プレーの線と平行に地面に置いたクラブをアドレス前に取り除く|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > プレーの線と平行に地面に置いたクラブをア

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問プレーの線と平行に地面に置いたクラブをアドレス前に取り除く

同伴プレーヤーのひとりが、アドレスの向きに悩んでいたようで、いろいろと工夫。最終的にはスタンスをとる前に目標方向に合わせ、使わないクラブをセット。アドレスする前に拾い上げて打っていました。ルール違反にならないのでしょうか。

練習で目標ラインに棒を置く選手は多い。ショット前に取り除けば良いが跡が残ると2罰打の可能性

回答ストローク前に取り除かれているのでノーペナルティ

スタンスの向きは、ゴルフの基本のひとつ。どんなに素晴らしいスイングができても、正しい方向にスタンスできていなければ、結果は伴わない。

そこでこのケースだが、プレーヤーはその向きが正しいのか迷い、ついには使わないクラブを足元に、目標方向に合わせて置き、スタンスをとったあと、アドレスする前に取り除きストロークしたというのだ。

このような場合、ルールでは、「(グリーン以外では)プレーヤーがプレーの線を示す目的で置いたり、プレーヤーも承知の上で置かれたマークは、ストロークする前に取り除かなければならない」と規定されている(これに反した場合は、2罰打の付加)。

R&Aの裁定も、「ストロークする前にそのクラブを取り除けば、そういうスタンスの作り方は認められる」としており、無罰。

ただし、ストローク前にクラブを取り除いたとしても、芝にクラブの跡が残ったというような場合、依然目印があるので同違反になりうる。

一方、プレーの線上に、もともとあった自然物を目印にしてアドレスをとったり、クラブを振り抜く方向を定めた場合は違反にはならない。

『ALBA 720号(2017年3月9日発売号)』より

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」結果
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の結果はこちら
欧州男子ツアー結果
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!