ダフってめくれ上がった芝の一部がボールにかかってしまった|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > ダフってめくれ上がった芝の一部がボールに

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問ダフってめくれ上がった芝の一部がボールにかかってしまった

フェアウェイ上でボールの手前を思い切りダフってしまいました。それでめくれ上がった芝の一部がボールにかかってしまいました。芝は完全にはちぎれていません。この邪魔な芝を取り除くことはできるのでしょうか?

回答この場合の芝はルースインペディメントではないので動かせない

この場合の“めくれ上がった芝"がルースインペディメントであれば、ボールを動かすことのない限り、無罰で取り除くことができる。しかし、根が完全に切り取られず、一部でも地面とつながっている芝は、規則上は地面の一 部でルースインペディメントではない。だから、この芝はボールのライであり、ストロークの前に取り除いたり、平らにならすことはできない。にもかかわらず動かした場合は、「プレーヤーは自分の球の位置やライを、地面を盛り上げたり、地面の凹凸を直すことによって、自分で改善したり、改善されるのを許してはならない」とする規則13-2に違反したことになり、2打罰となる。 ただし、この場合と同じような状況でも、同伴プレーヤーのストロークによってめくれ上がった芝がすぐそばにあった自分のボールのライを変えたり、スイングの区域の邪魔になるという場合は、プレーヤーは「公正の理念」によって、元のライからストロークする権利があるので、その芝を取り除いたり、前の状態に戻すことができる。 こうしたケースは芝では起こりにくいが、例えば同伴プレーヤーのバンカーショットで飛ばされた砂(グリーン以外では、砂はルースインペディメントではない)が自分のボールの上にかかったというようなケースが考えられる。 地面とつながった状態の芝は、ルースインペディメントとは呼べない。よって、この場合はそのままの状態で打たなければならない。

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山・石川らが出場 「WGC-メキシコ選手権」速報
松山英樹、石川遼らが出場する「WGC-メキシコ選手権」の速報はこちら
小平が出場する「プエルトリコ・オープン」リーダーボード
小平が出場する「プエルトリコ・オープン」のリーダーボードはこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!