無罰の救済の際に初球よりも“ 飛ぶ”球に取り替えた|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > ジェネラルエリア編 > 無罰の救済の際に初球よりも“ 飛ぶ”球に

戸張捷のルール&マナー

ジェネラルエリア編

質問無罰の救済の際に初球よりも“ 飛ぶ”球に取り替えた

ティショットを大きく引っかけ、ボールはフェアウェイ左のカート道路に止まりました。そこで、「動かせない障害物」からの救済のドロップをしたのですが、その際、新ルールでは救済を受けるときはボールを取り替えることができるとあったので、初球より飛距離の出るディスタンス系のボールに取り替えました。規則上、問題は?

新ルールから、罰あり・なしに関係なく、ボールの取り替えが可能に。

回答罰あり・罰なしに関係なく、救済の際には別の球に取り替えられる

まず、新ルールでも「障害物」の定義は基本的に変わっていない。カート道路は「動かせない障害物」であり、それがプレーの妨げになった場合は無罰の救済を受けられる。

ただし、その救済を定めたルールは――旧ルールでは「障害物」という個別の規則があったが――「異常なコース状態」の中に含まれ、規則16「異常なコース状態(動かせない障害物を含む)、危険な動物の状態、地面にくい込んだ球からの救済」で規定されている。

その救済処置だが、規則16−1bにあるように、まず旧ルールと同様、コース上に救済のニヤレストポイントを決める。

次に、そのポイントを「基点」として、「救済エリア」を求める。

そのエリアとは、「基点」から1クラブレングス(常識的には使用するドライバーの全長距離)内で、ジェネラルエリア上の、基点よりもホールに近づかない、そしてすべての異常なコース状態の障害を避けられる区域である。

それから、プレーヤーはそのエリア内にドロップを行い、ドロップされたボールがそのエリア内に止まれば、インプレーとなる。

今回の問題はこのあと。

新ルールの規則14−3「救済エリアに球をドロップすること」に、「この規則 はプレーヤーが規則に基づいて救済を受けるときに球をドロップしなければ ならないときは常に適用する」とある。

つまり救済エリアにドロップする際には、「プレーヤーは元の球か別の球を使うことができる」(規則14−3a)とある。

この規定は「救済エリアに球をドロップする」規則に基づいてプレーヤーがボールをドロップしたり、プレースする際には、どんなボールを使用してもよいことを意味している。

ということなので、質問のケースも、(ボールが適合球である限り)別の“飛 ぶ”ボールでドロップを行ってもルール上の問題ない。

もちろん、「ワンボールルール」(ラウンド中を通して、プレーヤーがストロークを行うボールは一種類でなければならない)が採用される競技では、違反である。

『ALBA 766号(2019年2月14日発売号)』より

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!