グリーンに上がって誤球に気付いた。何打罰で、どこからプレーすればいいの?|ゴルフのポータルサイトALBA.net

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > その他編 > グリーンに上がって誤球に気付いた。何打罰

戸張捷のルール&マナー

その他編

質問グリーンに上がって誤球に気付いた。何打罰で、どこからプレーすればいいの?

同じ組のプレーヤーがティショットを曲げ、深いラフへ。そこから何度かラフで打ち続けたあと、ようやくグリーンに。ところが、マークする際に「誤球」であることに気づきました。ラフのどこかで誤球をしたようです。この場合はどのような処置に?

回答いわゆる「誤球のプレー」で2打罰。そのうえで正球を見つけ、プレーし直さなければならない

もちろんこのケースは、プレーヤーはいわゆる「誤球のプレー」をしたことになり、まずは2打罰となる(ただし、誤球をプレーした打数はノーカウント)。

そのうえで、プレーヤーは正球を見つけて、そのボールをプレーし直さなければならない(規則6-3c)。

だから、このケースでは、まずは「誤球のプレー」をしたと思われる地点まで戻り、正球を捜さなければならない。だが、その捜索時間は3分。捜し始めてから3分以内に見つけることが出来なければ、「紛失球」となる(規則18-2)。

その場合、プレーヤーは正球を最後にプレーした地点にまで戻り、さらに1打罰で打ち直さなければならない。と、ここまでがジェネラルルールの処置。つまり、プロやアマチュアの競技会で採用されているルールである。

しかし、ゴルフ場によっては、プレー時間短縮を目的に、レジャーゴルフではOB紛失球となった場合、「正球を最後にプレーした地点」まで戻らずに済む、2罰打付加のローカルルールが設けられている。

その場合の救済エリアは、各ローカルルールによって違いがあるので、それに従ってもらうことになるのだが、多くのゴルフ場で採用されていると思われるのは、

「(紛失球の場合は)ボールが止まったと推定される地点とホールを結んだ距離と等距離にあるフェアウェイの端を救済の基点とする。その基点から2クラブレングスで、基点よりホールに近づかないエリアを救済エリアとする」といった規定である。

つまり、ボールが紛失したと思われる地点と(ホールを結んだ距離と)等距離にあるフェアウェイの端から2クラブレングス以内のフェアウェイドロップできるという救済である。

『ALBA 803号(2020年8月27日発売号)』より

写真/Getty Images 出典/JGAゴルフ規則

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA Movies

おすすめコンテンツ

国内女子ツアー撮れたてフォト
どこよりも早く! 女子プロの笑顔はライブフォトでチェック!
女子ステップLIVEPHOTO実施中!
女子ステップも現地から写真を直送。レギュラーを目指す選手の戦いに注目!
ツアーパター情報局
プロの使用モデル最新情報や新製品スクープに売上ランキングまで、パターに関するNEWSは全てここに集約!
教えて!女子プロ先生
渋野日向子、有村智恵、香妻琴乃ら人気女子プロが、伸び悩むゴルファーのためにワンポイントレッスン
あの感動がよみがえる!名勝負ものがたり
過去に繰り広げられた名勝負を再現。ALBA.Netにしかない秘蔵写真も満載!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
写真好きの方に朗報! トーナメント写真から女子プロの秘蔵フォトまで集めました。  
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!