幻の違反クラブ『カーボンアイアン』VS最新作『EZONE GT』。アイアンは【進化】したのか? | 【購入する前ちょっと見て!!】人気ギアのマニアック情報

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

幻の違反クラブ『カーボンアイアン』VS最新作『EZONE GT』。アイアンは【進化】したのか?

コロナ禍で、昔の名器を見直す動きもありますよね。マニアックチームは「アイアンは進化しているのか?」をテーマに、ヨネックスの幻の違反アイアンを借りることに……。

2020年05月27日

 

1983年に違反となった『カーボンアイアン』をゲット!

上はP編所蔵のカーボン製アイアン『エアロナ』。これの原型が違反となった『カーボンアイアン』(下)
PCM編集長(以下、P編) 長岡、事務所の引っ越しで所蔵クラブを整理してたら、面白いのが出てきて思わずテストしちゃったよ。ヨネックスのカーボン製ヘッドの『エアロナ』なんだけど、1990年頃のアイアンだね。これが、今でも打ちやすいことに気づいちゃってさ……。

筆者 へぇ〜、ヨネックスって確か、カーボン製ヘッドのやり始めでしたっけ?

P編 そうだね、ヨネックスが83年に『カーボンアイアン』でカーボン製ヘッドに注力し始めて、その後プロギアも88年に『インテスト』というUTの前進となるクラブでフェースにカーボンを使用してた。あ、でも、『カーボンアイアン』は一度違反になったっけ……。

筆者 え、なぜ違反なんですか? 飛び過ぎたから?

P編 2番手飛ぶとの触れ込みだったけど、R&Aの認可は得ていたのに、JGAからソールの金属部分の補強の件で突っ込まれたみたいだね。長岡、『エアロナ』含めて一度テストしてみるか? 最新アイアンとどれくらい違うのか気になるだろう?

HS45m/sのP編 「スペックは別物!長さも違い過ぎる」

1983年製の『カーボンアイアン』。当時は「2番手の飛び」を謳っていました
―― 後日、『カーボンアイアン』を入手 ――

筆者 はい、これが幻の違反アイアン、ヨネックスの初代『カーボンアイアン』です。比較するために、最新作『EZONE GT』の同番手も借りたので、約37年前のアイアンと最新作がどれくらい違うのか? 試してみたいなと。

P編 おぉぉ〜〜、コレかぁ〜〜、37年前のアイアンなのにシャフトの仕上げもヘッドもキレイだなぁ〜。私の『エアロナ』よりもさらに短いね。最新の『EZONE GT』と比べると、ヘッド1個分くらい短いよ。これ、何インチなんだろう、筒さん、測って!

ユニバーサルゴルフスタジオ・筒康博(以下、筒) 同じ7Iの比較ですけど、『カーボンアイアン』が36.75インチで、『EZONE GT』は38インチ。1.25インチも差がありますよ!?ロフトは『カーボンアイアン』も村田さんの『エアロナ』も31°で、当時のアイアンからすれば確かにストロングロフトですね。当時は7Iでもプロモデルは36°とかだったと思いますし。それが最新の『EZONE GT』の7Iは26°です……。
ヘッド約1個分、1.25インチも『EZONE GT』の方が長く、ロフトも5°立っています…
全員 ………。(うわぁ〜〜、昔の7Iとロフト10°も違うのか…)

P編 なるほどね……、長さが1.25インチ『EZONE GT』より短くて、ロフトが5°も寝てるってことね。それだと最低2番手以上は絶対に『EZONE GT』が飛ぶ計算になるけど、まぁ、とりあえず打ってみるね!

―― 7Iを比較試打(各3球平均) ――

P編 ウワッ、『カーボンアイアン』ってハードだねぇ〜〜。(泣)シャフトが硬くて棒みたいだし、全体に重いからヘッドが全然走らない。そこで言うと、『EZONE GT』は長いから打つ前かなり不安だったけど、実際はめっちゃラク。力がまったく要らないね。
MAX飛距離では30ヤード以上の差が出ました。『カーボンアイアン』ではドローが打てなかった模様…
筆者 村田さん、今のところ『カーボンアイアン』はMAX165ヤードですけど、『EZONE GT』は197ヤードも飛んでますよ……。平均しても25、6ヤードは差が出てます。まぁ、『カーボンアイアン』はスライスっぽい球しか出てないから、当然といえば当然ですけど……。

P編 ………。(自分で打っていて呆れている)っていうかさ、そもそもスペックが違い過ぎるよね? 表示は同じ7Iでも、中身が違い過ぎるよ!『EZONE GT』の方が全然軽いし、シャフトも柔らかいから、そりゃ飛ぶのは当たり前でしょ!

HS49m/sの石塚 「ナニコレ!? 初速がエグ過ぎる…」

―― ここで、UGS石塚氏が乱入 ――

ユニバーサルゴルフスタジオ・石塚(以下、石塚) おっ、新作ですか? ボクにも打たせてくださいよ。これ、幻の違反アイアンなんですよね? うわっ、顔はけっこうシャープですね……。でも、短いから打ちやすそう!

―― 『カーボンアイアン』✕5 ――

筆者 なんか、村田さんと同じで全部スライスしてますね……。でも、村田さんよりは飛んでますよ。MAXは175ヤードで、平均165ヤード弱くらいの計算になりますかね。

石塚 う〜〜ん……、グリップが硬化してカチカチなのと、カーボンフェースだと少しインパクトで球が滑る感じがしますね。それに、シャフトもすごく硬くて重く感じるんで、つかまりづらいというか、すごく打ちづらい……。(泣)当時はコレのどこが違反だったんですかね? たいして飛ばないような……。

P編 じゃあ、私の『エアロナ』を打ってみてよ。コレはやさしいし、名器だから!
同じロフト31°でも、軽くて長い『エアロナ』の方がラクに飛ばせます。ムダな力みがないことでミスも少なくなる傾向
―― 『エアロナ』✕5 ――

石塚 おぉ〜〜、本当だ。こっちの方が軽いし、少し長めですけどバランスがいいですね。球も上がりやすいしつかまります。『カーボンアイアン』より最低6、7ヤードは飛ぶ感じですね。同じような素材と製法に見えるのに、『カーボンアイアン』から『エアロナ』って6、7年くらいですか? こんなに急激に進化するんですね〜。

筆者 じゃあ、37年後の『EZONE GT』を打ってみてください。

―― 『EZONE GT』✕5 ――
やはりカーボンとマレージングでは反発性が違います。『EZONE GT』の方が初速が14m/s近く出る結果に…
石塚 !!!!! なんですか、この距離。1球目から210ヤード!? ウソでしょ???っていうか、思いっ切り打ったら、キャリー225ヤードまで行きましたけど? 『カーボンアイアン』より50ヤードどころか、60ヤード近く飛んでますよ? いくらなんでも初速エグ過ぎません???

 石塚さん、一般ゴルファーのドライバー並じゃないですか。7Iですよ??? ほんと、勘弁してくださいよ〜〜。(グスンッ、7Iでボクの1Wのヘッドスピードを上回ってる……)

P編 っていうかさ、50ヤード以上って、長さとロフトのスペック的な差を超えちゃってるじゃない。何その距離!? やっぱり、カーボン素材の反発性とマイティマレージングの反発力の差が相当あるってことなのかな?

石塚 そうとしか思えないですよね。まさか、幻の違反アイアンより50ヤードも飛ぶとは……。クラブって、単純なスペック以上に見えないところでも進化してるってことですね……。いやぁ〜〜、『GT』凄いっす!

P編 ………。(俺の『エアロナ』は無かったことになっちゃったね…)

Text/Mikiro Nagaoka
1

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼ら出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」のスタート時間
松山英樹、石川遼、金谷拓実ら日本勢8人が出場! 「ZOZOチャンピオンシップ」のスタート時間一覧はこちら。
「富士通レディース」 撮れたてLIVEフォトはこちら
国内女子ツアー「富士通レディース」。現地から女子プロの戦いを生配信!
米国男子ツアーのリーダーボード
米国男子ツアー「ザ・CJカップ@シャドークリーク」のリーダーボードはこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!