地中に半分埋まって確認できない球に触れて回して確認|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > 地中に半分埋まって確認できない球に触れて

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問地中に半分埋まって確認できない球に触れて回して確認

ティショットのボールはセミラフに落下し、目印のマークの部分が見えない状態で少し埋まっていました。そのままでは確認できないので、同伴プレーヤーに断ったうえで、ボールに触れて、少し回して確認しました。正しくはどうすべきだったのでしょう。

コース上のどこでもボールを確認する権利があるが、正しい手順を守る必要がある。

回答球の確認のために、触れることはできるが、規定の手順がある

これがセミラフ(ファーストカッ ト)ではなく、フェアウェイであれば、いわゆるエンベデッドボール(自ら作ったピッチマークに埋まったボール)で、無罰で救済のドロップができる。

しかし、セミラフの区域はその救済の対象ではないので、ボールはあるがままプレーしなければならない。

ところが、少し地中に埋まっていたため、自分のボールなのか確認できない。

ルール上、プレーヤーはコース上のどこでも自分のボールを確認することが認められている。この場合も、規則12―2「球の確認のための拾い上げ」により、それが認められているのだが、その方法は、

「プレーヤーは、球を拾い上げる前に、ストロークプレーではマーカー同伴競技者に球を確かめる意思を前もって知らせ、その球の位置をマークしなければならない。その後プレーヤーは、マーカー同伴競技者に球の拾い上げとリプレースに立ち会う機会を与えれば、球を拾い上げて自分の球であるかどうかを確かめることができる。

球を拾い上げる場合は、球の確認に必要な程度以上に球をふいてはならない」となっている。

そこでこのケースだが、同伴プレーヤーに通知しているので、あとはボールに触れる前にマークし、かつ確認に必要な程度以上にボールをふいていなければ、違反はなく無罰。

しかし、ひとつでも前記の手順をおこたっていれば、1罰打の付加となる。

『ALBA 722号(2017年4月13日発売号)』より

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!