国内開幕戦でも存在感 堀川未来夢と時松隆光の好調ショットは、BOA®のフィット力から生まれる! | プロの勝負ギア〜これがあるから戦える

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

国内開幕戦でも存在感 堀川未来夢と時松隆光の好調ショットは、BOA®のフィット力から生まれる!

写真・岩本芳弘

2020年09月17日

堀川未来夢と時松隆光の2人は、長年のBOAユーザー

 
フジサンケイクラシックで優勝争いを演じた堀川未来夢(左)と時松隆光
9月に入ってようやく国内開幕を迎えた男子ツアー。「フジサンケイクラシック」で主役の座に輝いた星野陸也だった。その星野を7バーディ・ボギーなしの「64」で最終日に猛追してプレーオフに持ち込み、簡単に勝たせなかったのは27歳の堀川未来夢。そして3日目に「65」を叩き出して、一気に順位を上げ、3位タイに食い込んだのは27歳の時松隆光。将来の日本男子ゴルフ界を背負って立つ若き2人が、大会を最後まで盛り上げた。

BOAフィットシステムのテクノロジーを詳しく知りたい方はこちら

堀川と時松が履くゴルフシューズはメーカーこそ違えど、ともにカチカチとダイヤルを回して足にフィットさせるBOAフィットシステムを搭載している。久しぶりの4日間大会で、疲れの出る3日目や最終日に高いパフォーマンスを発揮できたのは、BOA搭載シューズの力を無視できない。できる男のシューズへのこだわりについて聞いてみた。


==========================

堀川がBOAを選んだのは「締まり具合を左右対称にしやすい」

堀川の使用モデルは、ブリヂストンスポーツの『ゼロ・スパイク バイター ツアー』
堀川は昨年の国内メジャー「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills」で初優勝を挙げ、賞金ランキングも6位と躍進した。彼が愛用するのは、ブリヂストンスポーツがこの8月に発売したスパイクレスシューズ『ゼロ・スパイク バイター ツアー』。BOAフィットシステムにより、すばやく自分に合ったフィット感に調節することができる。スパイクレスながらグリップ性能は高い。

「フジサンケイクラシック」で堀川は初めてこのモデルを投入したが、BOA歴自体は3年と長く、「やっぱりラウンド中に脱いだり履いたりするのは楽ですよね。靴ひもだと片方だけ脱いだりしたときに、絞まり具合に左右の差が出たりします。でもBOAなら微調節が利くから左右対称の感覚にしやすいんです」とBOAのメリットを説明する。

7時間ずっと履きっぱなしだから、軽いシューズのほうが楽

堀川はシューズ選ぶときに、軽くて疲れにくいことを重視している
多くの一般ゴルファーは週末にラウンドして、次にゴルフシューズを袋から出すのは早くても一週間後ぐらいだろう。でもツアープロは違う。練習日、プロアマ、4日間の試合と6日連続でゴルフシューズを履くことになる。現在はコロナ禍で相次いで試合が中止となっているが、通常であれば、6日連続のゴルフが毎週のように続く。

そんな堀川が特にこだわっているのは“軽さ”だ。「一日シューズを履いている時間は、7時間にも8時間にもなります。7時間ずっと重たいシューズで歩くよりも、軽いシューズのほうが楽ですよね。今のシューズはスニーカーのように軽くて疲れにくい。あとは滑らないことと、水が入らないことをシューズ選びでは重視しています」。

プレーオフで起死回生のバンカー目玉からパーセーブ

堀川は星野とのプレーオフ1ホール目、目玉からパーセーブしてピンチを脱した
グリップ力といえば、「フジサンケイクラシック」のプレーオフの1ホール目が印象的だった。星野が2オンしてパーは確実な位置に付けたのに対し、堀川の2打目はガードバンカーに刺さるようにして落ち、目玉となっていた。しかも左足上がりの不安定な状況だったが、堀川はしっかりと下半身を固定。絶対にボギーを打てない状況で、脱出させるだけでなく見事にパーセーブし、勝負を次のホールに持ち込んだ。最後は3ホール目で星野に難しいバーディパットを決められたが、どちらが勝ってもおかしくない展開だった。ブリヂストンの誇るアウトソールのグリップ力を引き出すのも精密なフィットがあればこそ。

自分の足の形に馴染ませてから試合で履く

自分の足に馴染ませてから試合に投入することで、高いパフォーマンスを発揮できる
そして堀川は、試合でいきなり新品を下ろさずに、練習ラウンドで必ず試し履きをするようにしている。「履き慣れていないシューズは、形がまだ自分の足に馴染んでいなかったりして、靴ズレを起こしたりします。サイズ自体は合っていても、左右の高さが少し合っていないときもある」。本番前に試し履きをしていくうちに、だんだん自分の足の形にシューズがフィットして馴染んでいくのだ。

BOAフィットシステム搭載シューズは、ブリヂストンスポーツでもいくつかラインナップされているが、堀川は一度決めたモデルから浮気しない。「履くシューズは一種類。他のモデルだと重さも違うし、履いた感覚も全然違うんです。一種類ならショットでもパッティングでも同じ高さで打てます」。これがどんなときも高いパフォーマンスを発揮できる理由の1つだろう。
1 2

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

ステップ・アップ・ツアーLIVEフォト実施中!
今週のステップは「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」。熱戦の模様を写真で現場からお届け!
ステップ・アップ・ツアー今季第3戦 成績表はこちら
ステップ・アップ・ツアー今季第3戦「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」の成績表はこちら。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!