新色、格安、曲がらない!個性が際だつ最新ゴルフボール事情 | コヤマカズヒロのゴルフギア、ここが知りたい!

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

新色、格安、曲がらない!個性が際だつ最新ゴルフボール事情

text by Kazuhiro Koyama

2019年02月22日

ついに『PRO V1』でもカラーボールが登場!

 
鮮やかなマットカラーで人気の『VIVID』
クラブと比べると、見た目が同じようなところもあり、ボールの性能の違いはわかりにくいと感じるゴルファーも多いのではないだろうか。しかし、ボールもクラブ同様に大きな進化を遂げていて、現在は様々な種類があり、選択の幅が広がっている。今回はそんな個性的なボールについて紹介してみたい。

ボールの種類の違いがわかりにくいのは、どれも白くて同じ大きさをしているからだろう。その意味では、見た目に違いがわかりやすいのが、カラーボールだ。最近ではどのメーカーもカラーのバリエーションを増やしていて、ゴルファーも抵抗なく使っている。

そんななか近年のヒット作になったのが、韓国のボールメーカー、ボルビックの『VIVID(ビビッド)』だ。マット仕上げを施した鮮やかな蛍光カラーが特徴で、芝の上で見るととにかく色が映えて目立ち、ボール探しがはかどる。こと発色の良さに関しては、他のカラーボールと比較しても一日の長があると感じる。

ディスタンス系ボールだが、スピンも多少計算できて打感もいい。色の珍しさから試しに購入し、性能が気に入ってリピートする人も少なくないという。ウレタン系カバーを採用して、よりアプローチスピン性能の高い『VIVID SOFT』やシャーベットのような色の『VIVID LITE』などバリエーションも増えている。

近年はルール不適合の高反発ボールが話題になっているが、その流行とマットカラーの人気を組み合わせたのが『LUKIA(ルキア)』だ。ルールで定められたボール初速制限をオーバーする、マットカラーの高反発ボールだ。カラーは全5色で、打感が比較的軟らかいのも特徴だ。
イエローが追加された10代目『PRO V1』
カラーボールの存在感が高まる中、ツアー系ボールの定番であるタイトリスト『PRO V1』でも、2月8日に発売されたばかりの新しいモデルから、ついにイエローがラインナップされた。キャスト・ウレタンと呼ばれている『PRO V1』のカバーは、色をつけるのが難しく、コストもかかると言われていたが、10代目となる今回のモデルではじめてカラーボールを実現した。

このイエローカラーは、すでにバッバ・ワトソンが試合で使用している。2017年にボルビックと契約し、ピンクのボールを愛用したことが話題になったワトソンだが、現在は再び『PRO V1x』を選択している。これまでホワイト一辺倒だった『PRO V1』党の中上級者も、今年からバッバのようにイエローを使う人が増えるかもしれない。
1 2 3

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「TOTOジャパンクラシック」ライブフォト
日本で開催される米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」の写真を現地からお届け!
「HEIWA・PGM Championship」ライブフォト
「HEIWA・PGM Championship」の様子を沖縄からお届けします!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!