プロのシャフト選びに異変。ドライバーが「軽軟(かるやわ)」化していた! | こだわる理由、変えた理由…ツアー現場の“裏ネタ”

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

プロのシャフト選びに異変。ドライバーが「軽軟(かるやわ)」化していた!

日本ツアーでは後半戦に突入する8・9月に19年モデルの新シャフトを投入する選手が多い。数年前まで男子プロだと「80X」なんて選手もいたが、最近はプロのシャフト選びに変化が起きていた!

2018年09月19日

【今野一哉プロの最新シャフト事情解説】250ヤードを狙う人は50g台でOK! プロは速く振れる軽シャフトで飛ばしていた

 
毎年、主要シャフトメーカーのドライバーシャフトは打たせてもらっていますが、ここ1、2年で明らかに軽量シャフトに技術革命が起きたと思います。私のヘッドスピードは48 m/s前後ですが、3、4年前までは50グラム台のシャフトを打つと先端がしなり過ぎて、ヒッカケばかりでした。それが、今年は50グラム台でも先端側が安定しているので、全く問題なく試合や競技でも使えるレベルです。

そうなると軽量シャフトの方がメリットが大きい。60グラム台から50グラム台にするだけで、ヘッドスピードが2 m/s前後は上がるので飛距離が伸びます。だから、ツアープロも積極的にシャフトを軽量化していると思います。スペックをXからSにする人が増えた理由も、全体的にシャフトの挙動が安定したからだと思います。

現状、アマチュアのシャフトスペックは重すぎると思います。男子プロが60グラム台の時代なので、アマチュア男性は50グラム台で十分。個人的には250ヤードを狙う人は50グラム台、それ以上の飛距離を狙う人は60グラム台がマッチすると思います。
試打・解説 今野一哉
こんの・かずや/82年生まれ。米国サンディエゴにゴルフ留学後に、「18GOLF」の代表としてレッスン活動を行う。クラブ知識が豊富でプロテスターとしても活躍

ヘッドスピード50m/s以上でも、プロは軽シャフトで飛ばしていた!

「飛距離も出るし、当たり負けもしません!」と語る近藤智弘はTOUR B XD-3に『TOUR AD BB 5X』を使用
   
※本記事はALBA756号掲載企画に加筆修正したものです。

取材トーナメント/RIZAP KBCオーガスタ、フジサンケイクラシック、ニトリレディス 取材協力/クールクラブス東京本店(スイング碑文谷内)
写真/相田克己、岩本芳弘、岩井康博、佐々木啓、鈴木祥、米山聡明、渡辺義孝 構成/野中真一
1 2 3最後

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」ライブフォト
「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」のライブフォトをお届け! “シブコ・フィーバー”が止まらない!
米男ツアー「BMW選手権」速報
松山は最終戦に向けての正念場!「BMW選手権」の速報はこちら
川村昌弘が出場!「D+Dレアルチェコマスターズ」速報
川村が出場する欧州ツアー「D+Dレアルチェコマスターズ」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!