帽子にかけていたサングラスが落ち、ボールを動かしてしまった……|ゴルフのポータルサイトALBA.net

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > パッティンググリーン編 > 帽子にかけていたサングラスが落ち、ボール

戸張捷のルール&マナー

パッティンググリーン編

質問帽子にかけていたサングラスが落ち、ボールを動かしてしまった……

パッティンググリーン上でのこと。アドレスに入ってパターテークバックしたところで、キャップにかけていたサングラスが誤って落下。ボールに当たり、ボールはわずかに動いてしまいました。この場合のペナルティと、動いたボールはどうするのかを教えてください。

新ルールからはグリーン上にかぎり無罰になるので要注意

回答旧ルールでは1罰打であったが、新ルールではグリーン上に限り無罰となり、 ボールはリプレースしなけ ればならない

今回のケース、旧ルールでは1罰打で、ボールはリプレースだったが、新ルールでは無罰で、動いたボールについては以前と同様、リプレースしなければならない。

「プレーヤー、相手、またはストロークプレーの別のプレーヤーがそのプレーヤーのパッティンググリーン上の球やボールマーカーを偶然に動かした場合、罰はない」(規則 13 −1d (1))

そのうえでプレーヤーは、「球を元の箇所にリプレース」、または「球が元あった箇所をマークするためにボールマーカーを置かなければならない」と規定されており、動かしてしまったボールは、直接リプレースするか、元の位置に一度ボールマーカーを置いて、次のストロークを行わねばならない。

だが誤って、ボールが動いた先からストロークした場合、いわゆる「誤所からのプレー」となり、2罰打となる。

このようにプレーヤーが偶然にボールを動かしても無罰なのは、グリーン上だけ。それ以外では旧ルールと変わらず、1罰打のリプレースとなる。

また、グリーン上でプレーヤーによってではなく、風や傾斜など自然の力でボールが動いた場合、やはり無罰だが、その後の処理はボールを一度拾い上げ、リプレースされたものか、あるいはまだ拾い上げられていないかで異なる(規則 13 − 1d (2))。

既に拾い上げてからリプレースされたボールは、プレーヤーが偶然に動かしたケースと同じで、「その球は元の箇所にリプレースしなければならない」

一方、まだ拾い上げておらず、リプレースされていない場合はどうだろうか。「その球は新しい箇所からプレーしなければならない」となっている。つまり、グリーン外と同様の扱いとなるのだ(規則9−3)。

『ALBA 791号(2020年2月27日発売号)』より

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!