切り取られていないディボット芝を元に戻して整地したい|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > 切り取られていないディボット芝を元に戻し

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問切り取られていないディボット芝を元に戻して整地したい

ボールはフェアウェイにあったのですが、すぐ後ろにディボット跡があり、横に完全には切り取られていないディボット( 芝のかたまり)が置かれてありました。それがバックスイングのときにちょっと気になります。その芝をディボット跡に戻して整地する、あるいはそのまま踏みつけてならすといったことはできるのでしょうか?

ディボットが完全に根から切れていなければ、改善してはならない。

回答完全に切り取られた芝でなければ、取り除いたり、整地をすることは不可

このようなことがあるので、ショットで切り取ったディボットは必ず元のディボット跡に戻し、踏みつけるなどしてきちんと整地してもらいたいものだ。

さて、このケースだが、ショットの際に、ボールのすぐ後ろにある切れ芝が気になる。だから、元のディボット跡に戻す。あるいは踏みつけて、平らにならしたい。だが、よく見ると、それは完全な切れ芝ではなく、一部根が残って、地面につながっていた、という状況である。

このような場合、R&Aは、「完全には切り取られていないディボットはルースインペディメントではない」として、それを元の場所に戻したり、取り除くことはライや意図するスイングの区域の改善となるので、違反になると裁定している。

つまり、その状態がオリジナルのライなので、それを改善することは規則13−2違反で、2罰打が付加されるということ。

ちなみに、ボールのすぐ後ろにディボット跡に戻されたディボットがある場合も、それが凸凹しているからといって、平らにならすことはできない。

同じく規則13−2に、「土やバラバラの土、元に戻してあるディボット、切り張りした芝を取り除いたり押し付けること」は禁止すると規定されているからだ。

なお、そのディボットが根から完全に切り取られているのか、まだ地面とつながっているのか、よく分からないという場合はどうすればいいのか?

R&Aは、「その物が根なしのものであるかどうか、確かめるという目的のために自然物を動かすことができる」として、ディボットに触れて確認することを認めている。

確認した上で、そのディボットが完全に根から切れていれば、もちろんルースインペディメントなので、取り除くことは可能。

しかし、一部でも地面につながっておれば、ストロークを行う前に元の位置に戻さなければならない。にもかかわらず、根から切り取ったり、元の位置に戻すことを怠った場合は、やはり13−2違反で2罰打の付加となる。

『ALBA 744号(2018年3月8日発売号)』より

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」結果
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の結果はこちら
欧州男子ツアー結果
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!