打球が同伴競技者に当たったあと池へ。何らかの救済は?|ゴルフのポータルサイトALBA.net

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > ペナルティーエリア編 > 打球が同伴競技者に当たったあと池へ。何ら

戸張捷のルール&マナー

ペナルティーエリア編

質問打球が同伴競技者に当たったあと池へ。何らかの救済は?

グリーン手前に小さな池があるホールでのこと。池の手前からの ショートアプローチシャンク。ボールは、池の右サイドに立っていた 同伴プレーヤーに当たったあと、池に落ちてしまいました。このような場合、ルール上、何らかの救済はあるのでしょうか? それとも救済はなく、ペナルティーエリアからのドロップになるのでしょうか?

”あるがままのプレー”が正しい処置。ただしグリーン上ではノーカウントとなる。

回答ストロークした球が偶然に人に当たっても、誰にも罰はなく、球はあるがままプレー

質問によれば、シャンクしたボールが池の向こうで待っていた、同じ組で回るプレーヤーに当たってしまったのだが、もし当たらなければ、ボールは池に落ちることはなく、奥のラフに止まったはず。

だから、「その一打はノーカウントで打ち直し」といった救済はないのか? というのである。

しかし、残念ながら、このケースにはそうした救済はない。

規則 11− 1「動いている球が偶然に人や外的影響に当たる」の 11 −1aで、「プレーヤーの球が偶然に人や外的影響に当たった場合:どのプレーヤーにも罰はない。このことは、球がプレーヤー、相手、他のプレーヤー、またはそのキャディーや用具に当たった場合でも同じである」と規定されている。続く 11 − 1b で、「動いているプレーヤーの球が人や外的影響に偶然に当たった場合、球はあるがままにプレーしなければならない」となっているからだ。

なので、このケースでは、プレーヤーは池に落ちたボールをそのままプレーするか、1打の付加でペナルティーエリアからの救済を受けるしかない。

新ルールでは、ストロークした球がプレーヤー自身に当たっても無罰で、球はあるがままとなったが、それもこの規則による規定だ。

ただし、同様に動いているボールが人に当たった場合でも、グリーン上からプレーされた球が人に当たった場合は別(規則 11 −1b 例外2で規定)。

パッティンググリーンからプレーされた球が偶然にパッティンググリーン上の人、動物、動かせる障害物(動いている別の球を含む)に当たった場合:そのストロークはカウントせず、元の箇所に元の球か別の球をリプレースしなければならない」と規定されている。

つまり、そのストローク(通常はパッティング)はノーカウントで、元の箇所からプレーをし直さなければならないのだ。

にもかかわらず、そのままボールが止まった位置からプレーを続けた場合は、いわゆる「誤所からのプレー」となり、一般の罰=2罰打が課せられる。

『ALBA 786号(2019年12月12日発売号)』より

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!