ワークスゴルフ『マッハ』5Wで、1Wと3Wが抜ける件。300Yクリーク爆誕!? | 【購入する前ちょっと見て!!】人気ギアのマニアック情報

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

ワークスゴルフ『マッハ』5Wで、1Wと3Wが抜ける件。300Yクリーク爆誕!?

かなりな数の5Wを打ってきましたが、間違いなく飛びは1番だと思われます。というか、もはやコレって5Wと言えるのか??? それさえも疑問です……。

2020年08月15日

 

筒「この5W打って!マジでヤバいから」

どうやって構えればいいのか…
 長岡さん、ちょっと打ってほしいFWがあるんですけど。コレです。

筆者 なにこれ『マッチ』? どこのクラブですか? うわぁ………、この顔、超〜〜苦手です。打ちたくない!!! 顔がどこ向いてるか、全くわかんないもん!

 ………。(試打を拒否なんて初めてじゃん…)長岡さん、『マッチ』じゃないです。『MACH(マッハ)』です。ワークスゴルフの播戸さんから「新作FWができた」と送られてきたので、FWに合いそうだと個人的に感じていた三菱の新作『ディアマナTB』を入れて組んでみました。

筆者 っていうか、この顔だけはないでしょ。トゥが尖り過ぎてて、マジで構えづらいです。いくら播戸さんの作ったクラブだったとしても、この顔はさすがのボクでも打つ気すらしないですよ……。
ホームページの画像だと、もっとトゥが尖ってます…(泣)
 ………。(なにこの拒否反応…)コレ、めちゃくちゃ飛びますし、今までのFWの概念を覆されますよ? 支配人にさっき打ってもらったら、5Wでずっと270ヤード以上飛んでて驚いたんです。ボクでも5Wで235ヤード打てるっておかしくない? 普段の3Wより飛んでる計算なんですよ???

筆者 ………。(本当かよ!)しょうがないなぁ〜、ちょっとだけですよ? 貸してください。

―― 地べたからデシャンボースイング! ――
1球目からヤバい数字…
筆者 !!!!! これ、フライトスコープの故障でしょ? おかしいですって。5Wでキャリー245ヤード超えるなんてあり得ない。自分の3Wの距離を完全に越えてますよ? 下手したらドライバーじゃないですか……。

 ほらぁ〜〜、だからヤバいって言ったでしょ? 言っときますけど、フライトスコープは故障してません。それに、1球目なのにこの距離ですよ? 打ち込んだら、もっと伸びますって!

筆者 いやいや、おかしいって。ボクここ5年以上5Wはバックに入れてなくて、アイアン型UTの18度を入れてますけど、そのクラブでめちゃくちゃ当たっても240が精一杯ですよ? キャリーでいったら、220くらいであって、18度で地べたから250ヤード近くキャリーするなんて、フライヤーしても絶対にあり得ないって! それに、5W入れてた時代でも、最高に近い当たりでもトータル240ヤードくらいでしたよ?

―― 疑いつつ、試打を重ねて数発後 ――

筆者 「長めに組んで、ロフト立てた?」

もしかして、高反発!?
 どう? 本当にフライトスコープの故障ですか? さっきから、1球もキャリー245ヤード以下の球、出てませんよね?

筆者 いや、いくらなんでも地べたからキャリー266ヤードって………。(ティアップしてもこんなに飛ばない)分かった、コレ、長めに組んだでしょ?

 長めといっても少しですよ。実測60度法で測って42.625インチです。ヒールエンド法で42.5インチ表示のメーカーも多いんですから、別に普通でしょう?

筆者 う〜ん…、分かった! 18度と書いてあるけど、ロフト立てたでしょ? 実は14度とか??

 さっきロフトを測りましたが、18度表示ですけど、リアルロフト19度ですよ。

筆者「まさか、デシャンボースイング?」

筆者 …………。(ウソでしょ…、マジで19度!?)そうなると、もしかしたら、デシャンボースイングのせいかなぁ……。ボク、直近で某メーカーの新作の試打ラウンドをしたんですけど、3Wで260ヤード近く地べたから飛んだり、ティアップすると280ヤード近く飛んじゃってびっくりしたんですよ。それに、自分の52度も今までは105ヤードくらいだったのに、最近120ヤードくらいまで飛ぶようになっちゃってて、地べたから打つとデシャンボースイングだと飛んじゃう疑惑があって……。

 ご心配なく。ボクも支配人も長岡さんみたいにデシャンボースイングなんてやってませんから。あっ、佐野さん、こんにちは。いいところに来ましたね。ちょっと、聞いてくださいよ。疑い深い長岡さんが、めちゃくちゃ飛ぶ5Wの弾道計測器の結果を疑って信じないんですよ。これじゃ、計測器の意味がないですよね? ボクが組み上げたクラブのスペックすら、疑う始末なんですよ……。なんとか言ってやってください!
TRPX佐野さん へぇ〜、そうなんですか。長岡さん、ちょっと打ってみてくださいよ。おぉ〜〜ナイスショット。えっ、290ヤード!? っていうか、弾道計測器のデータがドライバーそのものじゃないですか。初速73m/sとか、おかしいでしょ。ホントに5Wなんですか? そりゃ疑うのも当然です。ボクにも打たせてくださいよ。

―― 佐野さん、数発後 ――

TRPX佐野さん  ボクでも270行きましたね。これがホントなら、ドライバー要らないじゃないですか。っていうか、そもそも5Wがこんなに飛んだら、もはや5Wじゃないですよね? 本当かどうか、コースで試してみたいです。持って帰っていいですか?(お願い、コースで試させて!)

筆者 まだ取材終わってないのでダメです。これ、リアルロフト19度らしいですよ。

TRPX佐野さん !!!!! えっ、冗談でしょ?

 本当ですよ。42.625インチ、リアルロフト19度です。

筒 「3Wの作り方で5Wを作ったそう」

3W(右)とほぼ同じ大きさの5W
筆者 いやいや、もしかすると、シャフトが『ディアマナTB』だから飛ぶのかもしれませんね。佐野さんの前で言うのも申し訳ないですけど。三菱の試打会に行った時に筒さんが言ってたじゃないですか。ディアマナTBは初速が出るし、FWに入れたらめちゃくちゃ相性が良さそう」って。これ『TB』の60Sですよね? なんか、めちゃくちゃ振りやすいし、先端剛性が強いからか、めちゃ球を押せるんですよ。HSも42.625インチなのに49m/sくらい出てたし、振りやすい『TB』だから飛ぶんじゃないの?って。

TRPX佐野さん ………。用があるので帰りますね。じゃっ!

 その可能性はもちろんあります。でも、ワークスゴルフの播戸さんから聞いてる話だと、今回の『マッハ』FWの5Wは、普通に作ると面白くないので、3Wの作り方でやってみたらしいんですよ。これまでの常識だと、5Wって3Wより小さく作るのが当たり前ですよね? 3Wが170ccなのに、5Wは142ccみたいな。

筆者 そう、だから5Wって左に巻くのが嫌で使いたくないんですよ。小さくもシャローにもして欲しくなんてないのに……。
3Wと同じ大きめサイズで、3Wと同じディープフェース。そして、超低重心!
 そう、だから播戸さんは、5Wなのに170ccと大きめに作ったそう。加えて、フェースの高さもシャローにせず3Wと同等に高くしたそう。しかも底に大量のウェイトを持ってきて、めちゃくちゃ低重心に作ったんですって。長岡さん、さっきから3000rpm以下の超低スピンだし、鬼のような初速が出てるのは、やっぱり低重心だからだと思うんですよね。

筆者 なんだ、そこまで聞いてたんだったら、それが飛ぶ理由じゃないですか!!!ちょっと〜〜、早く言ってよぉ〜〜〜。昔、キャロウェイX HOT』FWが出たときに「300ヤードスプーン」ってPRしてましたが、コレは「300ヤードクリーク」と言えるかも……。だって、ティアップせずにこの飛距離ですよ? 顔はサイアクですけど、飛びで『マッハ』に勝てる5Wはこの世になさそうですね……。マジでボク、コレがあれば苦手なドライバー抜けるかも……。もちろん、3Wも抜けます。代わりにウェッジを強化できますよ!(ニヤリ)

 そんなゴルファーとは絶対に一緒に回りたくないです。(クリークで300ヤードとかやられたら、本気で死にたくなる……)それに長岡さん、「顔がサイアク」とか、本音言い過ぎですから!!(播戸さん、長岡さんなんかに打たせてしまってごめんなさい…)

Text/Mikiro Nagaoka
1

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

ステップ・アップ・ツアーLIVEフォト実施中!
今週のステップは「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」。熱戦の模様を写真で現場からお届け!
ステップ・アップ・ツアー今季第3戦 成績表はこちら
ステップ・アップ・ツアー今季第3戦「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」の成績表はこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!