優勝したセッティングを変更した池田勇太 | コヤマカズヒロのゴルフギア、ここが知りたい!

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

優勝したセッティングを変更した池田勇太

text by kazuhiro koyama

2016年07月04日

優勝したセッティングを変更した池田勇太

 
今季からクラブ契約がフリーとなった池田勇太。『パナソニックオープン』で幸先良く優勝したが、その後も様々なモデルを試しているようだ。もともとクラブには強いこだわりがあることで知られる池田だけに、どんな機能をその番手に求めているか、そのクラブ選びは興味深い。

 『パナソニックオープン』で優勝したときは、5番ウッドと4番アイアンのあいだに、ミズノのアイアン型ユーティリティ『MP FLI-HI』の21度を入れていたが、『中日クラウンズ』では、Aデザインゴルフの『A GRIND CMB HYBRID IRON』を入れていた。優勝したばかりのゲンのいいセッティングを変えてしまうのは、より求めている機能に近いクラブをひきつづき模索しているためだろう。

 『A GRIND CMB HYBRID IRON』も『MP FLI-HI』と同様のアイアン型ユーティリティだ。もともとプロが使えるユーティリティとして評価の高かった前作から、より小ぶりでブレードも薄く、シャープな形状にブラッシュアップされた。ヘッド重量も少し重くなり、シャフトを短くすることが可能になった。これらの改良点はすべて、よりアイアンに近い特性になったと言える。アイアンセットと同じ流れで、それでいて3番アイアンより高弾道のボールが打てる。打点のミスにも寛容だろう。

 現在はユーティリティが、プロ、アマを問わずに完全に定着してきた。もともとはロングアイアンの代わりで登場したクラブだったが、現在はミドルアイアンの距離を打つための26〜30度くらいのロフトも豊富にラインナップされている。やさしく、ボールも上がりやすいユーティリティの恩恵を受けているゴルファーは多いだろう。プロですら、片山晋呉のように5番ウッドの下にユーティリティを4本入れて、アイアンは7番からという選手も表れているのだ。
1 2

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

アジアパシフィック女子アマチュア選手権 特集
アジア地域の最強女子アマ決定戦「アジアパシフィック女子アマチュア選手権」が今年は日本で開催!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
本間ゴルフ×ALBAスペシャルサイト
本間×ALBAオリジナルコンテンツがいっぱい詰まったスペシャルサイトを今すぐチェック!!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
イ・ボミ、香妻琴乃ら人気女子プロを続々更新中!女子プロ写真館
イ・ボミや香妻琴乃ら人気選手満載の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトを毎日更新中。
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!
プロが選んだアイテムはコレ!
プロたちが勝つために試合に選んだシューズやウエアはいったいどれ!?編集部おススメのアイテムをピックアップして紹介します!