オデッセイのトゥアップパターがいよいよ発売。その特徴とは? | コヤマカズヒロのゴルフギア、ここが知りたい!

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

オデッセイのトゥアップパターがいよいよ発売。その特徴とは?

text by kazuhiro koyama

2016年04月27日

水平にした時のトゥの向きで、パターの性格が変わる。

 
 オデッセイの最新パター『トゥアップ』が発売された。1月にフロリダで行われたPGAマーチャンダイジングショーで発表され、日本でも話題になっていたモデルだ。特徴はその名の通り、パターを水平にすると自然とトゥの部分が上を向くこと。今回は、ピン型の「#1」と、マレット型の「#9」のふたつの形状がラインナップされている。

 トゥが上を向くことが、なぜ特徴といえるのか。普通のパターは、机の上などで水平にすると、自然とトゥが垂れ下がり、下を向くように出来ている。パターの形状によって、このトゥが下を向く角度が変化するのだ。フェースが真上を向きトゥが水平になるパターは「フェースバランス」と呼ばれている。

 この「フェースバランス」と、トゥが真下を向くモデル(※T字型パターなど)で、パターを水平にした時のトゥの向きは90度違う。現在、市販されているパターの大半が、この90度の幅のどこかをトゥが向くように設計されている。

 このトゥが向く角度を、海外ではトゥハングなどと呼んでいて、パターフィッティングに役立てている。トゥが下を向く度合いが大きいと、パッティングストローク中にフェース面が開閉しやすくなる。「フェースバランス」は、開閉がしにくくなり、フェース向きを保ちやすい。

 ストローク中にフェースを積極的に開閉するゴルファーは、トゥが下を向く度合いの大きい、L字型やアンサー型などの形状がマッチすると言われている。フェースの開閉が小さいゴルファーは、大型マレットに代表される「フェースバランス」が向いていて、ストレートに引いてストレートに出すような打ち方と相性が良い。

 現在は計測器も発達しており、パターフィッティングも進化してきている。ゴルファーは計測で、自分のストロークのクセをチェックしながら、トゥハングの角度を選ぶと良い結果になりやすい。自分に合ったトゥハングの角度を教えてくれるサービスも登場しているようだ。フィッティングを受けて、パターを選んだ経験を持つゴルファーも少なくないだろう。
1 2 3最後

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「TOTOジャパンクラシック」ライブフォト
日本で開催される米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」の写真を現地からお届け!
「HEIWA・PGM Championship」ライブフォト
「HEIWA・PGM Championship」の様子を沖縄からお届けします!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!