ボールの違いで、ドライバー飛距離が最大30ヤード以上も変わった! ブリヂストンボールフィッティング (2) | コヤマカズヒロのゴルフギア、ここが知りたい!

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

ボールの違いで、ドライバー飛距離が最大30ヤード以上も変わった! ブリヂストンボールフィッティング (2)

text by Kazuhiro Koyama/photo by Yasufumi Sakagami

2019年04月19日

ボールの違いで飛距離は大きく変わった!

 
前回の記事では、ブリヂストンのボールフィッティングイベントのうち、最初の座学と施設見学について紹介した。それが終われば、いよいよ、実際にボール試打を行い、フィッティングが始まる。

【関連記事】
ツアープロと同じ環境でテスト! 施設見学も充実のブリヂストンボールフィッティング (1)
スピンで止めるか、高さで止めるか? ボールの違いはアプローチで分かる ブリヂストンボールフィッティング (3)

ボール試打では、弾道計測器トラックマンを使って、飛距離はもちろんのこと、飛びの3要素と言われる「ボール初速」、「スピン量」、「打ち出し角」を精密に測定する。もちろん、ツアープロもフィッティングに訪れるフェアウェイが380ヤードという広大なドライビングレンジを使うので、実際に弾道を目視できるのも嬉しい。

参加者たちが最も気になるのは、やはりドライバーの飛距離だろう。どんなレベルであっても、現在の飛距離に関わらず、ほとんどのゴルファーがもっと飛ばしたいという願望を強く持っている。それは、飛ばし屋であっても変わらない、ゴルファーたちの大きな夢だ。

ところが、飛ばしたいという気持ちがあるわりに、ボールには無頓着なゴルファーが多い。クラブには関心があり、ショップや試打会などで打ち比べてみたりするが、ことボールに関しては比較する機会も少なく、どれほどの違いがあるかも、あまり認知されていない。

そこで今回取材した参加者が、ボールの違いでどのくらいの飛距離差が出たか紹介しよう。ボールはブリヂストンの『TOUR B X』、『TOUR B XS』、『TOUR B JGR』、『PHYZ』の4種類だ。

【ケース1】50代男性 Nさん ヘッドスピード39m/s

【ケース2】50代男性 Iさん ヘッドスピード42m/s


【ケース3】30代女性 Tさん ヘッドスピード33m/s


取材当日の参加者18人のうち、典型的なケースを3例あげてみた。どのゴルファーもボールだけを変えて、決して小さくない飛距離差が生まれている。他の参加者も大半が、5〜15ヤードも飛距離アップしていた。予想以上にボールの種類による飛距離差は大きいのだ。
1 2 3

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗華ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!