高反発ドライバー+高反発ボールでプラス48ヤードってホント? キャスコ「ゼウスインパクト EasySpec」 | 話題のクラブ…すぐ武器になる1本か、否か!?

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

高反発ドライバー+高反発ボールでプラス48ヤードってホント? キャスコ「ゼウスインパクト EasySpec」

高反発ヘッドと高反発ボールの組み合わせで、プラス43ヤードの飛びを実現し、スマッシュヒットとなった2017年発売の「ゼウスインパクト」。今年3月に発売となった後継モデルは高反発ヘッドと高反発ボールに「ルール適合外シャフト」まで実装し、プラス48ヤード以上の性能を実現したという。

2019年04月18日

「打つだけでボールがもらえる試打会」で聞いてみた

 
2017年に発売され、高反発ドライバーと高反発ボールの組み合わせで驚きのプラス43ヤードを実現、スマッシュヒットとなった「ゼウスインパクト」。今年3月にその後継モデルとなる「ゼウスインパクト EasySpec」が発売され、前モデルを上回る飛距離アップで話題になっている。

新作の特徴はなんといっても、おそらく世界初となる「ルール適合外のシャフト」。シャフトの規則である「360°どの角度からでも同じしなりでなければならない」を飛距離のためにあえて破り、規格外の飛びを実現したという。

その飛距離性能は本物なのか? 発売元のキャスコが開催している「ゼウスインパクト 1万人試打キャンペーン」会場で、試打したアマチュアゴルファーに話を聞いてみた。

「自分のクラブで打った時より、10メートル上のネットに当たります。シャフトが走ってくれる感覚がありますね。打感もいいです」(藤井和美さん 70歳 ヘッドスピード38m/s)

「フェースの弾きが強く、自分のドライバーより初速がアップしているのを実感できます。普段出せない、プロっぽい飛ぶ棒球になってくれますね」(青山智洋さん 46歳 ヘッドスピード41m/s)


試打したアマチュアゴルファーが自分のクラブと打ち比べた弾道を見ると、確かに初速の違いが、目測でも明らかに違う。また、高反発フェースのおかげかサイドスピンも少なくなっており、曲がりも抑えられていた。ルール適合外のため競技には使えないが、それ以外の飛距離に悩むアマチュアゴルファーにとって、試す価値がある新製品だろう。

ちなみにこのキャンペーンは、会場で「ゼウスインパクト EasySpec」を試打した人に、もれなく高反発ボールの「ゼウスインパクトゴルフボール」がもらえるというもの(1万人達成時点で終了)。打つだけでボールをもらえるのはうれしい。

会場ではゼウスインパクト以外にも「20ヤード専用ウェッジ」としてヒット中の「ドルフィン フライング ウェッジ」「ドルフィン ランニング ウェッジ」の試打も可能。下記リンク先から会場と日付をチェックしてから出かけよう。


ゼウスインパクト 1万人試打キャンペーン 会場・日程一覧
スマッシュヒットとなった白い前モデルから、シックなディープブルーにヘッドカラーが変更された
   
1

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗華ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!