初球のセーフを確認後、暫定球を拾い上げたあと、OBにコロがり出た|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > 初球のセーフを確認後、暫定球を拾い上げた

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問初球のセーフを確認後、暫定球を拾い上げたあと、OBにコロがり出た

ティショットOB方向へ飛んだので暫定球をプレー。2打地点に行ったところ、初球はギリギリセーフ。それを確認後、暫定球を拾い上げて戻ってみたら、初球がOBゾーンへコロがり出ていました。どうすれば良いのでしょう。

回答初球セーフを確認した時点で暫定球は放棄されており、打ち直しに

プレーヤーは初球がインバウンズにあることを確認後、暫定球のところへ行って、それを拾い上げてから初球のもとへ。しかし、戻ってみたらボールは斜面を転がってOB区域に出ていたというのだ。 この場合、まずはどの行為にも違反はなく、プレーヤーは初球をあるがままでプレーしなければならない。つまり、初球はOBとして処理しなければならないのだ。 そこで問題になるのが、この後のプレーだ。例えば、先ほど拾い上げた暫定球リプレースして、インプレーのボールにできるのか? ところが、規則27―2「暫定球を放棄すべき場合」には、「初めの球が紛失していなかったりOBでなかった場合、プレーヤーは暫定球を放棄して初めの球でプレーを続けなければならない」と規定されている。だから、このケースでも、インバウンズにある初球をプレーヤーが確認した時点で、初球がインプレー暫定球は既に放棄されており、インプレーに戻すことはできない。 そして、プレーヤーは規則27―1bの規定「球がOBであった場合、プレーヤーは初めの球を最後にプレーした所のできるだけ近くで、1打の罰のもとに、球をプレーしなければならない」に従い、ここではティまで戻って、ティショットの打ち直しを第3打として行わなければならない。 せっかく時間を節約するために暫定球をプレーしたのだが、この場合は仕方がない。 球がOBであった際、プレーヤーは初めの球を最後にプレーしたできるだけ近くで1打罰でプレーしなければならない。

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」結果
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の結果はこちら
欧州男子ツアー結果
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!