球を探し始めてから5 分以内に見つけたが、同伴競技者の球と誤認|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > 球を探し始めてから5 分以内に見つけたが

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問球を探し始めてから5 分以内に見つけたが、同伴競技者の球と誤認

林の中、近くに飛んだ同伴競技者と球探し。最初に見つけたボールは彼のものと勘違いし、球探しを続行。そろそろ5分かというところで、暫定球のところへ行き、打つ用意をしていたら、林の中から「これ、僕のじゃない」との声。そのとき、5 分は経過していましたが、最初に見つけたのは5分以内。それでも紛失球ですか?

5分以内に球を見つけなければ、その後に見つけても紛失球扱いとなる。

回答5分以内に自分の球と確認できたのに、それができなかったので「紛失球」

まず、このケースでプレーヤーのボールが紛失球になるのは、「プレーヤーや(そのキャディ)が球を探し始めてから5分以内に、球が見つからないか、またはプレーヤーが自分の球であると確認できないとき」である。

では、プレーヤーが探し始めてから5分以内に、自分のボールを見つけていたのだが、それを同伴競技者のものと勘違い。最終的に、5分以上経ってから、先ほど見つけたボールが自分のものだったと判明した場合はどうなるのか?

このようなケースをR&Aは、「一旦球を発見すれば、プレーヤーにはその球が自分の球であるかどうかを確認する機会を持つことになる。このケースでは、球探しのための5分間以内に、その球を自分の球と確認できる機会が充分あったのにその機会を生かすことができなかった。したがって、その球は定義により紛失球となる」と裁定している。

つまり、球を発見したのが5分以内であったとしても、その場で確認できず、時間が過ぎてから自分のボールであったと判明しても、「紛失球」として扱われるのだ。

ちなみにR&A の裁定には、これと似たケースでも、「球を探し始めてから5分が経過した後でも紛失球にならない」事例が示されている。

プレーヤーは4分間ほど探したが球を見つけることができず、別の球をプレーするためにフェアウェイを戻っていた。その途中で同伴競技者がボールを発見してくれたのだが、そのときすでにプレーヤーはかなり離れたところにいたため、移動時間を考えると、球探しを始めてから5分以内に自分のボールであると確認することができない、というケースだ。

これに対し、R&A は「球探しを始めてから5分以内に球は見つかっているので、その球が自分の球か確認するために、球が見つかった場所に行くために必要な十分な時間がプレーヤーに許される」として、確認の結果、プレーヤーのものと分かれば、5分経過しても「紛失球」にならないと裁定している。

『ALBA 729号(2017年7月27日発売号)』より

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!