グリーン上で、リプレース後の球が風に押されて動いた|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > パッティンググリーン編 > グリーン上で、リプレース後の球が風に押さ

戸張捷のルール&マナー

パッティンググリーン編

質問グリーン上で、リプレース後の球が風に押されて動いた

グリーン上でのこと。一度ピックアップしたボールをリプレースアドレスについてテークバックを始めたところで、ボールが風に押されてちょっと動きました。新ルールでは、リプレース後のボールが動いた場合、ボールは無罰で元の位置にリプレースとあったので、パッティングを止めて、無罰でそのようにしました。ルール上の問題は?

リプレース後にボールが動いた場合は、無罰で元の場所に戻すことができる

回答すでにリプレースをした球なので、自然の力で動いた場合は元の場所へ

旧ルールでは、このようなケース、つまり風など自然の力でボールが動いた場合は、ボールはあるがままで次のストロークを行わなければならない、となっていた。

ところが、新ルールでは、規則13−1d(2)「自然の力が動かした球をリプレースする場合」で、以下のように規定されている。

まず、ここで重要なのは、そのボールが「すでに拾い上げてから元の箇所にリプレースしていたどうか」ということ。

つまり、一旦ピックアップし、リプレースしたボールなのか。それともグリーンオンしたままなのかによって、処置が変わるということ。

そして、「すでに拾い上げてからリプレースしていた球」である場合、同規則では、「自然の力が球を動かしたとしても、その球は元の箇所(分からない場合は推定しなければならない)にリプレースしなければならない」となっている。

一方、「まだ拾い上げておらず、リプレースしていない球」の場合は、「その球は新しい箇所からプレーしなければならない」と規定される。

にもかかわらず、それぞれ間違った場所からプレーしたときは、いわゆる「誤所からのプレー」となる。よって、規則14−7a「球をプレーしなければならない場所」により、プレーヤーは2打罰となる。

そこでこのケースだが、プレーヤーのグリーン上のボールは、すでにリプレースされたボールだった。そのうえで、プレーヤーがパッティングの構えに入り、バックスイングをしたあと、風に押されてボールが動いた、というのである。

なので、プレーヤーがとった処置、つまり無罰で元の場所にリプレースしたのは正しい。

なお、このケースで、バックスイングからストロークの動作に移り、途中で動きを止められずに動いたボールをパットしたという場合はどうなるか。ストロークを行ったことになるため、ボールはあるがまま、コロがった先からプレーを行わなければならない(規則9−1b)。

『ALBA 778号(2019年8月8日発売号)』より

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!