同一ヘッドを削ってテスト。フェース or クラウン【たわむと飛ぶ1W】はどっち? | 【購入する前ちょっと見て!!】人気ギアのマニアック情報

-
-

【システムメンテナンスに伴うサービス停止のお知らせ】
ALBA.Netをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
この度、下記のとおりシステムメンテナンスを実施させていただきます。
お客さまにご不便、ご迷惑をお掛けいたしますことを深くお詫び申し上げます。

■サービス停止日時
2019年2月20日(水)AM0時 〜 2019年2月20日(水)AM5時

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

同一ヘッドを削ってテスト。フェース or クラウン【たわむと飛ぶ1W】はどっち?

昨今のドライバーは「○○○○がたわむ」といって飛びを謳うモデルが多い。でも、これってどんな現象? 今回、そんな疑問に答えるべく、同じヘッドで部位を変えて研磨し、疑似「クラウンたわみ」と「フェースたわみ」を作成。性能の違いを分析した。(当企画はALBA本誌連動企画です)

2019年01月23日

 
たわみなんて、肉眼で確認不能。だからこその実験です!

近頃【たわみ】が話題になりすぎだが…

ジェイルブレイクテクノロジーってやつですね…
筆者 「最近というか、ここ数年、最新ドライバーは各社が【たわみ】をアピールしていますよね。顕著な例として、キャロウェイが【2本の柱でボディを固めると、フェースのたわみが大きくなる】として、『GBB EPIC』『ROGUE』とスマッシュヒットにつなげました。直近の『EPIC FLASH』にも、もちろん、2本の柱は健在ですよね。3代続けて採用するところに、何となくメリットは感じますよね?
それとは逆に、クラウンのたわみをアピールするのが、ブリヂストンを中心として国産ブランドです。ブリヂストンは『JGR』を代表に、ここ数年の歴代ドライバーのクラウンに溝を付けてたわみを大きくしていますし、直近の『TOUR B XD-3』はクラウンに金属弦を設けて、復元の速さで初速を出す構造です。
それの良いとこ取りをして見えるのが、プロギアRS』ですよね。元々フェース寄りのクラウンがナナメになった構造で初速が出る上に、ヘッドの反発テストを全数検査するなどして、初速ギリギリエリアの広さがむちゃくちゃ大きくなっているとのこと。どのメーカーも、たわませる場所や構造、テクノロジーは独自ですが【たわみ】をアピールすることに違いはないです」

PCM編集長(以下、P編) 「そうだね。クラウンたわみのBSか? フェースたわみのキャロウェイミズノか? それとも両方のプロギアか? たわみは人間の肉眼では確認できないだけに打って初速が出るかでメリットを想像するしかないんだけど…

PCM筒康博(以下、筒) 「いや、テストできます! 同じヘッドを用意して、フェースだけ削るもの、クラウンだけ削るものと、肉厚を薄くしてノーマルのものとテストすれば傾向は見えるんじゃないですか? たわみにメリットがあるかないか? の確認ならできると思いますよ

ALBA編集部・田辺(以下、田辺) 「いいですね!それ、やってみましょう!」

筒 「じゃあ、手持ちの古いキャロウェイ『初代ビッグバーサメタル』を削りますね」
まったく同じヘッドを3つ用意し、フェース削り、クラウン削り、ノーマルを用意しました!
―― テストクラブを用意して後日 ――

P編 「よし、筒さんに研磨を頑張ってもらったから、みんなで打ってみよう。今日はYouTuberのダバードこと、中村亮太くんも呼んだからね」

ダバード中村(以下、ダバード) 「皆さん、あんまりクラブのことは分かりませんが、よろしくお願いします!」

クラウンたわみ=打ち出し【大】、フェースたわみ=真ん中打点の初速【大】

―― 各人がクラウン削り、フェース削り、ノーマルを試打 ――

<同一ヘッドのクラウン、フェースをそれぞれ研磨して行った今回のテスト。ボール初速や打ち出し角といった飛びに影響する数値に大きな違いが出た>

筒 「クラウンを研磨したヘッドは、1度以上も打ち出し角が高くなりましたし、フェースを研磨した方は明らかに初速がアップしました。打感もそれぞれ変化していて、元が同じヘッドとは思えないくらい性能が変化しています。部分によって剛性や重量配分を替えて、性能をコントロールする現代のドライバーの進化の過程を体感できました。ギアのルール規制がある中で、飛びを最大化するにはたわみを使わない手はありませんね」(筒)

ダバード中村 「ボクは、打ち出し角が低くてスライス気味の球なんですけど、クラウンたわみだとヘッド全体で弾くというか、一番結果が良かったです。何というか、明らかに球が上がりやすくなってミスに強い気がします。フェースたわみの方は、芯に当たればいいんですけど、今回みたいな小さなヘッドだと、ちょっとしんどいですね……
昔の高反発も芯が狭かった…(泣)
筆者 「確かに、削りまくってフェースたわみにすると、おそらく高反発になっちゃったと思うんですが、真ん中に当たるとすごく初速が出るものの、ボクやダバード中村さんのように外した時にはいまいちメリットを感じづらかったのも否めませんね。そういえば、昔の高反発クラブって、芯が一円玉くらいの大きさしかないとよく言われてました…

P編 「たしかに昔の高反発は一発の飛びはすごいけど、なかなか芯に当たらなかったなぁ〜。長岡なんて、今でもこのザマだし、当時はもっとダメだっただろう?」

筆者 「………。(ムカッ、昔は今よりミート率高かったって!)」

ダバード 「そうなんだ。(最近ゴルフ始めたからわかんないや)じゃあ、ボクが下手なわけじゃなくて、フェースを削ると芯が狭く感じてもいいんですね」
筆者とダバード中村さんだけが、小さいヘッドのダメージを受けました……(大泣)
筒 「まぁ、今回のテストヘッドはサイズがかなり小さいし、古いモデルなのでそれでいいと思います。問題は、現代のドライバーでも同じ傾向かどうか?だと思いますよ

筆者 「では、フェースたわみを謳うものと、クラウンたわみを謳う現代のドライバーを打ってみましょう。クラウンたわみをアピールするブリヂストン(以下、BS)とプロギア、それに2本の柱でフェースたわみをアピールするキャロウェイ『ROGUE』もありますので」

ダバード 「ホッ。(良かった〜、古くて小さいヘッドは全然飛ばないもん…。やっぱり最新ヘッドの方がいいや)」
1 2

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

野村敏京が再び上位フィニッシュ! 米女リーダーボード
米女ツアー「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」の結果はこちら
米男ツアー「ジェネシス・オープン」リーダーボード
松山英樹は9位タイフィニッシュ!「ジェネシス・オープン」の結果はこちら!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
次代のスターは誰? ネクストガールズ総選挙2019
2019年シーズンに23歳以下で戦う選手のなかで、ネクストブレイク候補をユーザーの投票形式で選定。あなたの推しプロに投票しよう!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
ゴルフギアの新定番!
ツアープロたちの間では、コンディション管理に「アミノバイタル」 が欠かせないと言う声が多い。過酷なツアーで戦い続けるプロたちに活用術を取材してみた。
イ・ボミ、香妻琴乃ら人気女子プロを続々更新中!女子プロ写真館
イ・ボミや香妻琴乃ら人気選手満載の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトを毎日更新中。
大好評!藤田光里の連載コラム【藤田光里のMindTravel】
こんにちは!藤田光里です。ALBA.Netでコラムを連載させていただくことになりました。これからよろしくお願いします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!
ゴルフがうまくなるアプリ?24時間無料で動画配信中
GOLF Net TVは、「ゴルフを、より身近に、より楽しく」をコンセプトに、魅力あふれるオリジナルゴルフ動画を、多彩なチャンネルで24時間無料配信中
グリーンキーパーからコンパニオンまで!「ゴルフなお仕事」シリーズ
ゴルフ業界に携わりたいと思っているアナタ!「ゴルフなお仕事」の裏側、全部見せます!!
プロが選んだアイテムはコレ!
プロたちが勝つために試合に選んだシューズやウエアはいったいどれ!?編集部おススメのアイテムをピックアップして紹介します!