マキロイらナイキの看板選手が『M2 ドライバー』に続々変更!? | コヤマカズヒロのゴルフギア、ここが知りたい!

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

マキロイらナイキの看板選手が『M2 ドライバー』に続々変更!?

text by kazuhiro koyama

2016年11月03日

ローリー・マキロイが新たに投入した『M2ドライバー』

 
『WGC-HSBCチャンピオンズ』開幕前から注目されていたマキロイの『M2』投入。結果的には4日間使い、初実戦として好結果に(写真:Getty Images)
 松山英樹の優勝に湧いた『WGC-HSBCチャンピオンズ』。試合が始まる前、注目されていたのは“ローリー・マキロイがドライバーを変更するのか?”ということだった。テーラーメイドの『M2』をこの試合からバッグに入れると報道され、練習日からその話題でもちきりだったのだ。

 結果として、マキロイは4日間すべてで、『M2』のドライバーと、2本のフェアウェイウッド(※15度と18度)を使用し、4位タイでフィニッシュした。ウッド類を総入れ替えした初めての試合としては、まずまずの成績といえるのではないだろうか。2013年にナイキと新たに契約したときは、クラブのアジャストに時間を要していた。

 これまで使用していたナイキヴェイパーフライ プロ ドライバー』は約1年間使用し、記憶に新しいプレーオフシリーズでは2勝をあげた。外から見る限りでは何らの問題もなく、マキロイの強みである飛距離と正確性を高いレベルで両立していたと言えるだろう。これだけのパフォーマンスを出せるクラブをスイッチするほうが、むしろリスクが大きいと言っていい。
フェアウェイウッドを2本変更も含めて、ひとまずテストは成功と言える(写真:Getty Images)
 フェアウェイウッドを2本変更したのも驚きだ。フェアウェイウッドは、ドライバー以上にフィッティングが難しい。飛距離を出すためのドライバーと違い、飛びと方向性はもちろん、ボールの上がりやすさ、弾道の操作のしやすさ、グリーンに止められるか、狙った距離を出せるかなど、求める要素が多いためだ。

 特にマキロイの真骨頂は、PGAツアーならではの長いパー5などで、ほかの選手が3オンを狙うなかでも、ドライバーで圧倒的な飛距離を出し、ウッドでは高弾道でグリーンを狙い、ラクにバーディ奪取(あるいはイーグル奪取)してゲームを優位に運ぶプレーだ。それには“手足のように扱えて、飛距離の出せる”フェアウェイウッドが必要になる。

 マキロイの卓越したロングショットを支えることの出来るクラブをフィッティングすることは、大変であろうことは想像に難くない。しかしマキロイは変更し、ドライバーはいつも以上に距離を出し、5番ウッドでグリーンを捉えていた。特に飛距離では初日に同組となった、バッバ・ワトソンやアダム・スコットを上回るビッグドライブも少なくなかった。マキロイのクラブチェンジは、ひとまず成功と言って良いだろう。
1 2

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山・石川らが出場 「WGC-メキシコ選手権」速報
松山英樹、石川遼らが出場する「WGC-メキシコ選手権」の速報はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!