プロギア『RS E』&『RS RED』のアマ試打レポ。簡単✕軽量✕ギリギリだとどうなる? | 【購入する前ちょっと見て!!】人気ギアのマニアック情報

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

プロギア『RS E』&『RS RED』のアマ試打レポ。簡単✕軽量✕ギリギリだとどうなる?

先日議論していたプロギアの新作、『RS E』と『RS RED』をコースで試打してきました。既存の『RS』『RS F』とどう違うのでしょうか?

2019年03月27日

 
追加された『RS E』(左)、『RS RED』(右)の実力やいかに!?

全部【ギリギリ】で、4機種から最適が選べる!

筆者 「先日議論していた超軸線深度の深い『RS E』と『RS RED』の試打クラブを用意しました!」

PCM編集長(以下、P編) 「おっ、待ってたよ。軸線深度お化け!」

筆者 「前回の議論を見ていない人もいると思いますが、プロギアRS』シリーズにはドロー設計の『RS』、フェード設計の『RS F』2モデルがありましたよね。そこに加わるのが、カンタン“イージー”の『RS E』と、軽量・ヘッドスピードUPで飛ばす『RS RED』という新機種です。プロギアRS』シリーズには全モデルにナナメになったWクラウン構造が採用されていて、4つのギリギリから最適を選べる体制になった形ですね。プロギアは自社開発の計測器でヘッド全数のCT値検査をするほど、ギリギリ反発にこだわっています

PCM筒康博(以下、筒) 「それって、既存の『RS』『RE F』で“少ししんどかった”という人に向けてやさしいモデル2機種を開発・追加したということでしょう?」

筆者 「まぁ、そうだと思いますが、2機種ありますからね。打ってみなきゃ、分からないってことで、コースでテストしてみたいなと」

軸線深度MAXヘッドは超つかまる! シャフトも走る!

既存のものとは違い、『RS E』だけは濃いグレーのクラウン
筆者 「前半ハーフは『RS E』の10.5°、純正スピーダーエボリューションforプロギアのS(M43)の試打にしましょう。まずアドレスすると…、おっ、クラウン部分のカラーが既存の『RS』と違って濃いシルバーですね。これだけでもやさしさを感じれます。これ、ワッグルすると、ある程度手元側がしっかりしてますね〜。クラブ重量も308gとありますけど、カンタンを謳う割には重量はあります。でも、素振りの時点では308gとは思えないくらいびゅんびゅん振れますよ」
こんなに軸線深度の深い、深重心ヘッド、見たこと無い!!!

筒 「まぁ、このシャフトならすっごくヘッドが走るでしょうね。それに、『RS E』には可変スリーブがなく、シャフトは接着式ですからその分既存の『RS』と比べても余剰重量が増えて超深重心かつ、重心角34°で軸線深度が27.5ミリにもなっているんですよ。 普通、ここまで深い重心のヘッドだと挙動がまったりに感じるケースが多いですけど…」

筆者 「なるほど。じゃあ、つかまりそうなので、フェアウェイ右端に狙いをつけて右を狙った方がいいかもですね。オナーいきま〜す!」

――パキーン――

筆者 「!!!(出球、速っ!)フックとドローの間といった感じの球ですね。確かにヘッドが走るし、めっちゃつかまります! っていうかこれ、ギリギリを謳うだけあって、めっちゃ弾きますね! 見るからに出球が速いもん」
筆者の球を見届けた後だけに、さすが!
筒「じゃあ、ボクも打ちます。!!! 確かにギリギリ。それに軸線深度が深いのに、スピーダーエボリューションforプロギアのシャフトのおかげか、すごく軽快。つかまりが相当いいので、コレなら右に抜けるような球は一切出ないでしょうね。フェース開閉が苦手な人でも確実につかまる大型ヘッドですよ。つかまりを数値化すると、どうだろう…。フェード設計の〈RS F〉が6、ドロー設計の〈RS〉が8.5、今回の〈RS E〉は10点満点って感じでしょうね〜」(筒)

筆者 「同感。『RS F』って、プロギアの中ではフェード設計という位置づけにはなってますけど、他社の重心が浅いものから比べると、まだつかまりがいい部類だと感じますし……」

P編 「キミたち、私が打つ前に採点するの、やめてくれる?」

筆者&筒 「す、すみません…」

P編 「さっきから、シャフトの剛性とか重心角も見てたんだけど、長岡や筒さんの球も納得だな…。私もつかまりそうだけど、とりあえず真ん中を狙って打ってみるね」
―パキーン―(ターゲットラインに真っすぐ出て、途中からフックしていった)

筆者 「村田さん、なんで、ボクと筒さんがほぼ同じ結果になったのに、それでも同じ球打つんですか! 調べてたなら、少しは対応してくださいってば!」

P編 「………。(最初くらい普通に振るだろ!)う〜〜〜ん、さすが軸線深度27.5ミリというか、確かに今までのRS史上『RS E』は一番つかまるかも…。『RS』もドロー設計でつかまるドライバーだったけど『RS E』の方が、もっとつかまるし上がるね。ちょっとスライス気味の人でもドローがカンタンに打てるくらいつかまるし、右プッシュの類も一切出ないというか、出せない。ドライバーを右にミスするという、苦手意識のある人にもいいだろうね。

でも、元々球をつかまえられるドローヒッターの私は左の林にいくのは当然だよね。しかも、つかまる上にフェースが弾くから、左の方向にすごく飛距離が出てしまう…。反対に、元々球が低いスライスの人なら、上がってカンタンにつかまるから30ヤードくらい平気で伸びると思う
とてつもない深重心=とてつもないつかまり!
筒 「同感。深重心のヘッドって、一旦返り始めると、ガバッと一気に返りますからね。走るシャフトだとさらにオートマ度が増して、つかまり✕つかまりの組み合わせなので、右OBだけは絶対に出ないドライバーだと思います」

筆者 「これ、フェースが閉じた状態でインパクトしやすいからか、初速も速いしスピン量も適正からやや少なめになりますよね。だから、多少つかまり過ぎてはいましたけど、全員まったく振ってないのに260〜280ヤード近く飛んでますよ。これは確かにドライバーがつかまらなくて苦手意識のある人はラクかも…。ヘッドも投影面積があって超安心感がありますし」
1 2

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「KKT杯バンテリンレディスオープン」ライブフォト
「KKT杯バンテリンレディスオープン」が今週開幕!ライブフォトで女子プロたちのプレーをチェック!
米女メジャー「ロッテ選手権」速報
今週はハワイ開催!「ロッテ選手権」の速報はこちら
「ノジマチャンピオンシップ 箱根シニア」リーダーボード
国内シニアツアー「ノジマチャンピオンシップ 箱根シニアゴルフトーナメント」の結果はこちら
男子ツアーも開幕! 「東建ホームメイトカップ」ライブフォト
国内男子ツアーも今週開幕! 「東建ホームメイトカップ」のライブフォトはこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
本間ゴルフ×ALBAスペシャルサイト
本間×ALBAオリジナルコンテンツがいっぱい詰まったスペシャルサイトを今すぐチェック!!
米男ツアー「RBCヘリテイジ」速報
小平智が連覇目指す! 米男ツアー「RBCヘリテイジ」速報はこちら
アジアパシフィック女子アマチュア選手権 特集
アジア地域の最強女子アマ決定戦「アジアパシフィック女子アマチュア選手権」が今年は日本で開催!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
イ・ボミ、香妻琴乃ら人気女子プロを続々更新中!女子プロ写真館
イ・ボミや香妻琴乃ら人気選手満載の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトを毎日更新中。
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!
プロが選んだアイテムはコレ!
プロたちが勝つために試合に選んだシューズやウエアはいったいどれ!?編集部おススメのアイテムをピックアップして紹介します!