宮里優作、大器晩成の賞金王獲得! | コヤマカズヒロのゴルフギア、ここが知りたい!

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

宮里優作、大器晩成の賞金王獲得!

text by Kazuhiro Koyama

2017年12月06日

選手会長の賞金王は、史上はじめて

 
日本シリーズ最終日、逆転賞金王を決めた18番グリーンで、涙の万歳三唱(写真:鈴木祥)
 2017年の国内男子ツアーの賞金王は、宮里優作に決まった。プロ入り後、初優勝まで11年を要した宮里が、賞金王には最終戦での「優勝」しかない状況で決めた、劇的な幕切れだった。最終日の目の覚めるような強さは、これからも日本のゴルフ史の中で語り継がれるだろう。

 今シーズンは4勝。中日クラウンズと日本プロで2週連続優勝。「HONMA TOURWORLD CUP」では日本ゴルフツアー機構(JGTO)発足以来史上初となる4日間ノーボギーでの優勝を果たした。選手会長での賞金王は史上初というオマケ付きで、会長職につくと競技成績が下がるジンクスにピリオドを打ったといえる。奇しくも今年は、宮里藍が引退するという大きな出来事があったが、その寂しさをも払拭するような、キャリア最高のシーズンとなった。
サイン会に協力してくれた選手にお礼のツイート(宮里優作のツイッターより)
 選手会長としても積極的に活動する姿は印象的だ。ご存知のファンも多いと思うが、自身以外のツアーの情報も積極的にSNSで発信し、その内容はJGTOにとどまらず、時にはチャレンジトーナメントや海外メジャーの情報も取りあげた。賞金王レースのライバルでもある、小平智の優勝を祝うツイートを拡散したこともある。練習場での動画の撮影や、悪天候で中止になった日のサイン会など、ツアーを改善するアイディアを、率先して実行していたことも指摘しておきたい。単に成績だけでなく、いつもツアー全体、そしてゴルフ界のことを考えているのがよく分かる選手なのだ。
気さくで礼儀正しい宮里の人柄に惚れ込むファンは多い(写真:岩本芳弘)
私事で恐縮だが、2015年に、私の企画構成による書籍に推薦文を書いてもらったことがある。シーズン序盤で、まだ調子の上がらない時期だったが、彼は一介の無名ライターである私にも、オープンマインドでとても親切に接してくれた。ショットの切れ味はもちろんだが、人柄も素晴らしく、彼を応援する人は多い。

 勝負の世界では、「いい人」は勝てないと思われがちだ。長く勝てなかった時代は、そんな応援が、あるいは心理的な負担になっていたのかもしれない。しかし、近年はそんなプレッシャーをも力に変えて、本来の実力に見合った成績をあげているように見える。ミスしても諦めず、一打一打、ひたむきにプレーする姿は、ファンの胸を打つ。
1 2 3

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山・石川らが出場 「WGC-メキシコ選手権」速報
松山英樹、石川遼らが出場する「WGC-メキシコ選手権」の速報はこちら
小平が出場する「プエルトリコ・オープン」リーダーボード
小平が出場する「プエルトリコ・オープン」のリーダーボードはこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!