プレーの線上のバンカー内にある暫定球を拾い上げたい|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]バンカー編 > プレーの線上のバンカー内にある暫定球を拾

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]バンカー編

質問プレーの線上のバンカー内にある暫定球を拾い上げたい

ティショットは右の林へ。ロストの可能性があったので暫定球を打ったのですが、今度は右のバンカー。行ってみると初球は木に跳ねて、暫定球が入ったバンカーの手前に出ていました。初球を打つ前に暫定球を拾いたいのですが、それはプレーの線上近くです。この場合、バンカーに入って拾い上げることはできますか?

バンカー内に入って拾い上げることは可能だが、足跡をならすと2打罰となるので要注意。

回答バンカー内に入って拾い上げることは可能 でも、足跡をならすことはできない

暫定球は、初球がインバウンズで見つかったときはもう暫定球ではなくなり、いわゆる放棄された球となる。

そのため、その球が万が一、プレーヤーのインプレーのボール(このケースでは初球)が当たっても、ペナルティはないのだが、目の前にあるのが気になったのだろう。

そこで、次のストロークを行う前に、先にバンカー内に入って暫定球を拾い上げたい、というのである。

ルール上、そのこと自体に問題はなく、先にバンカー内に入って拾い上げることができる。

ただし、R&Aの裁定に次のようなケースが記載されている。

「(同様にプレーヤーがバンカーの手前からストロークを行う前に)プレーの 線上にあるレーキを取り除くために、または、ホールまでの距離を測るため に、そのバンカー内を歩いた。球の所に戻るときに自分が作った足跡をなら し、その結果、プレーの線を改善することによって潜在的な利益を生み出し た。このように砂をならすことは許されるか」という質問に対し、R&Aは規則13−2「プレーの線の改善」の違反に当たるとして、「許されない」と裁定している。

そのためこのケースも、初球を打つ前にプレーの線上近くにある暫定球を拾い上げることはできるが、そのときにバンカー内に作った足跡をならすことはできない。もし、足跡をならした場合、2罰打が付加される。

R&Aの裁定には、これと似たシチュエーションだが、逆に砂をならすことが許されるケースが示されているので紹介しておこう。

「球を取り戻すためにバンカー内に入ることを要する場合(例えば、ドロッ プした球がバンカー内にコロがり込んだ場合)、プレーヤーはその足跡をなら すことはできないか」という質問に、「ならすことができる」と回答してい るのだ。

つまり、バンカー内に入る必要がある場合に限っては、プレーヤーが入る前の状態に戻すことができる、ということ。双方の条件の違いをしっかり覚えておこう。

『ALBA 754号(2018年8月9日発売号)』より

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!