グラファイトデザインの新シャフト、『G』がもたらす最速のスピード感を、男女プロ2人が検証! | コヤマカズヒロのゴルフギア、ここが知りたい!

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

グラファイトデザインの新シャフト、『G』がもたらす最速のスピード感を、男女プロ2人が検証!

トッププロの使用者が多い『TOUR AD』がハードに感じられるゴルファーのために、グラファイトデザインが新たに開発したNEWシャフト、『G(ジー)』。2年の歳月を経て完成したというこのシャフトを竹村真琴プロ、石井良介プロの2名が試打。その模様をレポートする。(text by Kazuhiro Koyama)

2020年07月06日

 
一般男性アマのヘッドスピードに近い、竹村真琴プロが『G』を試打

2年の歳月をかけて生まれた新コンセプトシャフト、『G』!

グラファイトデザインの新シャフト『G』。測定はトラックマンを使用した
カスタムシャフトの定番、『TOUR AD』でおなじみのグラファイトデザインから、新しいブランド『G(ジー)』が発表された。『G』は、『TOUR AD』が少しハードに感じられていたゴルファーに向けて、JLPGA選手のフィードバックをもとに、2年の歳月を経て完成した、新しいコンセプトのシャフトだ。

ブランド名の『G』は、“anti-Gavity(アンチグラビティ)”、「重力に逆らい、世界の果てまで飛んでゆけ」というメッセージが込められているという。そのコンセプトが示すとおり、ブランド第一弾となる『aG33』は、先端のしなりに特徴のある先調子で、飛距離性能を重視したモデルだ。



この新モデルの性能を確かめるべく、竹村真琴プロとYoutubeチャンネル「試打ラボ しだるTV」が人気の石井良介プロに、実際に『G』をマイドライバーに装着して、試打検証してみた。場所は千葉県八千代市の太平洋クラブ八千代コース、そして地域密着の大型練習場、ユニオンゴルフクラブだ。計測には弾道計測器「トラックマン」を用いた。

シンプルなデザインに、赤が映える『G』のコスメティック

シンプルなデザインに、赤が映える『G』のコスメティック
アマチュア時代から輝かしい戦歴を残している竹村プロだが、最近のヘッドスピードは35m/s前後。飛距離も200y強だという。そのため普段から40g台のRシャフトを使用しているということだが、まず比較の意味で『TOUR AD VR』の5Sを打ってもらった。『VR』は、カタログ上は中調子だが、その中で手元寄りにしっかり感があり、先端部の走りを感じられるシャフトだ。

「フレックスSを使うことがほとんどないので、やはり硬く感じます。『TOUR AD』は、プロ入り直後くらいに試したこともあるのですが、やはり少しハードなシャフトという印象がありますね」と竹村プロ。試打結果は、ボール初速53.2m/s、スピン量2638rpm、飛距離は206yとまずまずだが、プロは「この感じだと、18ホールはもたない」という。女子プロですら、それなりに頑張って振らないと性能が発揮できないスペックだと言えそうだ。
『G』の加速感がもたらす飛距離に、竹村プロも「大満足」だという
そして、新ブランド『G』シャフト、まずは5Sで試打。打ってみると、出だしから弾道が高く、バックスピン量も増えた。ボール初速52.4m/s、スピン量3130rpm、飛距離は198yと少し落ちたが、打ち出し角は13.7度→16.3度と高くなった。「同じ5Sでも、『TOUR AD VR』と比べて、『G』は楽に感じますね」と竹村プロ。

『G』の5Rで試打すると、1発目から強いボールになった。ボール初速55.0m/s、スピン量1858rpm、飛距離は220y。よりシャフトのしなりを使えるようで、ヘッドスピードも少しだけ上がり、インパクトがより分厚く、高初速で低スピン弾道になった。

そして、竹村プロが普段使っている40g台のフレックスR、4Rで試打。このスペックだと、『G』の持ち味であるシャフトの走り感が、さらにボール初速の向上につながっている。打ち出し角も確保され、ややロースピンの強い弾道が連発した。ボール初速54.5m/s、スピン量1841rpm。飛距離は222yまで伸び、ミート率も1.5を何度も超える高効率の弾道になった。

「すごく振りやすいです。このスペックがやはり本命ですね。スイングしていると、どんどん振れてくる感じがあります。測定数値もこれなら大満足です」

と竹村プロも『G』の性能を高く評価した。

自然とヘッドスピードが上がる、シャフトの走り感

一般男性ゴルファー相当のHS42m/sで試打する石井良介プロ
そして、石井良介プロにも試打してもらった。まずは、一般男性ゴルファーの平均的なヘッドスピード42m/s前後で。普段の試打でも、ヘッドスピードを自在にコントロールする石井プロだが、「42m/sで振ったつもりでも、『G』は振り抜きが良くて、自分のイメージよりもヘッドスピードが出やすい」という。実測のヘッドスピードは43.0m/s。ボール初速は64.5m/s。スピン量は2361rpm。飛距離も262yとかなりの好結果になった。

球筋は、ボールがつかまった軽いドローでミート率も1.5前後と非常に効率の良いインパクトになっている。「先調子のシャフトというと、左へのミスが出そうで嫌がるゴルファーも少なくないですが、『G』は球がしっかりつかまるのに、巻きすぎてフックになる嫌な感じがありません。男性の力で振ってもシャフトが負けず、しなりすぎず、強いインパクトになっています」(石井プロ)
石井プロは「しっかりつかまるのに、左へのミスが出にくい」と指摘
そして参考に、石井プロ本来のヘッドスピードである48〜49m/sでも打ってもらった。セオリーからいけば、5Sは完全にアンダースペックになる仕様だ。しかし、意外にもシャフトは負けずに石井プロのパワーを前に飛ぶ力に変換しているようだ。スピン量も3000rpmを切っていて、力負けしていない。これなら、普段『TOUR AD』を愛用している、ややハードヒッターのゴルファーが、より飛びのスペックを求めて『G』を試してみるのも面白そうだ。竹村プロのような35m/s前後から、男性ハードヒッターまで、スペック次第でかなり守備範囲の広いシャフトと言えるだろう。

この『G』シリーズ第一弾シャフト『aG33』は、『TOUR AD XC』の先端部に使用されている高強度素材、「トレカ®M40X」を手元寄りに使用。手元剛性を高めつつ、程よい粘り感を持たせたことが、自然なタメを作りやすく、スムーズな切り返しからスピード感のある走りを生み出す秘密になっている。石井プロの最大飛距離は、ボール初速は74.5m/s。スピン量は2346rpm。飛距離は304yと300yを超えるビッグドライブになった。
竹村プロは、『G』でエースシャフトを超えるパフォーマンスを出した
「手元よりに頼りなさがなく、シャフトが走ってスピードを出してくれる。それでいて左には巻かない。例えば、普段メーカーの純正シャフトを愛用していて、一般的なカスタムシャフトはちょっとハードに感じられる人などには、大いに恩恵を感じられるシャフトだと思います」

と石井プロは指摘する。一方、ヘッドスピード35m/s前後の竹村プロが220yを叩き出したように、ある程度スイングが固まっているものの、飛距離がもうひとつ伸ばせないゴルファーも結果が期待できそうだ。竹村プロも、

「エースシャフトよりも良いので、このまま持って帰りたいです(笑)」

とかなり『G』が気に入ったとのこと。プロと同じように、『G』の恩恵を感じられるゴルファーは少なくないだろう。
1

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼が出場 「全米プロ」の組み合わせ
松山英樹、石川遼が出場する海外メジャー「全米プロ」の組み合わせはこちら
河本結が出場 「マラソン・クラシック」のリーダーボード
河本結が出場する米女子ツアー再開第2戦「マラソン・クラシック」のリーダーボード
松山英樹、石川遼が出場 「全米プロ」の特設ページ
松山英樹、石川遼が出場する海外メジャー「全米プロ」の特設ページはこちら!
【全米プロ】石川遼の一打速報でプレー詳細をチェック!
久々にやります! 「全米プロ」での石川遼のプレーを一打速報でチェック。
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
締めは渋野日向子!AIG女子OPの動画がカッコいい
AIG女子オープンのプロモーション動画が完成。渋野日向子Vの感動がよみがえる!
河本結とティモンディが…超異色対談!?【動画付き】
河本結が人気お笑い芸人のティモンディと“超”異色対談! 全5回の動画を丸ごとチェック!
春に着たかった! 女子プロ勝負ウエアコレクション
「これを着てプレーしたかった!」という、お気に入りの“勝負ウェア”をコメントとともに披露!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
【レッスンコミック】宮里道場を期間限定で公開中!
ステイホーム中はレッスンコミックでうまくなりましょう。期間限定で宮里道場を公開中!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!