ティショットがチョロでも即挽回できる!? と話題の『Gクロスオーバー』を調査 | 話題のクラブ…すぐ武器になる1本か、否か!?

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

ティショットがチョロでも即挽回できる!? と話題の『Gクロスオーバー』を調査

アマチュアゴルファーがスイングを成長させ、ショットの精度を上げるには大変な時間と熱意量が必要。時間が確保できない人にとってはクラブの助けを借りることが必要になるが“本当に使えるクラブ”がわからない…。そこで本コラムではツアーシーン、アマチュアシーン問わず、話題になっているギアが“すぐ武器になるか、否か”を練習場で調査(撮影、取材・山代厚男)。

2016年10月27日

今回の調査対象は、PING 『Gクロスオーバー』

 
プロ、アマ問わずやさしく飛ばせると評判の『Gクロスオーバー』

トッププロからアマチュアまで“確実に”飛距離をもたらしてくれる

   
【話題ポイント1】トッププロが打つと驚異的な飛距離が…番手構成が狂うほど!?
【話題ポイント2】アマチュアからは「もうスプーンはいらない」という声がある

 「ギア・チェンジ、しよう。」をキャッチフレーズに、今年3月に発売された『Gクロスオーバー』。力強い弾道から生まれる大きな飛距離に、アイアンの魅力でもあるスピン性能や操作性の良さを融合した革新的なクラブとして誕生した。見た目はアイアン型だが、ボールが上がりやすく、ビッグキャリーが生まれるのが特長だ。ミスヒットにも強く、インパクト時に最大のたわみ効果を発揮するフェース周辺部を薄くしたバリアブル・フェース構造などにより、最大限の初速と飛距離を生み出すヘッドに仕上がっている。

 PING契約プロの塚田好宣が「メチャメチャ飛ぶ、距離が掴めないうちは番手構成がわからなくなるくらい」と驚くほど従来の常識を覆すような飛びが生まれ、アマチュアゴルファーからはこれがあれば「打つのが難しいスプーンはいらないかも」という声すら巷で挙がっている。

アマチュアへの5球試打を敢行! みんなの感想は?

今回調査で伺ったのは…
『トーキョージャンボゴルフセンター』

9月某日に東京都足立区にある230ヤード200打席の大型練習場『トーキョージャンボゴルフセンター』へ。実際に打ってもらったのは20代〜70代の男性ゴルファー25名。シングルから平均スコア100以上のアベレージゴルファーまで。ヘッドスピードも30台〜50前後まで多岐に渡り、幅広い層になった。
「自分で使うならシャフトを変えて重量をあと少しだけ重くしたいですね(田邊和夫さん)
【すぐ武器になる!の意見】

「初速が速く弾道も力強くてキャリーが出ます。ランも期待できそうなので、トータルでかなり飛距離が伸びる印象です。それでいて方向性もいいですね。スイートスポットが広く感じられて、曲がり幅が少ないからミスショットにも寛容だと思います。コースの幅が狭いなど、2打目でフェアウェイウッドを打つには少し無理があるかな…という状況で威力を発揮してくれそうです。まさにスコアメイクに繋がるクラブだと思いますね」(田邊和夫さん、年齢52歳、ゴルフ歴2年半、平均スコア97、ヘッドスピード46m/s)
「アイアン型が好きな人には凄く安心感のあるクラブだと思います」(隅内武昭さん)
【すぐ武器になる!の意見】

「『Tour90』のSが一番ハマッたのですが、速く振ってもシャフトがしっかり追従してくれるのがいいですね。想像以上に飛距離が出ますし、ボールを狙ったところに運べるコントロール性の良さもあると思います。もう少しボールが上がってくれれば、さらにグリーンを狙いやすくなるような気もしますが…。それでもフェアウェイウッドと比べると、クロスオーバーの方が常に安定したショットが打てるので実際のラウンドで重宝すると思います」(隅内武昭さん、年齢47歳、ゴルフ歴25年、ハンデキャップ21、ヘッドスピード45m/s)
【ちょっと厳しい…の意見】

「元々フェアウェイウッドが得意なので、クロスオーバーのようなアイアン型のユーティリティは苦手です。アドレスした時に小さく見えるので安心感がありませんし、ヘッドが重く感じて少し振りにくい印象があります。打感も弾きが強く硬い感じですし、実際に打っても飛距離はそれほど伸びませんでした。ただ思っていたよりもボールは上がりやすかったですね。5番ウッドが得意なので、今すぐに欲しいとは思いませんが、慣れてくれば打てるようになるのかも知れませんね」(田中 稔さん、年齢53歳、ゴルフ歴15年、平均スコア98、ヘッドスピード40m/s)

すぐ武器になると答えた人は…

 試打クラブには#3(18度)と#4(21度)を使用。シャフトに純正の標準タイプ『ALTA J50』と、ツアー系の『Tour 90』の2種類(いずれもS)を用意したこともあり、ヘッドスピードの速い遅いにかかわらず全体的に好評価を得た。傾向としては、「コースで使ってみたい」という意見がほとんどで、飛距離性能はもちろんのこと、球筋の安定感、ミスへの寛容さ、方向性の良さなどに魅力を感じるゴルファーも多数を占めた。

 特に「初めて打つのに飛距離が出て、しかも弾道が凄く安定しているからラウンドですぐに使えそう」という声がこのクラブの特性を端的に表しているように感じた。

 一方でフェアウェイウッド中心のセッティング構成のゴルファーからは「構えた時に安心感がない、ヘッドが重く感じる」と言ったアドレス時に不安を覚える意見も…。ただし実際に打ってみた後には「もう少し高さが欲しいけど、ミスをした時でも曲がりにくいし、距離は出ている」という肯定的な話も出た。アドレス時の違和感は、アイアン形状のクラブが苦手という先入観が影響しているようで、慣れてきて心理的な要因が払拭されれば武器になる可能性は高いだろう。
1

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「大王製紙エリエールレディスオープン」ライブフォト
今シーズンも残り2戦!「大王製紙エリエールレディスオープン 」の写真を現地からお届け!
「エリートグリップシニアOP」
リアルタイム速報
「エリートグリップシニアOP」が開幕! オジサンたちのアツい戦いを見逃すな!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
米男ツアー「マヤコバ ゴルフクラシック 」速報
小平智が出場する「マヤコバ ゴルフクラシック」の速報はこちら
川村昌弘が出場! 欧州男子ツアー速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「ネッドバンクゴルフチャレンジ hosted by ゲーリー・プレーヤー 」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!