プレーの途中で、球に深い傷を発見黙って取り替えた|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > その他編 > プレーの途中で、球に深い傷を発見黙って取

戸張捷のルール&マナー

その他編

質問プレーの途中で、球に深い傷を発見黙って取り替えた

ティショットが大きくスライス。林の奥に飛んだボールは、よく見ると表面に深い傷がついていました。何か硬いモノに当たったのかも知れません。そこでボールを取り替えたのですが、たまたま近くに同伴プレーヤーの姿はなく、また進行を急いでいたので、仲間に知らせず黙って取り替えました。競技の場合、違反になりますか?

球の箇所をマークした後、同伴競技者の立会い必要なしに球を拾い上げて確認できる。

回答規定の条件と手順を踏んでいれば、同伴競技者に黙って取り替えても罰はない

まずは、このケースのようにボールの表面に深い傷がついた場合、プレーヤーはボールを取り替えることができる。

ただし、それには規則が定める条件と手順がある(規則4−2c1)。

「プレーヤーが自分の球がホールをプレーしている間に切れた、またはひびが入ったと合理的に考える場合、プレーヤーはそれを調べるために球を拾い上げることができる」

つまり、最初から傷がついていたのではなく、(このケースでは)ティショットのあとに傷が入ったと考えるのが合理的なときのみ、プレーヤーはボールの状態を確認するために拾い上げることができる。

ただし、その際には、「球の箇所を最初にマークしなければならず、球をふいてはならない」とも規定されている。

合理的な判断ではなくボールを拾い上げたり、正しくマークしなかったり、または規則に反してボールをふいた場合、プレーヤーは1打罰となる。

そして、確認の結果、ボールが「切れている、またはひびが入っていて、この損傷がプレーしているホールで起きたことが明確に分かる場合だけプレーヤーは別の球に取り替えることができる。しかし、単に引っ掻いた、擦った、ペイントが剥がれた、色あせただけの場合は取り替えることはできない」とある(規則4 −2c(2))。

また、この手順だが、旧ルールでは確認のために拾い上げる前に、プレーヤーは同伴競技者にその旨を伝え、拾い上げと確認の場に立ち会ってもらう機会を与えなければならなかった。

つまり、一人で勝手に取り替えることはできなかった。しかし、新ルールにはこの規定はない。同伴競技者の立ち合いなしに取り替えることができる。

というのも、今改訂はプレーヤーの性善説=プレーヤーは誠実にプレーを進めるという前提があるからだ。そのため、この手順に限らず、規則に基づいて救済を受ける場合、マーカーに事前に知らせたり、立ち会わせる必要はなくなった。つまり、冒頭の取り替えの条件と手順を踏んでいれば、同伴競技者に黙って取り替えても罰はない。

『ALBA 768号(2019年3月14日発売号)』より

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山・石川らが出場 「WGC-メキシコ選手権」速報
松山英樹、石川遼らが出場する「WGC-メキシコ選手権」の速報はこちら
小平が出場する「プエルトリコ・オープン」リーダーボード
小平が出場する「プエルトリコ・オープン」のリーダーボードはこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!