探し始めて3分後、「打ち直します」と宣言したところで初球を発見。|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > 探し始めて3分後、「打ち直します」と宣言

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問探し始めて3分後、「打ち直します」と宣言したところで初球を発見。

ボールを探し始めて3分ほどのところで、同伴競技者に「ロストのようなので打ち直します」と告げて、戻りかけたときにボールを発見。ところが、その人が「打ち直すと言ったのだから、初球はロストでしょ」と言われたのですが…。

回答発見が5分以内でティショットの打ち直し前なら初球はセーフ

プレーヤーはティショットのボールを探し始めて3分時点で「ロストのようなので」と、自分ではそれ以上探すのを諦め、ティに戻りかけた。その直後に初球が見つかった。ところが、同伴競技者は「ロストと言って打ち直しの意思を示したのだから、初球は既に紛失球」と主張したというのだ。しかし、紛失球の定義では、この場合、初球が紛失球になるのは「探し始めてから5分経過する」か、「ティショットを打ち直す(初球がティショットでない場合はドロップした時点)」か、でなければ紛失球にならない。初球が依然インプレーである。 ティショットを曲げた場合、「探し始めてから5分経過」か、「ティショットを打ち直す」でなければ紛失球にはならない。自ら紛失球と宣言する・しないは関係ないのだ。

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山・石川らが出場 「WGC-メキシコ選手権」速報
松山英樹、石川遼らが出場する「WGC-メキシコ選手権」の速報はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!