チタンはFWにも有効だった!2019年チタンFW事情 | コヤマカズヒロのゴルフギア、ここが知りたい!

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

チタンはFWにも有効だった!2019年チタンFW事情

text by Kazuhiro Koyama

2019年05月10日

タイガーのマスターズ制覇にチタンFW が貢献!

 
今季、タイガー・ウッズが愛用するテーラーメイド『M5』
2019年もはや4ヶ月が過ぎ、大手メーカーから続々と発売された新モデルをバッグに入れている人も少なくない。そんな多くの新製品の中でも、特に注目したい特徴を持っているのが、テーラーメイドの『M5』フェアウェイウッド(※以下 FW)だ。

ステンレス製のFWが市場の大半を占める中、このモデルはチタン製。同社のアスリート向けモデルとしては、チタン製FWは2006年の『R7 Ti』以来になる。つまり、ここ10年以上、このカテゴリーでチタン製はなかったわけだ。

驚いたのは、クラブに厳しい目を持つことで知られるタイガー・ウッズが今シーズン早々にバッグに入れたこと。そして、マスターズでの復活優勝にも大きく貢献した。タイガーは要所要所でティショットを『M5』の3番ウッドで放ち、意図したポジションに確実にプレースメントしていた。

チタンドライバーのヘッド体積がまだ300ccを大きく下回るころは、チタンFWのラインナップは少なくなかった。チタン黎明期の名器、ブリヂストンの『PRO 230 チタン』は、すべてのウッドがチタン製。FWもドライバーと同じく、定価が11万円という非常に高価なものだった。ラウンドでの使用頻度を考えると、ドライバーと同じ額を払うのはやや躊躇するところ。そんな事情もあってか、チタンに飛びつくゴルファーは、ドライバーほどにはいなかった。
2012年に大ヒットした『RBZ』。大きな飛びが人気となった。
その時代あたりからだろうか。「FWにはチタンは必要ない」というのが、長い間の定説だった。ドライバーほどヘッドが大きくないFWの場合、チタンにする理由がなく、ステンレス製で十分だというのがその理由だ。

事実、2010年代には、大手メーカーでアスリート向けのチタン製FWはほとんど存在しなかった。市場では、テーラーメイド『RBZ』、キャロウェイX HOT』のように、ステンレス製であっても、飛距離性能を高めた“飛びスプーン”が登場した。これらのモデルは、フェースに高強度の素材を採用したり、カップフェースにするなどして、飛距離性能を高めたモデルだ。

それらのステンレス製FWと今回の『M5』を比較すると、ひと目でわかる大きな違いが、ソールに配置された約65gもの可変ウェイトだ。取り外しができるのだが、手に取るとずっしりと重みがある。比重が軽いチタンを採用したことで生まれた余剰重量をこのウェイトに配分したというわけだ。
1 2 3

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗華ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!