同伴プレーヤーのパッティングライン上の損傷も修理してしまった|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > パッティンググリーン編 > 同伴プレーヤーのパッティングライン上の損

戸張捷のルール&マナー

パッティンググリーン編

質問同伴プレーヤーのパッティングライン上の損傷も修理してしまった

ボールが乗ったグリーンに上がると、ボールマーク以外にも大きなスパイクマークが所々に残っていました。そこで、目立った損傷を直しながら、自分のボールのところまで進んだのですが、途中、同伴プレーヤーのパッティングラインにかかりそうな損傷も直してしまいました。ルール上、問題はなかったのでしょうか?

違反にはならないが、注意が必要な行為なのでなるべく避けたほうが良い。

回答規則上は違反にはなっていないがマナー上はなるべく控えたい

このケースににあるように、新ルールにより、グリーン上の損傷は旧ルールで認められていたボールマークと古いホールの埋め跡の他、新たにスパイクマークもならすことができるようになった。

その規則13−1cにはこうある。「球がパッティンググリーン上にあるかどうかにかかわらず、プレーヤーはパッティンググリーン上で次の2つの行動をとることができる」として、「砂やバラバラの土を取り除くこと」と「損傷の修理」を規定。

そして、この後者において「合理的な手法」で、かつ「不当に時間をかけずに直すこと」ができるとして、「ボールマーク」や「古いホールの埋め跡」の他に、「スパイクマーク」や「用具・旗竿でできた傷」、「張芝の継ぎ目」、「動物の足跡」などが列挙され、そうした損傷の修理は認められるようになった。

そこでこのケースだが、プレーヤーは損傷を修理する際に、同伴プレーヤーのパッティングライン上にも触れ、損傷を直したというのだ。

しかし、この規則には修理ができる場所の制限はなく、グリーン上のどこでも直して良いことになっている。

さらに、規則8-3は「他のプレーヤーの止まっている球やその他のプレーヤーが行うストロークに影響を及ぼす物理的状態を変えるプレーヤーの故意の行動」を規制するルールで、基本的に他のプレーヤーのパッティングラインに物理的な変化を与えることは禁止されている。

だがここでも、グリーン上の損傷を修理する場合は除くとなっており、ペナルティの対象から除外されている。ということで、このケースは、規則上は無罰となる。

しかし、たとえ親切心からの行動であっても、マナー上は、他のプレーヤーのラインに触れることはなるべく控えたい。

なお、グリーン面の不整地は直せるといっても、例えば芝の不均等な成長でできた凸凹など、自然の作用による不整地はならせないとなっているので、その点はじゅうぶん注意が必要である。

『ALBA 767号(2019年2月28日発売号)』より

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!