異能のゴルフ科学者、ブライソン・デシャンボーが選んだボールとは? | コヤマカズヒロのゴルフギア、ここが知りたい!

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

異能のゴルフ科学者、ブライソン・デシャンボーが選んだボールとは?

text by kazuhiro koyama

2016年09月13日

「DAPチャンピオンシップ」でプロ初優勝を飾る!

 
「DAP選手権」でルーキーのブライソン・デシャンボー(米国)がプロ初優勝。 (写真:Getty Images)
来季のPGAツアーの出場権をかけた「WEB.COMツアーファイナルズ」の第一戦、「DAPチャンピオンシップ」で、ブライソン・デシャンボーが4人でのプレーオフを制し、プロでの初優勝を果たした。

 デシャンボーは昨年、全米アマとNCAAチャンピオンシップの両大会で優勝。このタイトルを同じ年に制したのは、ジャック・ニクラウス、フィル・ミケルソン、タイガー・ウッズなどと並び、史上5人目の快挙だった。今年のマスターズでは、2日目まで優勝争いに加わってのローアマチュア獲得と、鮮烈な印象を残している。

一風変わったデシャンボーのセッティング

こうした経歴を見ると、正統派の超ゴルフエリートのデシャンボーだが、本人が“ゴルフの科学者”を自称するように、一風変わったゴルフへのアプローチが話題になっている。

有名なワンレングスアイアンはその代表例だ。4番アイアンから、60度のロブウェッジに至るまで、すべて37.5インチ(6番アイアン相当)で揃えて、どのクラブも同じ振り味で打てるというものだ。このアイアンに、120gを超える超極太グリップ(※通常は50g以下)を装着し、極端なハンドアップでスイングする。

 アイアンの長さをすべて同じにするには、通常は7g程度のピッチで徐々に重くなるヘッド重量を、同じ重さに揃える必要がある。ワンレングスアイアンを成立させるのは、この点が一番難しい。形状は同一で、重いヘッドは軽く、軽いヘッドは重く作らなければならない。

 今年、コブラとクラブ契約を結んだデシャンボーは、契約当初、アイアンのフィッティングに苦労していたようだが、優勝時は、コブラのアイアンとウェッジで統一されていた。「フォージド ワンレングス」と名づけられたこのアイアンは、デシャンボーの活躍如何では、市販されることもあるだろう。
1 2 3

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「伊藤園レディス」ライブフォト
今シーズンも終盤戦!「伊藤園レディス」の写真を現地からお届け!
「エリートグリップシニアOP」
初日ペアリング
「エリートグリップシニアOP」が今週開幕! 初日のペアリングはこちら
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
米男ツアー「マヤコバ ゴルフクラシック 」速報
小平智が出場する「マヤコバ ゴルフクラシック」の速報はこちら
川村昌弘が出場! 欧州男子ツアー速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「ネッドバンクゴルフチャレンジ hosted by ゲーリー・プレーヤー 」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!