目障りで気になるという理由で拾い上げを要求された|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > 目障りで気になるという理由で拾い上げを要

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問目障りで気になるという理由で拾い上げを要求された

一緒に回っていた仲間と自分のボールがグリーン周りのカラーで、50センチほど離れて並んで止まっていました。そこで、先に打つ彼が「目の前にあると目障りで気になるから、拾い上げて」と要求したのです。ルール上、認められるのでしょうか?

グリーンでないとボールを拭くことができないので、拾い上げる場合は指でつまむように持とう

回答プレーヤーが妨げになると感じたら、拾い上げを要求できる

同伴プレーヤーのボールが隣接して止まった場合、先にストロークするプレーヤーは「プレーの妨げになる」として、他方に対し、拾い上げを求めることができる(規則22―2)。

このケースのように50センチも離れ、物理的には「プレーの妨げになる」とは思われない場合はどうだろう。まず、同規則では「他の球が自分のプレーの妨げになるかもしれないと考えた場合、プレーヤーはその球を拾い上げてもらうことができる」と規定している。

つまり、拾い上げを要求できる条件は、「妨げになるかもしれないと考えた」場合であり、物理的な妨げに限らない。このケースのように、プレーヤーが精神的に妨げ―つまり「ちょっと気になる」とか「目障り」と考えたのなら、拾い上げを求めてかまわない。その場合、要求をされたプレーヤーは拾い上げずに、先にストロークすることもできる。

R&Aの裁定では、「グリーンの30ヤード手前からのアプローチの際、プレーのライン上、グリーンエッジにある―つまり30ヤードほども先にあるボールに対しても、プレーの妨げになるという理由で拾い上げを要求できる」としている。つまり、プレーヤーの主観で「プレーの妨げになる」と思ったなら、拾い上げを求めてかまわないのだ。

なお、この規則によって拾い上げられた(グリーン外の)ボールは拭くことはできない。つまみ上げたまま、他のものに触れないよう留意。

『ALBA 723号(2017年4月27日発売号)』より

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!