ピン『G425 MAX』ドライバーのアマ試打レポ。「ど下手クソでも、ミート率1.5マシーン!?」 | 【購入する前ちょっと見て!!】人気ギアのマニアック情報

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

ピン『G425 MAX』ドライバーのアマ試打レポ。「ど下手クソでも、ミート率1.5マシーン!?」

先週の「ニトリレディス」でピン契約プロたちが投入していたピン『G425』シリーズ。本日正式発表されたので、早速チェックして参りましょう!

2020年11月04日

 

シリーズど真ん中は『PLUS』に代わり『MAX』!

筆者 おぉ〜〜、これが『G425 MAX』かぁ〜〜。第一印象は前作『G410 PLUS』の赤い差し色がなくなったせいもあると思いますが、シックで意外にカッコいいし、すごく後ろのタングステンウェイトが目立ちますね。ちょっとはみ出して見えるし、めちゃくちゃ分厚い塊ですけど、コレ、相当重いんじゃないですか?

 やっぱり、そこが真っ先に気になりますよね。いま計ってみたら、26gもありました!ちなみに、前作『G410 PLUS』の可変ウェイトは11gでしたから、単純に倍以上重くなってますよ!

PCM編集長(以下、P編) うわぁ〜、外したかぁ〜。私は新作をバックウェイトが23gくらいに重くなる予想をしてたの。想像以上だね、まさか26gもあるなんて!

 はい。これだけ重いからこそ、調整できる左右の幅も『G410 PLUS』より遥かに少なめですよね。今回は超高MOI重視であって、こんなに重いものをめちゃくちゃな位置に付けちゃったら、ヘッドのバランスが崩れすぎますし…。
なんと、G410 PLUSの11gより15gも重くなってます!
   
ALBA本誌・田辺(以下、田辺) ってことは、今までも高MOIだったのに、さらに深重心かつ、超高MOIになったってことですか?

 そのようです。これ、本来なら『G400 MAX』と『G425 MAX』の同じ『MAX』同士を比較するのが正しいと思うんですけど、今回『G425』シリーズには『PLUS』がなくなったじゃないですか。だから、ど真ん中の機種だった『G410 PLUS』が『G425 MAX』に置き換わったってことですね。

筆者 はい。契約プロたちも、今回新しい『G425 LST』を使うのは先週投入していた鈴木愛、塚田好宣プロの2人くらいのようです。その他の選手はほとんど『G425 MAX』を使う予定だそう。っていうか、塚田プロ、いきなり投入してプレーオフ、惜しかったなぁ〜。

田辺 なるほど。では、一応PINGの発表内容も整理しておきましょうか。

絶好調PINGの唯一の壁、『G400 MAX』のMOIを突破!

今まで壁として立ちはだかって来たのが『G400 MAX』
PING安齋さん やっとというか、ついに『G400 MAX』を越えることが出来ました! 今回の『G425 MAX』はPING史上最大のMOIで、上下と左右MOIを合わせた数字で9700g・cm2を越えています。これまで安定性の『G400 MAX』という壁があり、その後、昨年に調節性と飛距離をプラスした『G410 PLUS』を出しましたが、この2つのいいとこ取りしたのが『G425 MAX』だと考えて頂いて大丈夫です。

PING契約プロ・比嘉真美子 第一印象としては、マットブラックとシルバーでカッコいい。何発打ってもブレないという感じでした。打球音に関しては前回のモデルよりも音の感じが低いというか、食いつきがいいような音になっているので、個人的にはすごく好きです。食いつきながら飛んでいくというのはかなり良いんじゃないかなと思います。何代も前から純正の『PINGツアー』シャフトを使用していますが、やはりどのヘッドと組み合わせてもクセがなくて、年々進化しているヘッドと組み合わせても振りやすいし、全然ブレない。そこが一番のメリットかなと思います。『G425 MAX』はヘッドの大きさ的に安定感がありますし、振りにいってもストレートボールが出てくれる安心感が『MAX』の魅力だと思います。
PING契約プロ・塚田好宣 ボクは(G425 LSTの可変ウェイトの)ドローポジションを選びました。このポジションで一番飛距離が出ましたから。正直、どっちのヘッドもよくて迷っていて、『MAX』と『LST』の両方を使いたいなと思ってるんです。コースや状況によって使い分けたいなと。打感は食いつく打感って、飛んだ時に飛んだとわかるし、フィードバックがくる感じが好きですね。

PING契約プロ・鈴木愛 私はあんまり大きいヘッドが好きじゃないので、小ぶりの『G425 LST』ですね。まず飛距離が出たし、コントロール性もあったので。このヘッドに合わせて純正シャフト(ALTA J CB SLATE)を作っているし、近年純正シャフトをずっと使っていて、自分との相性がいいのは純正シャフト。コントロールもしやすいですし、安定感がすごくあると思います。

『G425 MAX』と『G410 PLUS』を打ち比べると?

筆者 契約プロの話を聞く限りだと、楽しみしかないですね!!! じゃあ、早速打ってみましょう!『G425 MAX』ドライバーの初打ちは、筒さんからお願いします! 一応、比較のために『G410 PLUS』も打ってくださいね!

―― 筒、G425 MAX、G410 PLUS✕5球 ――
 ………。これ、すごく意外なんですけど。バックウェイトがすごく重くなって、MOIがPING史上最大だから、すごく出球も高くてキャリーの出る仕上がりを予想したけど違いますね。10.5°なのに、ボクが打つとすごくライナー系というか、スピン量も少ない。

フライトスコープのスピン量表示はサイドスピンも足されて多く見えますが、感触的には中打ち出し・低スピン。なんでしょう、ランが出る感じの球になりますね。すごく意外です。試しに『G410 PLUS』も打ち比べましたが、打ち出し角・スピン量は断然『G410 PLUS』の方が多いです。こっちの方がMOIは低いはずなのに……。
打ち出し角つきすぎを指摘する田辺
田辺 えぇ〜、そうなんですね。ちょっとボクにも打たせてください。なるほど〜、でもボクの場合『G425 MAX』はキャリーの出る大玉になりますよ? しっかり打ち出し角も出ますし、安定しますね。全然曲がらない。

シャフトも『G410 PLUS』よりも少し柔らかくなった感じで、明らかにラクに感じますけど? ただ、もうちょっと距離が出てほしいのが正直なところです。なんだろう、インパクトロフトがつきすぎる気がするのは、超高MOIでお尻が下がる形になるからなんですかね?
P編も田辺と同じ傾向…
P編 どれどれ、おっ、私も田辺くんと同じ傾向だね。これ、すごく球が上がりやすいし、つかまるし、安定系の球だね。やっぱり、26gだからお尻が重いというか、ロフトはつきやすくなるんじゃないかな。『G410 PLUS』とも打ち比べてみたけど、新しい『G425 MAX』の方がすごくお尻が重く感じるなぁ〜〜。

筆者 最近練習してないから、スイングが超〜〜酷いですけど、ボクも打っていいですか?

全員 最初に言い訳から入るなってば!!!(PINGの高MOIの新作なのに球曲げたらどうしようって、顔に書いてるじゃん!)

筆者 「これ、まじでミート率マシーン…」

P編 ……………。長岡、相変わらずの汚いスイングだねェ〜〜。なんでそこまでリキむ必要があるんだよ! ただでさえクロスして汚いスイングが、いつにも増して汚物に見えるよ?

筆者 ………。(汚物…、お陀仏……大泣)っていうか、最初ティが高かったのか、どテンプラの嵐だったじゃないですか。ボクもお尻を重く感じた反射作用か、3度強ダウンブローに入っちゃって…。だから、なんか緩むとお尻が垂れるなぁ〜と思って、左腕をわざと力んでしっかり握って、お尻が落ちないように球を地面と並行に押せるよう、打ち方を変えたんですよ。

そしたら、コレ、初速が異常に出るんですけど? ボク、普段の平均ミート率って自分のクラブでも1.5なんて全く出ないですよ? 特に初めてのアベレージドライバーだと、1.35とかザラです。特に今は絶賛ドライバーイップス気味ですし………(泣)。さっきからヘッドを真っすぐ押すように打つと、急に1.49以上がバンバン出るんですよ。真ん中打点をかなり外しまくって1.5が出るとは……。
手元先行、真っすぐ押すと1.5連発!
 そうなんですよ。ボクも1.51ばっかり出てビックリです。ど芯ではなく、ちょっと下目とかヒールとか、打点が微妙にブレたのになぜか初速が出ます。後方の26gから芯に向かって真っすぐ押すように振ると、すごく飛びますよね。やっぱりPING史上最高MOIというだけあると思いますね。

ただ、ちょっと外側から来てダウンブロー傾向になりがちというか、超高MOIヘッドはインからアオる人には向かない。皆さん、普段より入射角がレベルに近く、ヘッド軌道もストレートに近づいたでしょ? お尻の重さへの反射と対応は人によって症状が分かれるかなぁ〜と。インパクトで手元を先行させて真っすぐ押しこむ人はボクや長岡さんと同じ傾向だと思いますよ。

筆者 ここまで打点ブレても死なず(OBせず)に距離の出るヤツ、初めてかもしれないです……。なんか、気のせいか、急にドライバーイップスまで直ったかも! これ、マジで、ミート率1.5養成ギブスですね!!!ボクが1.5を連発するなんて普通…

全員 (大声で)あり得ない!!!!!

筆者 アリエータでしょ!?

Text/Mikiro Nagaoka


1

おすすめコンテンツ

シブコ、河本結ら出場! 米女子ツアーのリーダーボード
「ロッテ選手権」が現地時間14日(水)から開幕! スコアはこちらでチェック!
ノジマ箱根シニア リアルタイム速報
ノジマ箱根シニアのスコアを現地から直送。オジサンたちのアツい戦いを見逃すな!
現地直送! 2021年国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック
KKT杯バンテリンレディス 組み合わせ表
2021年の国内女子ツアー7戦目! 組み合わせ&スタート時間はこちらでチェック。
チャンスは生かす! 増枠予選会からの挑戦
女子ツアー新たな制度「増枠予選会」を突破した選手が、そのチャンスを生かそうと懸命なプレーを見せている。
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
【2021年版】ゴルファー大調査アンケート結果
平均スコアやゴルフ上達法、人気のYouTubeまで…。アマチュアゴルファーの“今”を知る!
Dr.カタオカのゴルフ実験室
女子プロのクラブ調整を手がけてきたDr.カタオカが、自宅できるお手軽なゴルフクラブのお手入れ法を伝授。
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!