びに思わずスマホで撮影しちゃってますね……
一方、コロナ禍から6月末に開幕した女子ツアーに対し、国内で開催される男子ツアーの開幕は9月頭の「フジサンケイクラシック」と遅れることになった。この試合で驚きのドライバーショットを披露したのは、昨季のドライビングディスタンス「303.52ヤード」で5位の池村寛世だ。

富士桜CCは標高が高いため飛びやすいとはいえ、アベレージゴルファー向けのテーラーメイド『SIMグローレ』に、グラファイトデザイン『TOUR AD HD』を入れて320ヤードを越すビッグドライブを放っていた。

池村寛世はツアー屈指の飛ばし屋なため、通常ならパワー的に『SIM』のはずだが、グラファイトデザインツアーAD HD』の組み合わせなら、暴れずにぶっ飛ばせる。なぜなら、同シャフトは高MOIヘッドに合う先端剛性を高めた「叩ける弾き系」シャフト。このエネルギー効率のいい最新シャフトに、時松隆光ほか、男子プロ人気が高まりつつある。
松山英樹、香妻陣一朗、稲森佑貴、池田勇太、星野陸也などなど、スリクソン『ZX』シリーズを使うプロが大活躍!
また、この「フジサンケイ」で優勝した星野陸也のダンロップスリクソンZX7』ドライバーも話題となった。なにを隠そう、松山英樹が4年以上ぶりにダンロップ製ドライバーに戻った最新作である。その後、「日本オープン」で稲森佑貴、「三井住友VISA太平洋マスターズ」で香妻陣一朗が初優勝と、ダンロップの新作『スリクソンZX』を使用するプロが大躍進。国内で行われた5試合中3勝する結果となった。

また、香妻陣一朗の逆転勝利を決定づけた、『スリクソンZX5』アイアンも、契約フリーの片山晋呉らの使用で話題となったのか、現在、量販店で欠品するほどの人気作となっている。

ギアトピ【6】 デシャンボーの影響か!? 秋のマスターズで突如、長尺1Wブームが!

デシャンボーとDJはマスターズの練習日で長尺1Wを直前回避。ただ、ミケルソンは47.5インチを継続しているよう…
今年最も話題を集めたのは、なんと言っても、ブライソン・デシャンボー。その肉体改造で飛距離を大幅アップさせ、マスターズ前の約一ヶ月間を試合に出ず「48インチのドライバーを使う」と予告。初となる秋開催は地面がソフトとの予想から、突如PGAツアーに長尺1Wブームが訪れた。

ただし、道具に詳しい人にとって「あれ、2、3年ほど前には短尺1Wブームが流行ってなかったっけ?」との疑問が生じるのも無理もない。2017、18年前後にはリッキー・ファウラーが43.5インチ、ジミー・ウォーカーが42インチと「ぷち短尺1Wブーム」が起きていた。フジクラも短尺専用の『スピーダーSLK』を出したほどだが、あのブームは一体どこへ!? と思う人もいるだろう。これは一過性のものなのか、はたして長期的なものなのか。

元々46インチだったフィル・ミケルソンはマスターズ後も47.5インチを継続しているし、アダム・スコットも46インチへと長尺化。だが、デシャンボーとDJはマスターズの練習日で長尺をテストした結果、直前回避した。はたして、来る4月の「マスターズ」で、DJは47インチ、デシャンボーは48インチを投入するのか!? ただでさえ飛ばす面々がさらに長尺化して、飛距離戦争がますます加速すると、海外製ドライバーのヘッド重量への影響も今後は気になる展開だ。

ギアトピ【7】 マスターズで使用率1位のタイトリスト『TSi3』。実はMOIもデカかった!

フリートウッドは来年からテーラー契約になりますが、契約フリー最後の年は『TSi3』でした!
「マスターズ」では契約フリー選手や有望トップアマの多くも『TSi3』を使用、圧倒的なモデル別使用率1位を獲得。(トミー・フリートウッドは来季からテーラーメイド契約が発表されているが)前作『TS3』も使用率がずっと1位だったが、多くの使用プロたちの要望から、より構えやすい顔に進化した。それだけでなく、実は『TSi』シリーズ、実はヘッドMOIが大幅に高められている。

編集部の計測では『TSi2』の左右MOIが「5533g・cm2」、『TSi3』も「4991g・cm2」で、ピンも真っ青な高MOIヘッドへと生まれ変わっていた。これは軽くて初速の出る新チタン素材をフェースに採用したからこそなせる技なのか、タイトリストが「ピン化した」と考えれば、契約フリー選手を含む、多くのPGAツアープロたちが『TSi』シリーズへ移行することも納得できる結果である。

来たる2021年は、コロナ禍は収まるのか。そして、年初に新たなるニューギアの発表がされるのか。引き続き、PGAツアーを中心に、2021年モデルの動向をチェックしていきたい。

Text/Mikiro Nagaoka
1

おすすめコンテンツ

小平智が出場 米男子ツアーのリーダーボード
小平智が大会初出場。米国男子ツアー「ザ・アメリカンエクスプレス」が現地時間21日(木)に開幕する。リーダーボードはこちら。
米国女子ツアー 2021年の開催スケジュール
米国女子ツアーの2021年トーナメント開催日程はこちら。
国内女子ツアー 2021年開催スケジュール
国内女子ツアーの2021年トーナメント開催日程はこちら。
米女子ツアー開幕戦のリーダーボード
米国女子ツアー開幕戦「ダイヤモンド・リゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」のリーダーボードはこちら。
トッププロが中東に集結! 欧州ツアー開幕戦のリーダーボード
ローリー・マキロイ、ジャスティン・トーマスらトッププロ集結! 日本の川村昌弘も参戦する欧州ツアー開幕戦「アブダビHSBC選手権」リーダーボードはこちら。
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!