同伴プレーヤーの使用クラブの番手を共用キャディに尋ねた|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > 同伴プレーヤーの使用クラブの番手を共用キ

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問同伴プレーヤーの使用クラブの番手を共用キャディに尋ねた

パー3のホール。風が強く、使用クラブに迷っていたところ、先にショットした仲間がナイスオン。本人に聞くわけにはいかないので、代わりにキャディさん(共用)に尋ねたところ、そっと教えてくれました。ルール上、問題は?

プレーヤーはキャディが知っている全ての情報を聞くことができる。共有なら同伴者クラブを聞くことも可能。

回答たとえ共用でもキャディが知る情報は聞き出せる

ゴルフの基本は、「プレーのすべてをプレーヤーの責任で進行する」ということ。

だから、「アドバイス」の規則により、プレーヤーは、「自分のパートナーを除き、そのコース上でその競技に参加している人にアドバイスを与えること」、並びに「自分のキャディパートナーとそのキャディ以外の人にアドバイスを求めること」がそれぞれ禁止されており、違反した場合は2打のペナルティが科せられる。

そこで、このケースだが、プレーヤーは共用のキャディに、先に打った同伴者の番手を聞いたという。

これでは後に打つプレーヤーが不当に有利と思われるが、「共用」とはいえ、キャディキャディであり、規則上、プレーヤーにアドバイスできる立場にある。

そのため、R&Aは「(同伴プレーヤーの使用クラブを)尋ねることができる。プレーヤーはキャディに対し、そのキャディが知っているあらゆる情報を求めることができる」として「無罰」の裁定を下している。

また、このケースで、キャディに尋ねることなく、先に打った同伴プレーヤーの使用クラブを知る目的で、そのキャディバッグをのぞき見ることも違反ではない。プレーヤーが、単に見ることによって情報を得ることは禁止できないからだ。

『ALBA 720号(2017年3月9日発売号)』より

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!