2019年からの新ルールはここが変わった!〜コース内の名称〜|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > その他編 > 2019年からの新ルールはここが変わった

戸張捷のルール&マナー

その他編

質問2019年からの新ルールはここが変わった!〜コース内の名称〜

コースは以下の5つの名称で呼ばれるエリアで成り立っていたが、一部の名称が変更となる。

・ティーグラウンド
・スルーザグリーン
バンカー
ウォーターハザード
パッティンググリーン

(写真:2019年度ゴルフ規則より)

回答【変更後】コース内の名称が変わり、5つのエリアに分類される。

定義された5つのコースエリアがある(規則2.2参照)。

ティーイングエリア(旧称:ティーグラウンド
⇒プレーヤーがプレーするホールをスタートするときにそこからプレーしなけ ればならない。

バンカー(名称変更なし)

ペナルティーエリア(旧称:ウォーターハザード
⇒コース内のすべての水域がペナルティーエリア。海、川、池、溝、排水路などで、水の有無は関係ない。その他にガケ、密生したブッシュなどもペナルティーエリアとなる場合がある。

パッティンググリーン(名称変更なし)

ジェネラルエリア(旧称:スルーザグリーン
ティーイングエリアペナルティーエリアバンカーパッティンググリーンの4つの特定エリア以外の場所で、そのエリアにあるすべての種類の地面、成長・付着している物(木、草など)を含む。

<2つのエリアの境界にボールがあったら?>
ジェネラルエリアと4つの特定エリアのいずれかとの境界にボールが止まっているときは、4つの特定エリアに球はある、とみなされる。また、ジェネラルエリア以外の4つの特定エリアのうちの二つのエリアにボールがある場合は、次の順番で最初となる特定エリアにあることになる(規則2.2c参照)。
>>ボールがそのエリアにあると判断される優先順位
ペナルティーエリアバンカーパッティンググリーンジェネラルエリア

ローカルルールで設定されるプレー禁止区域>
新しいルールでは、「プレー禁止区域」というエリアもローカルルールで設定できるようになる。ジェネラルエリア内の異常なコース状態やペナルティーエリアで設けられるもので、芝の張り替え区域の損傷防止、動植物の保護、歴史・文化財の保護などが目的である(特定の色の杭や線などで表示)。この区域にボールが止まったり、スタンススイングの障害となる場合は、必ず救済を受けなければいけない(規則2.4参照)。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!