ストロークしようとしたボールの上に虫が止まった|ゴルフのポータルサイトALBA.net

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > その他編 > ストロークしようとしたボールの上に虫が止

戸張捷のルール&マナー

その他編

質問ストロークしようとしたボールの上に虫が止まった

ボールを打とうとした瞬間。それまで周りを飛んでいた虫がボールの上に止まり、いくら手で払っても動きませんでした。そこで、直接指先でそっと弾いて飛ばしたのですが、ルール上の問題は?

また、このときに誤ってボールを動かした場合は?

回答虫はルースインペディメントなので、ハザード内も含め無罰で取り除くことができる

これと同じようなトラブルが2016年の米ツアー競技「フランクリン・テンプルトン・シュートアウト」(非フェデックスカップポイント競技、チーム戦)であった。マット・クーチャーとハリス・イングリッシュ組のフェアウェイ上のボールにハチが止まり、いくら飛び立たそうとしても動かず、競技委員を呼ぶことになったのだ。

当時も、現在のルールと同じく、虫は「ルースインペディメント」にあたり、プレーヤーは無罰で取り除くことができた(ただし、当時のルールではハザード内のルースインペディメントは動かせなかった)。

しかし、その際に誤ってボールを動かした場合は1罰打で、リプレースをしなければならない(リプレースを怠れば、2罰打に)。

そのために、彼らは競技委員を呼び、ルールを確認。そして、その指示に従って、ティの先で慎重にハチをつつき、なんとか無事に飛び立たせたのだ。

このルールは基本的に現在も同じで、ルースインペディメントの取り除きについては、ハザード内にあるボールも含め、「どこででもプレーヤーは罰なしにルースインペディメントを取り除くことができ、その方法は問わない(例えば、手、足、クラブ、その他の用具を使用する)」(規則 15 −1a)となっているので、このケースのように指で弾き飛ばすこともできる。

そして、その際に誤ってボールを動かした場合も、旧ルールと同様、「その動かした球がパッティンググリーン、またはティーイングエリア以外の場所に止まっていた場合、そのプレーヤーは1罰打を受ける」(規則15−1b)となっている。

なお、「ルースインペディメント」の定義により、ボールに貼り付いている虫の死骸はルースインペディメントではなく、取り除くことはできない。

『ALBA 796号(2020年5月14日発売号)』より

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
プロの動画集めました【#stayhome動画集】
渋野に小祝も……、こんなときだからこそプロのステイホーム動画で元気を出しましょう!
棚橋弘至選手に聞いた男子ツアー人気回復策!
自称ALBA.Net美人記者が、新日本プロレスの棚橋弘至選手に男子ツアー人気回復策を直撃!
【レッスンコミック】宮里道場を期間限定で公開中!
ステイホーム中はレッスンコミックでうまくなりましょう。期間限定で宮里道場を公開中!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
鈴木愛、新垣比菜がアニメーションになった!
デサントと契約する鈴木愛と新垣比菜がアニメーションに。その映像を見てみよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
ゴルフクラブメンテナンスは家庭用品でできる!
なかなかラウンドに行けない人は、今こそゴルフクラブをメンテナンスしてみましょう。 Dr.カタオカが丁寧に解説します。