暫定球でプレーしたあと、その前方で1打目のボールが見つかった|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > 暫定球でプレーしたあと、その前方で1打目

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問暫定球でプレーしたあと、その前方で1打目のボールが見つかった

ブラインドホールで1打目がOB方向へ。そこで暫定球を打ちました。前に行くと、やはり1打目は見つからず、暫定球をプレー。ところが、その直後に、さらに前方から1打目のボールが見つかったのですが、この場合は?

回答1打目は暫定球より前方にあったので、初球をインプレーにできる

この場合は、暫定球をプレーはしても、暫定球は依然暫定球。プレーヤーは、その後に前方で見つかった1打目をインプレーとすることができる。なぜなら、規則27―2bで「プレーヤーは初めの球があると思われる場所に到達するまで暫定球でいく度もプレーできる」と規定されているからだ。このケースのように、1打目より手前にある暫定球をプレーしても、その時点で暫定球インプレーとなるなら、プレーヤーは暫定球を打たず、先にあると思われる1打目を探すことになる。それでは暫定球の本来の目的である時間節約にならないからだ。 暫定球インプレーになるのは、1打目があると思われる場所よりホールに近い暫定球を打った場合のみ。手前の場合は何回打っても構わない。

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!