サブグリーンのカラーにとまった球をそのままプレー|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > パッティンググリーン編 > サブグリーンのカラーにとまった球をそのま

戸張捷のルール&マナー

パッティンググリーン編

質問サブグリーンのカラーにとまった球をそのままプレー

アプローチショットをミス。ボールはサブグリーンカラーの上に乗ってしまいました。グリーン上ではないので、救済を受けずにそのままプレーしたところ、同じ組で回っていたプレーヤーから「スタンスグリーンにかかっていたから、救済を受けないとダメなんじゃないの?」と言われました。違反だったのでしょうか?

新ルールでは、サブグリーンにスタンスがかかる場合は救済を受ける必要がある。

回答サブグリーンにスタンスがかかる場合、救済を受けないと2罰打になる

サブグリーンは、規則上は「目的外グリーン」である。そして、「目的外グリーン」による障害が生じた場合の規定は、今回のルール改定で大きく変わっている。

まず、旧ルールでは、「球が目的外グリーン上にある場合、目的外グリーンによる障害が生じたという。プレーヤーのスタンスや意図するスイングの区域が妨げられても、それだけでは障害には当たらない」となっていた。

ただし、ローカルルールで、グリーン面にスタンスがかかる場合も「救済を受けなければならない」と規定するゴルフ場や競技もあった。そのため、案内のないコースをプレーする際には、とりわけ「目的外グリーン」からの救済に関するローカルルールはしっかりと目を通す必要があった。

さて、今回のケースだが、旧ルールではスタンスがかかるだけでは障害は生じていないのだから、そのままプレーする。つまり、プレーヤーの判断は正しかった。ところが、新ルールでは規則13−1f「目的外グリーンから救済を受けなければならない」において、「目的外グリーンによる障害の意味」とは、「球の一部が目的外グリーンに触れている場合」、または「目的外グリーンがプレーヤーの意図するスタンスや意図するスイング区域の物理的な障害となる場合」と変わった。

カラーグリーンとは見なされないため、ボールは目的外グリーンの上にはないことになるが、サブグリーンスタンスがかかる、あるいはサブグリーンエッジにあって強く打ち込むと同グリーンを傷つける恐れがあってストロークができない、というような場合も、「目的外グリーンによる障害が生じた」と判断され、救済=ドロップの処理をしなければならない。

ということなので、このケースではプレーヤーは同規則違反で、2罰打の付加となる。

なお、この障害からの救済は、元のボールの位置から完全な救済のニヤレストポイントを求め、そこを基点として、基点から1クラブレングス以内の、基点よりホールに近づかないエリアに、ドロップし、ボールを止めなければならない。

『ALBA 779号(2019年8月22日発売号)』より

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」結果
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の結果はこちら
欧州男子ツアー結果
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!